『シャングリラの伝説』は現在更新を停止しております

 
 
gravity master

gravity

Author:gravity
自分の将来を考えて旅立っていく者。将来を探すために旅立っていく者。自分は何者かを探すために旅立っていく者。所詮人生は生まれてから死ぬまでの旅である。長くひと所にとどまることもあれば、一元で次の目的地を目指す者もいる。出会いがあるから別れがある。別れることに感傷的になってはいけない。良くても悪くても次の未来に向かって進むのだ。
繰り返すが人生は旅である。3泊4日の添乗員付きパック旅行で安心して観光名所だけを見て回る。こんな旅なんてつまらない。俺が今までの旅で記憶に残っているものは、空港へ向かう途中のタイヤのパンク、飛び立つ寸前の飛行機への乗車、飛び立った飛行機の急降下着陸、現地での係員の失踪、タイではライフルを向けられ、フィリピンではナイフを突きつけられ、インドネシアでは拳銃で脅された思い出。ニューヨークでは窃盗にあって警察の厄介になったり、パリでヤクザに絡まれたり。そんな事ばかりを思い出す。
人生とともにいつか終わりが来る旅。波乱万丈もまた楽しい。俺はずっとここで待ってるから。疲れたらここへ来て、少し休んでまた行くといい。

前略 東京・大岡山にて、ドッグカフェバー&ギャラリーなるものをはじめてやんちゃしています。場所は公表しておりません。営業時間は「いきなり開店-なりゆき閉店/火・金曜日定休」という形態をとらせていただいております。
「gravity」ご来客数
ペット入店OK・スモーカー歓迎です。(禁煙席ありません)
Pets entering OK and a smoker welcome.
QRコード
携帯からはこちら・・・
QR
ブログ内検索はこちらから
過去の記事
下記タイトルは順不同です。マスターが同じ記事を書かないための覚書と思ってください。
月別アーカイブ
アクセスありがとう!
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08月-ブログタイトル 

2006/08月-ブログタイトル [2006/08/31]
にゃんこ THE MOVIE [2006/08/30]
bliss [2006/08/29]
もしも願いがかなうなら・・・ [2006/08/28]
パリに咲かない花 [2006/08/27]
東京聖夜 [2006/08/26]
愛が溢れる [2006/08/25]
松本秀人君との思い出 [2006/08/24]
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy [2006/08/23]
食い放題なのに感激薄っ! [2006/08/22]
10億円と150円 [2006/08/21]
HOOTERS [2006/08/20]
俺の妻 [2006/08/19]
パンタ笛吹 [2006/08/18]
インストール [2006/08/17]
残暑に届いた暑中見舞い [2006/08/16]
無駄死に [2006/08/15]
ここはアユタヤかよっ? [2006/08/14]
おだいじに・・・ [2006/08/13]
死に様よりも生き様 [2006/08/12]
夢 [2006/08/11]
天才の死 [2006/08/10]
ファットマンとリトルボーイ [2006/08/09]
ディズニーランドへ [2006/08/08]
開業セミナー [2006/08/07]
1945年8月6日 [2006/08/06]
大好物 [2006/08/05]
ハルちゃん&ルナちゃん、ご来店 [2006/08/04]
アンドリューからのお誘い [2006/08/03]
カッコイイ(E)ぜっ!ネコダディ [2006/08/02]
mixiの誘惑 [2006/08/01]
スポンサーサイト

にゃんこ THE MOVIE 

「めざましどようび」といえば小林麻央アナウンサーに萌えーの人も多いと思うが、にゃんこ THE MOVIEを昨日買って観た。ほのぼのするストーリー12編が入っている。お気に入りは「たれ耳ジャック」という名前の弱虫ネコの話。犬持ち込み禁止の島で住民より多い100匹以上の野生猫たち。島民からご飯をいただき暮らしているのだが、たれ耳ジャックはなかなかご飯にありつけない。なんか昔の俺を見てるようだ。
このDVDよくできている。ナレーションも篠原涼子だし、時間をかけて撮影しているしね。ただひとつ疑問が残る。はたしてこの編集をしている人々の内、何人が実際ネコを飼っているのだろう。ネコ好きの心にグッとこない。ハッとして!Goodがないのである。

I think that there are a lot of people of KOBAYASHI MAO loving announcer as for "MEZAMASHI DOYOUBI", too. "CAT’S THE MOVIE" was bought yesterday and seen. There are 12 heart-warming story volumes. The favorite is a story of the coward cat of the name "Jack to whom the ear hung down". 100 wild cats or more in the island of the prohibition of the dog bringing in who are more than the resident. "Jack to whom the ear hung down" cannot sponge a meal at all though meal is gotten from the native of the island and it lives. It seems to see me before.
This DVD is well-made. The narration is RYOUKO SHINOHARA. It takes a picture of time putting it. However, one doubt remains. The people how many might actually keep the cat in people who are editing this movie. It doesn't sense the excitement to favorite cat's person. Doesn't expect it the mind.

10009236957.jpg

今日の男めくり「結果ではなくプロセスを楽しむ」
Today's dandyism「It enjoys not the result but the process.」

今日の気分(Today's feelings)→INORAN

bliss 

みなさんは化粧品、何を使っているでしょう。男の方は「使わないよ」という方もたくさんいらっしゃると思います。俺も体に何か塗るのは抵抗があって、シャンプー後のコンディショナーさえ付けるのが嫌な人間なのです。ホテルジャンキーの俺としては、休日をホテルで過ごす機会が歳とともに多くなり、ある時出会ってしまったのです。時は911後のニューヨーク。祈りに行こうと決め、グランド・ゼロから近いホテルを予約しトライベッカホテルに宿泊しました。ここはビョークが住んでいるホテルで、都会のオアシスです。一階が昼はレストラン、夜はクラブになりDJが入ってニューヨーク中から若者が集まって来ます。このホテル、風呂は浸かってテレビが見れるようになっていて、ゆっくり本を読んでおりました。ところが何時間もバスタブで過ごすため、3日もすると本がなくなり、手持ち無沙汰に。そこで置いてあったアメニティーを片っ端から使ってみることに・・・。これが「bliss」との出会いでした。ホテルアメニティーだからと容赦なく使い、後から金額を知ってびっくりした記憶があります。今年の初めにワイキキのWホテルに宿泊した際も、アメニティーはbliss。心地よさを知ってしまって、今ではバスルームに欠かせない存在になってます。ちなみに今のお気に入りはボディ・バターです。

Cosmetics and what is using by everybody? The man thinks that there are a lot of "Do not use it", too. In my paint of something to the body, there is resistance, and it is unpleasant man to put up even the conditioner after it shampoos it. When increasing when the chance to spend holiday at the hotel was aged, and having existed, I of the hotel junkie had met. Time is New York after "911". It is decided that it goes to pray, and reserves a hotel near from the Ground Zero. It stayed at the Tribeca hotel. In the city, here is oasis in the hotel where Bjork lives. The first floors gather, and it becomes a club, DJ enters, and the young person gathers from the New York inside in the restaurant at night in daytime. This hotel and the bath were soaked, and the television was able to be seeing, and the book was read slowly. However, the book was lost, and it came to bore it when doing to spend it in the bathtub for a long time even on the third. Then, all put amenities decided to be used. This was meeting "bliss". Because it is a hotel amenity, it has the use and the memory of be surprised to know the amount of money later. When staying at W hotel in Waikiki at the beginning of this year, the amenity is bliss. It knows ease, and it becomes indispensable existence for the bathroom now. By the way, the favorite today is a body butter.

BLISS-SET126.jpg

今日の男めくり「行動しなければ、知らないのと同じ」
Today's dandyism「It is the same as not knowing if not acting.」

今日の気分(Today's feelings)→Matisyahu

もしも願いがかなうなら・・・ 

小さい頃、「3つだけ願いが叶うなら、何をお願いする?」という質問をされた記憶がある。当時からあまり自分のことを考えなかった俺は、世界平和・戦争がなくなること・地雷など戦争の名残がなくなることの3つを答えた気がする。
こんな願い、夢のまた夢と思っていた。しかし、41歳にして手に入れてしまった。ある物を・・・。これは、一生の中で一週間しか効き目はなく、どうしても窮地に陥ったときに助けてくれるお守りである。俺は人生何回もどん底を味わったが、その頃にこれを持っていても使ったかどうか?さて、この×××、いつ使おうか・・・。

It has the memory that the question "What do you wish if the wish is fulfilled only by three?" is done in childhood. I who did not regard myself so much at that time think that it answers three of the "The remaining influences of the war such as lost of the global peace and the war and land mines is lost".
It thought this wish and the dream to be a dream again. However, it makes to 41 years old and "Goods of the mystery" has been obtained. In this, effect is "Guard" that helps it not is, and by all means up against a wall through life only by one weekWhether did I use the life though it had had this in those days though I became a bottom many times or not? Well, this "Goods of the mystery" When shall we use it?

kitty.jpg

今日の男めくり「難しいと思うと、できない」
Today's dandyism「It cannot be done when thinking it is difficult.」

今日の気分(Today's feelings)→M-flo

パリに咲かない花 

一番好きなフランス人は誰ですか?と聞かれれば、俺は迷わずセルジュ・ゲーンズブールと答えるだろう。彼が逝った後、彼の家まで訪れたほどファンだった。なぜかモンパルナスに墓参りをするという考えはなく、直接家に行ったのを覚えている。
そんな彼の愛娘、シャルロットが久々にCDを出す。今年になって公開された「The Science of Sleep」のサントラなのか、そこらへんはよく知らないがちょこっとだけ聞かせていただいた。「5:55」結構好み!現在のシャルロット・ゲーンズブールは35歳。一時彼女の美貌は二人の子育てに追われ、昔の面影もなくどーんと老け込んだように思った。その時は母のジェーン・バーキンのようにどこに行くんでも、スッピンで!みたいな感があったが、現在のホームページに行ってみるとやはり恐ろしいほどの美貌を持っている。3年前のアメリカ映画「21グラム」での演技など、フランス国内ではどうしても父母の影響を受けてしまっていた部分が、外に出ることでやっと花開くときが来たのではないだろうか?やっぱ年取るごとに綺麗になる女性って魅力的だね。

Who is the most favorite French? I do not hesitate and it is answered if it is asked as Serge Gainsbourg. It was a fan by the visit after he had died to his house. There is no idea of going to the Montparnasse graveyard why, and I remember having gone directly to the house.
His such beloved daughter and charlotte put out CD after a long time. It was going to hear it only a little though it did not know whether the film music of "The Science of Sleep" open to the public this year well. "5:55" Excellent inclination. Present charlotte Gainsbourg is 35 years old. Bringing up a child of two people was serious, there were no traces of past, and I thought the pretty face of her at one o'clock to be aged terrible. It doesn't make it up in going like mother Jane Barkin to where at that time either. When a present homepage is visited, it has a terrible pretty face. Time when the flower finally opened by the part's where the parents' influences had been received by all means going out in France such as acting by American movie "21 grams" three years ago might have come. The woman who becomes beautiful whenever still growing old is attractive.

06t.jpg

今日の男めくり「本が高いと感じたとき、知性の限界」
Today's dandyism「Limit of intellect when feeling that book is expensive」

今日の気分(Today's feelings)→The Police

東京聖夜 

東京の東のはずれ
印刷屋の輪転機が回っている
油まみれの男が一人
今夜12時までの締切に間に合うように
ピンセットで活字を並べている
血の通わなくなった肩は重い
男は首筋に手をやり
今夜が特別な夜であったことを思い出す
男には娘が一人だけいた
生きていれば19歳
生きていればケーキを買って帰るのに
娘は油で汚れた指先が大嫌いだった
だから俺は今夜
指先だけはきれいにしよう
男は口の中でそうつぶやくと
輪転機から出てくるスーパーのチラシをそっとなでた
きよしこの夜 東京聖夜

東京の南 繁華街の傍
ひろし君が熱を出した
2年前に捨てられて まだ4歳なのに
7回も入院しているひろし君が
またまた熱を出した
きよみちゃんが泣いている
3年前に捨てられて まだ6歳なのに
背中にやけどの跡があるきよみちゃんが
ひろし君が可愛相だと泣いている
そのきよみちゃんを見て
12年前に捨てられた12歳のりゅう君がなぐさめている
りゅう君は一番年上だから
いつもみんなの面倒を見る
誰かが泣き出すと心配することないよといつも言うのだ
ちなつちゃんもよしき君もななこちゃんも
しのぶちゃんもけんじ君もはるお君も
みんな今夜を楽しみにしていた
だけど、ひろし君の熱が下がるまで
忘れたふりをしているんだ
きよしこの夜 東京聖夜

東京のど真中
男が一人 凍えた地下街で震えている
欠けた茶碗にダンボール 腐ったパジャマに新聞紙
結核に皮膚病に狭心病
男の持ち物はそれだけだ
ただひとつ 思い出を除いては
なぜこんなことになってしまったのか
男にはわからない
東京大空襲のあの夜
子供を背負った妻とともに隅田川に飛び込んだ
助かったのは男一人
焼け焦げの街とともに妻と子供は消えたのさ
戦争が終わってすぐ 男は罪を犯した
それからどれだけ鉄格子をながめていたか
男にはわからない
いったい何十年 目の前を通りすぎる雑踏をながめていたのか
男にはわからない
男は震えながら妻と子供の夢を見る
にこにこと笑う妻とその足元でじゃれついていた子供の夢だ
きっとあと少しで逢える
きっとあと少しで逢える
男は用意していたガソリンをふりかぶると
マッチで火をつけた
きよしこの夜 東京聖夜
きよしこの夜 東京聖夜

The east of Tokyo shifts.
Printer's rotary press is turning.
The type is displayed with tweezers like being in time for the deadline until 12 o'clock of tonight of one man of oil.
The shoulder that became bloodless is heavy.
A man has the hand to the neck muscle, and recalls that tonight was a special night.
A man had only one daughter.
It is 19 years old if alive.
The cake is bought if alive and it returns.
The daughter hated the tip of a finger dirty with oil. Therefore, I will clean only its the tip of a finger tonight.
When he muttered like that in the mouth, a man quietly touched the handbill of super that came out from the rotary press.
Tokyo Christmas. Holy night.

Southern of Tokyo downtown by the side.
HIROSHI ran a fever.
It was thrown away two years ago, and HIROSHI where it hospitalized it as many as seven times ran a fever again though it was four years old still.
KIYOMI cries.
It is thrown away three years ago, and six years old still.
KIYOMI that there is a mark of the burn on the back cries over HIROSHI as Poor.
The KIYOMI is seen, and RYU of 12 years old thrown away 12 years ago comforts it.
Because RYU is an eldest, everyone's trouble is always seen.
When someone begins to weep, it is always said, "Do not worry".
CHINATSU, YOSHIKI, NANAKO, SHINOBU, KENJI, and all HARUO looked forward to tonight.
However, it is pretend until the heat of HIROSHI falls forgetting.
Tokyo Christmas. Holy night.

Tokyo throat center.
It trembles in the underground shopping center where one man is benumbed.
It wraps it in the lacked teacup, and it wraps in the cardboard and rotted pajamas and newspaper is wrapped around the body.
Tuberculosis, the skin disease, the angina, and stick and bangers are only them.
Besides, memories are one.
Why have it become these kind of things?
A man doesn't understand.
It jumped into Sumida River with the wife who horsed a child on one's back on that night of the air raid on Tokyo.
It is one man that survived.
The wife and the child disappeared with the town of the scorch scorching.
The war ended and a man committed the crime soon.
After that, how much did you see the iron-barred window?
A man doesn't understand.
Had you on earth seen the bustle that passed in the presence for tens of years?
A man doesn't understand.
A man has wife and child's dreams while trembling.
It is a dream of the child who is playing in one's wife and one's feet at which it laughs with a smile.
After surely, it is possible to encounter it in least.
After surely, it is possible to encounter it in least.
When he was covered of the prepared gasoline, a man ignited it by the match.
Tokyo Christmas. Holy night.
Tokyo Christmas. Holy night.

tokyo.jpg

今日の男めくり「どんな場所でも、どんな時でも、幸せは存在する」
Today's dandyism「Happiness exists at any time in any place soever.」

今日の気分(Today's feelings)→The Clash

愛が溢れる 

『とくダネ!』に出演して話題を集めた日本のスティービーワンダー、木下航志くんの恒例夏休みツアーが始まっている。久々チキン肌のミュージシャン!
吉田美奈子の「音楽の言葉」という曲が流された後、航志くんが舞台中央のキーボードの前に座り、いきなり「アメイジング・グレイス」を歌い始める。「音楽の言葉」は、そのメッセージが航志くんの気持ちと近い、似ていることから、航志くん自身も気に入ってこれをかけてから始めるというスタイルにしたという。
最初の一言目で、その声の太さ、強さのようなものが直撃してくる。息のあったバンドメンバーとともに繰り広げられる木下ワールド。オリジナル、カヴァー、新曲などをとりまぜての2時間半。お得意のスティーヴィー・ワンダー・メドレー。このメドレーを聴いてチキン肌が立たない奴いたら出てこーいっ!どんどん凄みを増してくる。また、聴きたいと切実に思わせられる。すごいものだ。良いシンガーがよく形容される「声だけでお金が取れるシンガー」の声をしている。発音もGOOD。ホームページでのメッセージの声はかつぜつが悪いが、日本語の曲も前より発音が綺麗になって聞きやすくなったからばかりでなく、確実に歌心のようなものが増していて、オトナになった。ライブも面白く会場をドッカンドッカン笑わせていく。スティーヴィーネタはライブでご覧あれ。
綾戸智絵と並ぶライブで元気になれる日本のアーティストである。

The Stevie wonder of Japan that performs to 'TOKUDANE' and collects topics and Mr. KHOSHI KISHITA's customary summer vacation tour start. Musician with after a long time and gooseflesh.
KHOSHI sits in front of the keyboard at the stage center after the tune of Minako Yoshida "Word of music" is thrown, and it begins to sing "Amageng Grace" suddenly. It is said that "Word of music" was made a style of starting after the message is near feelings of KHOSHI, and KHOSHI also puts liking from looking like.
The one like the thickness and strength etc. of the first word and the voice hits it directly. The KISHITA world unfolded with band member of friend. For two and a half hours when the original and the cover and the new song, etc. are mixed. Stevie wonder medley of forte. Fellow not to be able to have gooseflesh by listening to this medley must come out! Terrible is increased fast. Moreover, it is made to think wanting listen keenly. It is the terrible one. It has the voice of "Singer who can earn money only in the voice" in which good Singer is often described. The pronunciation is GOOD. The voice of the message in the homepage came for the pronunciation to become beautiful ahead as for a Japanese tune and to hear it easily though was bad the pronunciation. The one like the heart for singing increased surely, and it became Adult. Live laughs at the hall being interested. Please see Steve's thing imitation live.
It is an artist in CHIE AYADO and Japan that can live become energetic that queues up.

kishita.jpg

今日の男めくり「感動させることこそ才能」
Today's dandyism「It is a talent only to make it impressed.」

今日の気分(Today's feelings)→Honeydrippers

松本秀人君との思い出 

彼の名前は松本秀人。最初に彼を見かけたのは確か高校の入学試験日。逗子開成という私立の高校で今思えば受験番号が数番しか違わなかったのだろう。ちょっとぽっちゃりのかわいい少年であった。結局俺は県立高校に合格し別々の高校に行ったのだが、その後も俺が横須賀に行ったり、松本君に上大岡に来てもらったりして、ロックグループKISSの話をしたりした。当時彼はギブソンのデラックスレスポールを持っていて、到底俺たちの金では買えず、松本君の家に行くのがとても楽しみだった。もともと地元の高校よりも、外に友達の多かった俺は、神奈川県内の悪ガキ共とつるむ事が多かったが、彼はとても大切な友達だった。
そんな彼が今日俺の寝ている枕元に立った。
「Hello!マスター、元気でやってるか?俺は元気でやってるぜ!心配すんな、俺もお前もすべてうまくいくよ!」
俺はとても嬉しかった。名前ではなく松本君は俺のことをマスターと呼んだ。今のことをわかってくれている。涙が出た。
そして、もっと嬉しかったのは、彼の姿が当時のままだったこと!赤い髪のエイリアン、X-JAPANのHIDEではなく、ちょっとぽっちゃりしたかわいい少年で、ナチュラルカラーのギブソンをちょこっと天に向かって上げていた。ありがとう秀人君。俺ももうちょっとかんばってみるよっ!!!

His name is Hideto Matsumoto. It is a day of the entrance exam of a certain high school the first appearance of him. The examinee's number might have been different if it thought in a private high school named Zushi Kaisei now only by several. It was a boy that plumping is lovely for a moment. It went to Yokosuka, Matsumoto came to Kami O-oka for me afterwards, and I told the story of rock group KISS though I passed the prefectural high school and went to a separate high school after all. At that time, being not able purchase at all by our money with Gibson's deluxe Resporl, and going to Matsumoto's house were very the enjoyments in him. He was a very important friend though both of the evil punk kid and Cot of the Kanagawa prefecture of a lot of us who were of the friend were originally more than that of the high school in local in the outside.
Such he stood in the bedside where I was sleeping today.
「Hello! Do it master, and do it do energetically? I am doing energetically. You and I succeed all no worry. 」
I was very glad. Not the name but Matsumoto called me "master". Today is understood and it exists. Tears fell.
And, his appearance was at that time in the one that was gladder. It is not HIDE of X-JAPAN of the alien of a red hair, and a lovely boy who plumps for a moment has raised Gibson of a natural color toward and the heaven. Thank you Hideto. I am already ! for a moment.

gibson.jpg

今日の男めくり「すべての答えは自分の中にある」
Today's dandyism「All answers are my inside.」

今日の気分(Today's feelings)→hide with Spread Beaver

The Hitchhiker's Guide to the Galaxy 

銀河ヒッチハイク・ガイドは、「おバカSFの歴史にさんぜんと光り輝く超弩級の大傑作」というふれこみであった。お客様にDVDをお借りして、堪能させていただいた。日本ではあまり知られていない俳優人でキャストが固められており、流し観にはちょうどいいなと思っていたところなんとマルコビッチが出てきてしまった。巻き戻し、ハイ最初から!ちゃんと調べたところ銀河ヒッチハイク・ガイドは3作の正篇に、続編2作、外伝の短篇1つを加えた計6作からなるシリーズである。現在日本語ではそのすべてが手に入るらしい。正篇 は『銀河ヒッチハイクガイド』『宇宙の果てのレストラン』『宇宙クリケット大戦争』の三部。続編 は『さようなら、いままで魚をありがとう』『ほとんど無害』の二部。外伝の短編として「若きゼイフォードの安全第一」がある。ストーリーとしては起承転結があるわけではなく、小ネタの集大成で出来上がっている。
しかしながら、哲学的な要素が強く(または、そう勘違いするように出来ている)頭のいい人が観るおバカ映画という感があるように思う。俺的には結構響いた。たぶん心のベスト50ぐらいには入っちゃうんだろうな。ちなみにジョン・マルコビッチの次に素敵なキャラクターはマーヴィンという鬱病気味の厭世的なロボットである。

"The Hitchhiker' s Guide to the Galaxy "was announcement "It is a large masterpiece of the super-arbalest class that shone bitter in the history of foolish SF". I was going to be satisfied because it borrowed DVD from the guest. An off-the-beaten-path actor was performing in Japan, and the Marcobitch was performing very much when not having thought be to just good to see lightly. Rewind, and from the beginning. Place "The Hitchhiker' s Guide to the Galaxy "neatly examined is series in a positive chapter of three works that consists of six works in total that add one short story of two sequel works and anecdote. It seems to obtain the all in Japanese now. A positive chapter is three of the "The Hitchhiker' s Guide to the Galaxy Life and ""The Restaurant at the End of the Universe"" The Universe and Everything "The sequel is two "So Long and and Thanks for All the Fish" and "Mostly Harmless". There is "Young Zaphod Plays it Safe" as a short story of anecdote. There is no Ocouketamawa Coromus as a story, and it completes by compiling small wit.
However, I think feeling of foolish movie that people with good heads on their shoulders see a philosophical element to be strong or to be able to misunderstand like that. ..interest considerably.. maybe, I enter for best about 50. By the way, a wonderful character is a pessimistic robot of the depression feeling of Marvin next to the John Marcobitch.

marvin.jpg

今日の男めくり「捨てる勇気、得る覚悟」
Today's dandyism「Courage thrown away and obtained resolution.」

今日の気分(Today's feelings)→BUMP OF CHICKEN

食い放題なのに感激薄っ! 

自由が丘のべこやへ行ってきた。お友達のお勤めするキャバクラのすぐ近くなので、超わかりやすかった。噂に聞くべこやとはいかなるものかと思って、緊張しながら中へ。タン塩・タン・豚骨付きカルビ・カルビ・ネギタン塩・ネギ塩カルビ塩カルビ・ロース・ハラミステーキ・サーロインステーキ・テジカルビ・タッカルビ・イカ焼き・レバー・ヤン・ホルモン・ハツ・ギャラ・キムチ・サラダ・ライス・スープ・アイスクリームが食べ放題。一応10人前ほど平らげてお会計、一人2625円なので充分お得なのだが、なんか感激うっすーい。腹はいっぱいなのだが物足りない。そこでスウィーツ・フォレストへ。入り口と書かれている所から入り、順路→、順路→、順路→、順路→、と抜けて出口へ。なんだよーこれじゃ地方のデパートのフードコートじゃん!!しょうがないので帰りにドーナツプラント・ニューヨークシティでシナモンバンズ買って帰りました。

It has gone to BEKOYA of Jiyuugaoka. Because it was the vicinity in the cabaret where the friend worked soon, it was terrible and comprehensible. What is BEKOYA that is the rumor thinking any one being strained to the shop? 22 kinds of roast meat are all-you-can-eat. It eats about ten plates and because it is accounting, and 2625 yen a person, is very profitable. However, it is not moved deeply. The belly is not satisfactory though it is full. Then, to a sweet forest. It goes in by the entrance, and come off and to the exit with route → and route → and route → and route →. It is the same as the food court at a local department store in this it is what. Shinamomroll was bought on one's return in the Doughnut Plant New York City and it returned because there was no other way.

d.jpg

今日の男めくり「楽しく生きている奴が最強」
Today's dandyism「The fellow who is happily alive is the strongest.」

今日の気分(Today's feelings)→Yazoo

10億円と150円 

また夜が明けてしまった。この商売は店を閉めてからも、片付け、ゴミ出し、経理、食品整理、仕込みといろいろやることがある。
俺は今年の頭まで会社の社長をやっていた。その仕事を部下に譲って、3月から現在のマスターになった。大きい仕事は一本で10億円という仕事も珍しくなかった。現在はコーヒー一杯売って150円。でも、こっちのほうが楽しいんだよね。威張り腐ってた自分が、お客様に頭を下げて「ありがとうございましたっ!」てねっ。がんばってコーヒー20杯売って、皿を一枚割ったら、その日は赤字。
でも俺は続けるよ、覚悟はできてるからね。。。みんな、本当にありがとう。

Moreover, the morning has dawned. This business might be put in order after the shop is closed, and be done to the garbage putting out and accounting, the food arrangement, and training variously.
I was doing the president of the company until the first ten days of this year. The work was transferred to the subordinate, and it became a present master in March. As for large work, work of one billion yen each was not unusual either. One cup of coffee is sold now and 150 yen. However, today is happy. Myself the current who was domineering. It bows to the customer and "Thank you. "It is sold to hold out by 20 cups of coffee, and, however, when one plate is broken, the day is a deficit.
However, I continue, and can determine it. All thank you really.

1.jpg

今日の男めくり「お前がいても、いなくても」
Today's dandyism「With or without you.」

今日の気分(Today's feelings)→U2

HOOTERS 

アメリカ合衆国が生んだ最高の人心掌握ビジネス、HOOTERSをご存知だろうか?日本で言ったらメイドカフェが近いかもしれない。HOOTERSのウェイトレスは、全員Dカップ以上のダイナマイトな女の子限定で、胸の谷間がよく見えるタンクトップにジョグパンツが制服代わり。さらにサービス精神旺盛で、気軽にお客さんに話しかけてきてくれるし、食事を運んで来てくれるときには、わざと胸の谷間を強調した姿勢になってお皿を置いたりしてくれる。
しかし、普通のファミレスなので値段も手頃だし、客層も家族連れやカップルが多く、エロ視線目当てで来ている男はあんまりいない。アンナミラーズが近いかもしれない。

さらに最近では、HOOTERS AIRを展開。いわゆる航空会社でキャビンアテンダントが全員HOOTERSガール。制服も一緒。スゴ過ぎ。なんてアメリカンなんでしょ。
そもそも、この事業を始めたのは、フロリダ田舎町の酔っ払いのオッサンたちで、そのきっかけもいつものBARでのエロ談義から。
『なぁなぁ、お前だったらどんなレストランで食事したい?』
「やっぱ俺らだったら、巨乳のウェイトレスが働いてるトコがいいな。」
こうして田舎町のオッサンたちが出資しあって、一軒のレストランを開いた。もちろんウェイトレスは町で一番のダイナマイトボディの女の子!そして噂が噂を呼び、全米で一大センセーションを巻き起こした!なんて単純!
俺が行ったのはマンハッタンだが、HOOTERSは全米で300店以上も展開。さらには、カナダや台湾にも展開中。今は中国にもあるっていう話し。でも残念ながら日本にはありません。トホホ・・・。

Will it be knowing of the highest men's minds seizure business and HOOTERS to which the United States gave birth?The housemaid cafe might be near if it says in Japan. All employees of HOOTERS are women with the dynamite body more than D cup. Jogpants is a uniform taking the place of the tank top that sees the bust well. The guest is readily talked to a vigorous service spirit in addition it. When meal is carried, it becomes posture in which the bust is on purpose emphasized.
However, because it is a usual family restaurant, the price is also handy. There might be a lot of families and couple, and Anna Miller's in Japan be near the clientele.

In addition, HOOTERS AIR is developed recently. All cabin attendants are HOOTERS girls in a so-called airline. The uniform is also the same. It is terrible. American.
To begin with, it is uncles of the drunken man of the Florida country town that started this business. The chance : from an obscene story in BAR.
'What one is a restaurant favorite of you?'
"The restaurant where the waitress with big bust is working shall not be good. "
Uncles in the country town invested thus each other, and one restaurant was opened. Of course, it is a woman with the best dynamite body in the waitress with the town. And, the rumor called the rumor, and one large sensation was created all over the U.S.. It is very simple.
HOOTERS develops all over the U.S. by 300 shops or more though it is Manhattan that I went. Furthermore, it is developing with Canada and Taiwan. It is also in China now. However, it is not to our regret in Japan. Regrettably.

mission.jpg

今日の男めくり「神に誓う、今が一番しあわせ」
Today's dandyism「It swears it to the god, now is the happiest.」

今日の気分(Today's feelings)→Def Tech

俺の妻 

お客様から妻のことをよく聞かれる。妻のプライバシーは個人情報保護法によって完璧にプロテクトされている。よって、俺はあまり話さないのだが、ひとつだけヒントを・・・。顔出しはちょっと勘弁なのだが、妻が仕事をしているときの写真がこのブログのどこかにある。どうしてもという方はブログ中のリンクを徹底的にチェキラー!

The wife is frequently asked by the guest. Wife's privacy is perfectly protected by Act for Protection of Computer Processed Personal Data held by Administrative Organs. Therefore, only one hints though I do not speak so much. There is a photograph when the wife is working somewhere of this Blog though putting in an appearance is a pardon for a moment. Saying by all means thoroughly checks the link in Blog.

tsuma.jpg

今日の男めくり「やれば、わかる」
Today's dandyism「It understands if it does.」

今日の気分(Today's feelings)→ROSSO

パンタ笛吹 

ペンキ屋からオカリナ奏者、寿司職人、ミステリーサークル研究家のアメリカ合衆国コロラド州に住む、パンタ笛吹。
 彼の本名は、牧まさお。1952年生まれ。ヒッピーとしてインドを放流した後、アメリカに渡る決心をする。その資金を作るために彼がやったのは、主婦や老人たちに高額な布団を売りつける催眠商法。アメリカでは、片っ端から独身女性に電話をかけて、『僕と結婚してください!』と迫って、まんまとグリーンカードを取得。もちろん、すぐ離婚。そして、メキシコの不法移民労働者を安く雇ってペンキ屋さんを始める。しかし、神様のお告げにより、ハワイに渡って寿司職人の修行を開始。まもなくボウルダーで寿司屋を出し大成功を収める。
 その後のパンタさん、日本に居た頃からの友人のシンセサイザー奏者、喜多郎氏が山口組三代目組長の娘と離婚して日本に居られなくなったときには、店でかくまってあげていた。そして、喜多郎氏にちょっと吹いてみればと言われて吹いたシロウトの尺八が、映画『天と地と』のサントラに使われ、ゴールデングローブ賞を受賞した。
 また、天皇皇后両陛下がボウルダーを訪れたときは、『10年握ってます』と言って、滞在中のシェフとして両陛下に寿司を握った。
恐ろしいほど順調な人生。ポジティブシンキング。今後、彼にどのような肩書きが追加されていくのだろうか。ただ一つ言えるのは、彼は数少ない日本人のアメリカンドリームの体現者ということだけだ。

Mr. Panta Fuefuki that lives from painter in ocarina player, sushi workman, and crop circle research person's American Colorado states.
His real name is Maki. The 1952nd grader is rare. After India is wandered as a hippie, the decision to go to the United States is done. It is work of the violation of the law that sells the bed in which it is high priced to the housewife and the elderly persons and applies it that he did to earn the capital. It approaches, and a green card is acquired successfully in the United States , saying that 'Please marry me' calling a single woman one after another. Of course, divorce soon. And, the illegal immigrant worker in Mexico is employed cheaply and the painter is started. It extends to Hawaii by god's reporting, and however, it does and the workman's training begins. The sushi parlor is opened in Boulder and it will conclude quite successfully soon.
When friend's from being in Panta and Japan afterwards synthesizer player and Kitaro divorced gangster's daughter and it ran away from Japan, it gave shelter to in the shop. And, it was said that it would blow to Kitaro for a moment and won the Golden Globe Award by the bamboo flute of the amateur who had blown being used for the sound track of the movie.
Moreover, when emperor and empress visited Boulder, it was said that the sushi would have been made for 10 years, and made the sushi for 2 people as a staying chef.
Life that gone is it frightens it. Positive Thinking. What title will be added by him in the future? However, it is those to be able to say one who embody it about an American dream Japanese, that he is very few.

panta.jpg

今日の男めくり「今日の空の色は何色だった?」
Today's dandyism「What color was today's sky color?」

今日の気分(Today's feelings)→The Darkness

インストール 

コンピュータにためてある映画から「インストール 」を観てみた。簡単に言うと女子高生と小学生が風俗のバイトをするという内容だ。主役は上戸彩 、小学生役に神木隆之介くんが出ている。この少年、侮れない。最近では「あいくるしい」の次男幌役や義経の牛若時代、ハウルではマルクルという弟子の魔法使いの声をやっている。1993年生まれだから撮影当時12歳。千と千尋で坊の声をやっていたのは8歳くらいということになる。天才か英才教育の賜物か?

"Install" was seen from the movie straightened to the computer. It is a content that the high school girl and the school child do the byte of customs to put it briefly. The leading part has gone out to AYA UETO and the school child post RYUNOSUKE KAMIKI. This boy cannot hold it in derision. It has apprentice's named Malcl wizard's voice in Haul in the USHIWAKA age of the second son post and YOSHITSUNE of "It is pretty" recently. It is 12 taking a picture this time years old because it is rare by the 1993rd grader. Having had the voice of BOU with SEN&CHIHIRO becomes at about the age of eight. Is it a result of the genius or special education for the gifted?

main.jpg

今日の男めくり「本当に大切なもの意外、すべて捨ててしまえ」
Today's dandyism「Throw away all really important unexpected things.」

今日の気分(Today's feelings)→Black Stones

残暑に届いた暑中見舞い 

もうそろそろ8月も中ば、そろそろ残暑見舞いの時期だなぁと思っていたところに最後にやってきた暑中見舞い。アメリカのシカゴからだ。差出人の名を見た瞬間、俺のまわりの時間が止まった。画材と絵具の匂いがよみがえる。数十年前のある時期、彼と俺は、当時売れていた同じ画家を師と仰ぎ、同じ夢をみて過ごした。彼の夢は実現し、現在シカゴで職業画家としての生活の場を得ている。俺は夢を捨て、現在は会社経営という、芸術とはもっとも遠いところに居る。それでも年一回は個展を開いているのだが、彼から見ると遠吠えのように見えるかもしれない。忘れもしない。同じ素材を競って描いた後で、彼の作品を覗き見た時の衝撃を。そこには、俺の作品には決してあらわれることの無い、あふれるばかりの「才能」の息吹があった。一度でも芸術の世界で生きてみたいと願ったことのある人間ならばだれでも知っている。芸術の世界ほど残酷なものは無い。そこは「才能」と「才能」がぶつかり合い、さらなる高みへと昇華し続ける世界。「才能無き者」の血の滲む様な10年の努力は、「天性の才能」の一瞬の閃きの前にすら、為すすべも無く砕かれる。「才能無き者」には2つの道しか無い。その世界の周辺で寄生虫の様に生きていくか、ただ黙って去り行くのみである。俺は寄生虫の道を選び具象を捨て抽象画家となった。
俺は「絵画」と「音楽」を生涯の趣味として生きている(趣味と呼ぶにはあまりにもこのふたつを愛し過ぎているかもしれないが)。モジリアーニの「暖かさ」の中にある「底なしの寂しさ」や、シャガールの「輝き」の中にある「驚くほどの潔さ」に、心が揺さぶられなくなった時、ミックジャガーやプリンスの歌声に心が揺さぶられなくなった時、俺はこの世に生きる未練が無いと断言できる。昔、そのいずれかで生計を立てることが出来たならばと願い、自らの中にほんの僅かな才能のカケラでもあればと祈った。しかし、今にして思えば、好きであること、愛していることと、その分野の才能に恵まれていることとは全く別であるという非情な現実を自分自身に納得させるのに時間を使っていただけだったのかもしれない。己が才能の無さを思い知らされ、結果として全く別の世界で歩み始め、遠いところに来たことを、今は心穏やかに認めることが出来る様になった。事業経営は「努力」と「運」が成功への道だろう。俺は人の何倍も「努力」をしてきたと自負している。そして幸せな事に「運」や「出会い」にも恵まれて、金銭的な富の創造や蓄積を事業経営の成功と呼ぶならば成功者の末席に連なるのかもしれない。しかし、今日の午後届いた1枚のはがきを見た瞬間に俺の心の中を吹きぬけた、「癒す事の出来ない渇き」に似た感情はいったい何だったのであろうか。

It was thought the time of the lingering summer heat visit slowly in the middle of August. And, the summer greeting that reached at the end. It is from Chicago in the United States. The time of my circumference stopped momentarily at the time of having seen addressor's name. Fragrant of painting materials and Eg revives. He and I looked up to the same painter who sold at that time as the master, and spent the same dream seeing at time with tens of years ago. His dream is achieved, and the life scene as the occupation painter is being obtained in Chicago now. I am thrown away the dream, and exist farthest with the art of company management now. Still, it is likely to see it like the howl when seeing from him though the one-man show is held once a year. It doesn't forget. The impact when his work is peeped and seen after competing and drawing the same material. It was never in my work of appearance, and there was breath of "Talent" of just the overflow there. If man has wished that it lives even once in the world of the art, everyone knows. There is no one as cruel as the world of the art. The world there that keeps knocking against "My talent" and "He talent" each other, and subliming high further. The effort of ten years that the blood of "Person who doesn't have the talent" seeps is even before flashing of "Talent of the nature" at the moment the done way and either is broken. There are only two roads in "Person who doesn't have the talent". It lives like the helminth around the world or it becomes silent and it leaves. I became a helminth. It was stopped to draw the representational painting and became the painter of the abstraction picture.
I assumed "Painting" and "Music" to be a life hobby. This two too much to call the hobby though it might be too dear. It declares in "Surprising bravery" that exists in "Shine" of "Loneliness in bottomless" that exists in "Warmth" of Modigliani and Chagall and when the mind is not shaken, I can declare to Mick Jagger and Prince singing voices when the mind is not shaken there is no regret to live in this world. It wished that it be possible to make a living by either old times or that, and it prayed also that it was fragment of only little talent to oneself. However, time might have been only spent to make oneself consent in a pitiless reality according to complete that the talent in the favor, love, and the field was rich if it thought because it would do soon. Yourself was made to learn that it was about the talent, and admitting beginning to walk completely as a result in another world, and having come far in a calm mind now became possible. In the business management, "Effort" and "Fate" might be the avenue to success. I have pride that times the person "Effort" how many have been done. It ranges in a happy thing, and, it is given to "Fate" and "Meet", and it is likely to range to those who succeed lowest seat if the creation and the accumulation of money wealth are called a success in the business management. However, what was was it able to be blown in my mind momentarily at the time of having seen one postcard that had reached this afternoon, and feelings that looked like "Dryness not to be able to do the healed thing" on earth?

cat.jpg

今日の男めくり「このままじゃ終われない、いつもそう思う」
Today's dandyism「It is not possible to end as it is, and it thinks always so.」

今日の気分(Today's feelings)→Blankey Jet City

無駄死に 

1945年8月14日、政府はポツダム宣言を受諾し、翌15日の正午、昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えらた。これにより第二次世界大戦が終結した。
内務省の発表によれば、戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人だった。
1945年といえば俺が生まれるたった20年前のことである。つまり俺の親世代は確実に戦中に生きていたということである。怖い話である。
俺の親父はこの日の夜、とある部隊で敵が攻めてくるという情報を入手し、山に隠してあった爆弾を運び出す作業をしていた。仲間の一人が信管に触れ、爆弾が爆発。次々と火が付き200名以上が爆死した。親父は夜から明け方にかけて負傷した仲間を山から運び出し、朝日が昇ったときには親父の軍服は真っ赤に染まっていたという。確実に戦争の犠牲となったこの人々、終戦後の死亡として戦死扱いにはならない。遺族に対しての保証もなく、無駄死にと終わった。

As for the government, Japan was told to accept Potsdam Declaration, and to have surrendered unconditionally by Tamaot broadcasting by Emperor Hirohito at noon of the 15th the next day by the people on August 14, 1945. As a result, World War II was concluded.
Killed in action was about 2.12 million people, and the dead by the air raid were about 240,000 people according to the announcement of Home office.
It is before only 20 years my giving birth as for 1945. In a word, my parents generation was alive while surely fighting. It is a scary story.
My father acquired information that the enemy attacked it in a certain force on the night of this day, and was doing work to carry out the bomb concealed in the mountain. One of the companions touches the fuse, and the bomb explodes. It ignited one after another and 200 people or more killed. It is said that father's service uniform had been dyed red when father carries out the companion injured from the night to the dawn of the mountain, and rises the morning sun. It doesn't surely become a killed treatment as a death after this people and the end of the war the sacrifices of the war. There was not a guarantee to the bereaved family, and either it ended for the useless death.

yasukuni.jpg

今日の男めくり「金ではなく、物ではなく、愛に飢えろ」
Today's dandyism「It is neither money, nor a thing, and starve oneself of love.」

今日の気分(Today's feelings)→JET

ここはアユタヤかよっ? 

暑い日が続いている。暑い思い出。ちょうど10年ほど前に、仕事を何とか切り上げてバンコクへ飛んだ。取った宿はクイーンズインペリアルパーク。ムエタイを観たいと思いラチャダムヌンスタジアムへ行き観戦。スラムを通って宿に帰ってくると、黒山の人だかり。どうやらこの宿、スヌーカーの世界大会が行われていたらしい。ホテルのロビーにテレビが置いてあり、テレビに俺が映っている。こりゃヤバイ。もし、日本でクライアントが見ていたら、俺を捕まえようと思って間違いなく宿に電話が入る。とりあえず宿をチェックアウト。そのままオリエンタルホテルへ行き、チャオプラヤ川を北上。あっちこっちと気ままにめぐり、たどり着いたのがアユタヤ遺跡。ここの暑さはハンパなく、立ってもいられない。しゃがんでいるのにクラクラする。結局遺跡には15分ほどしかいなかった。
ここのところ東京が暑い。年々暑くなってきている。このままではアユタヤになってしまう。何とかしなくちゃね。

A hot day continues. My hot memories. Work was ended for about just ten years ago and it flew to Bangkok. The hotel where it stayed is a Queen’s imperial park. It wants to see Muetai and it watches to Rachadamunun stageam going. The great number of people when coming back to the hotel through the slum. Apparently, the world rally of this hotel and snooker seems to have been held. The television is put on the lobby at the hotel, and I am reflected in the television. It is useless. I will be caught and the telephone comes to the hotel surely when the client sees in Japan. The hotel is checked out in a hurry. It goes to an Oriental hotel, and it goes north over the Chao Phraya river. It is Ayutthaya ruins to come round, and to have reached and the nature there it remain at last. The heat here is terrible. It is not possible to stand. Eyes turn though it squats down. After all, it was in ruins only for about 15 minutes.
It is hot in Tokyo of late. It becomes hot every year. The way things are going, it will become Ayutthaya. It manages to do and it cries.

ayutaya.jpg

今日の男めくり「人生とは生まれてから死ぬまでのすべての期間」
Today's dandyism「The life is all periods from the birth to the death.」

今日の気分(Today's feelings)→LOSALIOS

おだいじに・・・ 

常連さんのらーめん「基乃」のご主人と奥様が一杯飲みに来ていただいた。今日はダックスフントのオーシャン君はお留守番である。先日ご来店いただいたときに腰を悪くしたご様子だったが、あまり芳しくないらしい。主婦の方はご存知かもしれないが、料理は腰が大事。試しに椅子に座りながらやってみるとわかる。今回お店のお休みが少し長いのも、腰のせいかもしれない。早く直して、またおいしいラーメンをご馳走になりたい!!!

It came fully to drink for the husband and the madam of habitue's ramen "Kino". Dachshund's ocean is a house sitting today. It seems not to be so fragrant though it was an appearance that deteriorated the waist when coming to a store the other day. The waist is important in the dish though the housewife might be knowing. It understands when trying while sitting on a chair by way of experiment. The rest of the shop is a little long maybe because of the waist this time. I want to mend early and to treat to a delicious ramen.

kino.jpg

今日の男めくり「すべては自分が選んでいる」
Today's dandyism「I am choosing everything.」

今日の気分(Today's feelings)→U2

死に様よりも生き様 

1985年、日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し、520人の犠牲者を出した。生存者は4人だった。俺も多いときには年に100回ほど飛行機に乗っていた。軽いものから結構シビアなものまで10数回は事故にあっている。だから飛行機はとても怖い。でも俺は死ぬ覚悟はいつでも出来ている。それを寿命として受け入れる覚悟はある。死に様よりも生き様を重要としたい。

123 JAL jet flights crashed into Gunma Prefecture Osutaca mountain, and 520 victims were put out in 1985. Survivors were 4 people. It took an airplane about 100 times a year when a lot of we were, too. Ten-odd times are in the accident from the light one to the considerably severe one. Therefore, the airplane is very scared. However, I am always made of the resolution to die. There is a resolution to accept it as longevity. I want to have alive externals from the death externals importantly.

osutaka.jpg

今日の男めくり「どこかのバカがガイドブックで紹介する前に旅に出ろ」
Today's dandyism「Go out to travel before the fool somewhere introduces it in the guide book.」

今日の気分(Today's feelings)→RIZE

夢 

俺が主催しているボランティア組織がある。この団体はすべての子供たちを支援しています。がん・難病の子供たち、いじめにあって自殺を考えている子供たち、そして親と暮らせない孤児たち。また、普通の子供たちでも、様々な悩みや心に傷を負っている子供たちもたくさんいます。将来に不安を持っているそんな子供たちのことを支援しようというのがこの団体の大きな趣旨です。与える、してあげるということではなく、一緒に考え夢を創っていくことを念頭に一緒に成長していくことを目的にしています。肩に力を入れて、がんばるわけではありません。すべてを捧げるわけではありません。海外旅行も行きます。温泉にも行きます。レストランで美味しいものも食べます。人それぞれできる範囲でいいと思うのです。子供たちにもがんばれとはいいません。がんばる必要はないのです。生きているだけで素晴らしい、存在しているだけで輝くのです。自分のペースで上を目指していけばいいと考えます。ボランティアをしていただける方たちも、できる範囲で結構ですと言っています。ただ、少しでも行動を起こしていただきたいのです。自分の人生でできうる最高の事をしてほしいのです。最近メールで「どうしてこんなことやってるの?」「趣旨には賛同できないけど寄付はするよ。」「個人レベルでそんなことやったって、しょうがないジャン。」などというご意見をいただきます。俺自身もよくわかりません。「誰かがやらなくちゃ・・・」という団体は多いと思います。俺の場合はよくわからない・・・。で、少し考えてみました。「将来の夢は何ですか?」と人に聞かれるたび、孤児院と老人ホームと動物園とホテルを一緒にしたものを運営したいと答えていました。そして、今もその気持ちは変わりません。俺は孤児ということもあり、様々な難題に合いました。育ての家族とのギクシャクした関係、本当に結婚したい人の家族には反対、そしていじめ。だから俺は孤児が差別を受けないような、そんな施設を創ろうと思っていました。東大や京大を卒業したら、すごいねと言われます。ソルボンヌやオックスフォードを出ていてもそうでしょう。そんな孤児院を創りたい。あそこを出てれば語学も大丈夫だし、しつけもしっかりしている。社会性もあるし、知識も豊富。そんなことを言われる孤児院を創ってみたいなと考えています。そんな子供たちに社会性としつけをたたきこむのに老人力は欠かせません。そして、一般的に死におびえて生きるのではなく、子供たちに人生を見せる死に方にほこりがもてる老人グループを作っていきたい。動物の力も魅力的です。世界中に捨てられる犬や猫はどのくらいいるでしょう?全部は救えません。人も同じ。なにもカンボジアの子供を全員救うと言っているわけではありません。もしかしたら一人だけかもしれません。10人かもしれません。でも1000人かもしれません。そしてホテルという場所でその子供・老人・動物が揃って個性を伸ばしながら、学び働いていけたら最高だと思うのです。難病の子供の家族は無料で泊まっていただきましょう。医師が近くにいればご夫婦だってたまのデートを楽しむこともできるでしょう。他人は「君が死ぬまでにそれはできないよ!」といいます。そうですね、できないかもしれません。でも、できるかもしれません。でも今の俺は、それが俺がこの世に生まれてきたことの意味だと思います。「もう、死んじゃおう。」と思っている方は、俺にその命、預けてみませんか?自分の不幸を嘆いてないで、他人の幸福を喜びませんか?だらしなくたっていいんです。生きていれば、あなたの体と頭、将来きっと役に立ちますよ。

There is a volunteer organization that I am sponsoring. This group is supporting children. Orphans who cannot live with children who think about suicide in children of cancer and intractable disease and bullying and parents. Moreover, even usual children also include children who receive the wound to various worries and minds a lot. It is an outline of this group to support such children who will have uneasiness in the future. It gives, and to grow up to the mind together, it is done not to do, and to create the idea dream together. It is not because of making efforts to the shoulder, and holding out. It is not because of giving everything to. Traveling abroad also goes in me. It goes to the hot spring. It eats the delicious at a restaurant one. I think it is good within the range where each person can do. Do your best it doesn't say even to children. It is not necessary to hold out. It is wonderful, and shines only by existing only in alive. It is thought that it only has to aim on by my pace. It is said that the people who can do the volunteer are also excellent within the range that can be done. However, I would like you to take the action even a little. I want you to do the highest thing that can be able to be done by my life.
I get the opinion "These kind of things and why", "Contribute it to the outline though it is not possible to agree", and "It is such a thing, at an individual level, and there is no other way", etc. with mail recently. I do not understand well either. I think that there are a lot of groups "Someone must do". It doesn't understand well for me. And, it thought a little. It was answered that it wanted to manage the one that the orphanage, the home for the aged, the zoo, and the hotel were combined whenever it was asked by the person, "What was the dream in the future?". And, the feelings do not change now. There was an orphan, too and I was suitable for various difficult problems. Opposite and bullying of relation that doesn't succeed with family of raising and fiance's families. Therefore, I thought that I created such facilities where the orphan did not receive discrimination. It is said it is terrible when graduating from The University of Tokyo and Kyoto University. It might be so even if going out of Sorbonne and Oxford. I want to create such an orphanage. The language study is safe, and the discipline is steady in case of graduation from there. There is a society, too and knowledge is abundant. It thinks the orphanage to which such a thing is said. do not want to create itTo teach disciplining to such children as the society, the elderly person power doesn't allow it to lack. And, I want to make the elderly person group that pride is popular among how to die not to live dying and frighteningly but to show children the life. Animal's power is also attractive. How long are there a dog and a cat thrown away all over the world?Everything cannot be saved. The person is also the same. It is not because of saying that all members will completely save the child in Cambodia. It might be only one person possibly. They might be ten people. However, they might be 1000 people. And, I think it is the highest when the child, elderly person, and animal can learn all together in the place of hotel while promoting individuality and it work. The family of the child of the intractable disease has staying free of charge. Even the married couple will be able to enjoy the date in case of being to be near the doctor. Others say, "It cannot be done by the time you die". I cannot be likely to do. However, it is possible to be likely to do. I think that it is a meaning that I was born in this world. Will the life be entrusted to me by wanting the death?
Will you be pleased without grieving over one's misfortune with others' happiness?Even if it is sloppy, it is good. It is surely useful in your body, head, and future if alive.

lw.jpg

今日の男めくり「おまえのライフワークはなんだ?」
Today's dandyism「What is your lifework?」

今日の気分(Today's feelings)→HOTEI

天才の死 

1977年8月10日、山田かまちという17歳の少年が自宅の2階でエレキギターに感電して亡くなりました。天才的な画家で、詩人でもありました。かまちは1960年7月21日に群馬県の高崎市に生まれました。1歳半ばからすらすらと絵を描く子供で、スバル360をどの角度からも容易に描いていたようです。小学校も低学年になると、お母さんが通信教育の勉強で忙しいのに注意を向けたくて、自作の詩をすらすらと言い始めます。母親の千鶴子さんの勧めでそれをノートに書き留め始めました。小学校3年生の冬休み、宿題の動物画を1時間のうちに30点描き上げます。動物図鑑など見ず、動物園にも行かず、動物の意識を一瞬のうちに自分の物にして描き上げたようです。その、今にも動き出しそうな画の迫力は、かまちのとてつもない才能を強く感じさせられます。中学3年の頃から、ロックに傾倒し始めます。ビートルズ、レッド・ツェッペリン、エアロ・スミス、クィーンなど、ステレオを抱きかかえるようにして、聞いていました。友達の氷室京介とバンド活動もし始めます。高校受験の頃、偏差値というシステムに納得がいかず、試験用紙を紙飛行機にして飛ばす、という小さな反逆を起こします。ついに受験に失敗し、浪人となります。浪人時代、ある女の子に大失恋し、社会の足かせにも強く反発したことで、多くの画や詩の作品が生まれました。17歳の夏の炎天下、自宅で誕生日プレゼントに贈られたエレキギターの練習中感電して、短い生涯を閉じました。後に、ベッドの下からおびただしい数の大学ノート、デッサン、そして水彩画が見つかります。
彼が生きていたら偉大な人物になったかもしれません。でも、死んでしまったから伝説になったのかもしれません。

A seventeen-year boy called Kamachi Yamada was electrocuted by the guitar in his own Tatami room.He was a geneous painter and a poet.Kamachi was born on July 21st, 1960 in Takasaki city, Gunma Prefecture, Japan.He began to draw pictures when he was a half and a year. Especially Subaru 360 (a Japan-made car)was his favorite and he could draw it from every angle.By the time he was in the 1st or 2nd grader, he tried to cite his poem to get his mother's attention. Then, he started to write them down on his mother's advice.On winter vacation in the third grade,he drew 30 pictures of animals within one hour without observing.He could draw them with his instinct for the animals. His talent was incredible.Kamachi began to devote himself to Rock music when he was in the 9th grade.He was listening to "The Beatles," "Led Zeppelin," "Aero Smith," "Queen," and so on... with holding his stereo set in his arms. He made a rock band with his friends since then.To rebel against Japanese testing system, he made a paper plane with a test paper and flew it in the middle of the exam.He didn't succeed in the entrance exam of a high school.While he was studying for the exam, he lost love. With his rebellion against for the testing system and other social pressure, he made many remarkable drawings and poems. Right after his seventeenth birthday, when it was hot and humid, he was erectrocuted by his birthday present, an electric guitar in his room.After this tragedy, his family found tremendous number of notebooks,drawing paper, and waterpaintings under his bed.
When he was alive, it is likely to have become a great person. However, it is likely to have become a legend because it had died.

kamachi_01.jpg

今日の男めくり「せっかく地球に生まれたんだから、地球を楽しめ」
Today's dandyism「Enjoy the earth because it was born in the earth with great pains.」

今日の気分(Today's feelings)→Thee Michelle Gun Elephant

ファットマンとリトルボーイ 

1945年8月9日午前11時ごろ、米軍のB-29爆撃機「ボックスカー」がプルトニウム原爆「ファットマン」を投下し、長崎市松山町の500m上空で爆発した。約7万4千人の市民が死亡、約7万5千人が重軽傷を負った。
先日、広島の原爆のブログを書いたが向こうは14万人で長崎の倍の死者が出ている。写真では広島より長崎の原爆のほうが圧倒的にデカク見える。人口密集度の差なのか、威力の違いなのか?小学校から日本の学校を卒業するまで、俺の疑問に答えてくれた社会科の教師は一人もいない。

B-29 bomber "Boxcar" of the U.S. military dropped plutonium atomic bomb "Fat man", and it exploded in the sky of 500m in the Nagasaki Ichimatsuyama town around 11:00AM, August 9th, 1945. About 74,000 citizens owed and the death and about 75,000 people owed a heavy slight injury.
The dead twice Nagasaki had gone out of the other side by 140,000 people the other day though Blog of the atomic bomb of Hiroshima was written. The atomic bomb of Nagasaki looks large overwhelming in the photograph than Hiroshima. Is it a difference of the population overcrowdedness level or a difference of power?
There is not a teacher of social studies to answer my doubt up to graduation from the school from the elementary school to Japan either.

a1.jpga2.jpg

今日の男めくり「それぞれに幸せのカタチがある」
Today's dandyism「There is a difference of happiness each person.」

今日の気分(Today's feelings)→hide

ディズニーランドへ 

先日、また打ち合わせを兼ねてディズニーランド・シェラトンへ行ってきた。大体深夜2時ごろチェックインして早朝6時くらいにチェックアウトするパターンが多い。ここは俺の定宿で、何人かのスタッフの方々から名前まで覚えていただいている。ここの宿の素晴らしいところは何か?と、聞かれれば、第一に俺があげるのはトイレットペーパーの質である。柔らかすぎず、硬すぎず・・・ここで説明してもしょうがないけどね。普通に考えればこのご時世、一番経費の削りやすい部分である。客の眼で見るサービスが出来ているホテルの典型例だと思う。心地よさを売る商売は、見習っていただきたいところである。

The other day and meeting are held concurrently and it has gone to Disneyland Sheraton. There are a lot of patterns that do the check-in around roughly two o'clock of midnight and check it out around six o'clock of early morning. Here is my favorite hotel. Staff remember my name. What is the point where the hotel here is wonderful? It is a quality of toilet paper that I gives to the first if it is asked. It is not softly but is not too hard. It is no use of the explanation here. It is this age, and a part where expenditure is cut down easily most if it thinks usually. I think that it is a hotel where the service seen by guest's eyes is made classic example. Business that sells ease is a point where I would like you to learn it.

hotel.jpg

今日の男めくり「おならをしたら、怒る女が傍にいるかい?それが幸せ」
Today's dandyism「Is the woman who is angry in by the side if breaking wind? It is happy.」

今日の気分(Today's feelings)→

開業セミナー 

開業セミナーが大盛況との噂を耳にする。しかしその一方で・・・。ちょっと周りを見渡してみると・・・。累々たる店舗の屍の山である。およそこのフィールドを5年単位で生き残っている人間のなんと少ないことか。平均すれば3年から5年弱、はやい人間はほんの数年で消えていく。自ら見切りをつけて去っていく人間はまだましな方で、おおよその経営者は、瞬く間に投下資本をすり減らして失意の退散となる。間違ってはいけない。ここでいう生き残りとは経営として安定しているという意味である。生きていくだけならコンサルタントに頼まなくたって、いくらだってやっていける。(ある程度のマーケティングは必要だが・・・。)どこに原因があるのか?4つほど思い当たることがある。
第1のケースは、中長期経営と短期経営の混同である。このふたつは似て非なるもの。マーケットという同じ土俵を使用するが、その実態は全く異質な経済行為である。そのあたりを良く理解しないというか理解出来ないというかまぁ旧態依然的思考回路を有する頑固経営者が中長期経営の経験や中途半端な知識をベースにチャレンジして失敗するケース。当然であろう。 相撲をとるつもりで土俵に上がってみたら、実際にはマシンガンの撃ち合いである。勝てるわけが無い。弊社でお断りするタイプの開業はこのケースがほとんど。こちらから提案する内容を、「友達に相談します」とか「いろいろな知り合い(しかも同業者)に聞いてみます」とかいうタイプ。コンサルティング業者の提案するものを友達に聞いてどうする!こちらから言わせて頂けば、「じゃあ、全部友達に相談して、開業すれば。」と言って、お断りする。
第2のケースは、俗に「什器おたく」と称される調理器取り扱い没頭症候群患者が、そのありあまるほどに詰め込んだハード&ソフト知識を武器にチャレンジするケースである。このケースの特徴はやたらとハードウエアに凝ることで、厨房はまるでコックピットと化す。しかし、これまた当然のことながら、店舗運営にハード&ソフトの知識は必要だが、それは多くの必要条件の中のほんのひとつで、充分条件などにはなり得ない。時間の問題で早々の退散となり、店舗には什器の山だけが残ることとなる。
第3のケースは必要な資金を甘く見るケース。家庭教師のアルバイト料が入った学生がその金で中東の油田掘削プロジェクトを展開しようとはけっして考えないであろう。それは、2者の間の金額に天文学的な差があることをたとえ漠然とした知識ではあっても、なんとなく理解しているからである。ところが、こと開業となると、その畑が極めて新しい為に一般に普及している正確な情報が非常に乏しく、その知識も稚拙である。その結果、やっとの虎の子1千万円などという、本来チャレンジすべきでは無い、とんでもなく小さな金額でチャレンジしてしまう。小さな額で開業するなら、小さな店舗、大きな額なら大きな店舗。これはサルでもわかる事である。最初の開業資金の5倍までの年商で、満足する事が必要である。長年生き残っている経営者は(繰り返すがここでいう生き残りとは経営として安定しているという意味である。)声を大にしては言わないが短期経営において少さな金額で大きなスプリットを狙うことほど経験と知識と技術が必要であり、初心者は大きな金額で、動きの少ないマーケットで小さなスプリットを狙うのが良いことを実は良く知っている。つまり初めから勝率の少ない不利な戦場でのスタートに自分を追い込んでしまい、老舗に蹴散らされ、不本意な退散となるのである。
そして、第4のケース。これはあまり指摘されないが非常に重要だと感じる。「適性」である。そんなものがと思われる方もおられようが、このサービス業なるものには、あきらかに人による向き不向きがある。持って生まれた性格や気質、The Way of Thinking から極論すればものごと全ての価値観、人生観に至るまで、書き始めれば長くなる・・・。スポーツでも社交でもおよそ他のことでは何をやっても素晴らしい才能を発揮する経営者がいる。(技術的にはもちろん○である。)ところが友達の真似をしてはじめた店舗経営だけは全くダメで、何をやってもやればやるほど赤字の累積、ついに先日店舗をクローズした。また、別の知人は中期経営でそこそこに成功し、わざわざ遠くまで出掛け、満を持して支店をスタートしたが、瞬く間に虎の子の投下資金を減らしてしまい、半年ほどであきらめてしまった。いずれも優秀な調理人であり、その能力は一般的な人など軽く凌ぐに違いない人物達である。走るのが速い人間は子供の頃から運動会ではいつも一番。何の練習もしなくても、ただ走れば速いのである。一方走るのが遅くても別に人として何一つ劣っているわけでは無い。走るという行為に関するその人間の適性にすぎない。これとやや似ている。難解な理論や学問、あるいは武道の長期にわたる修練等とはややおもむきを異にするのである。能力というよりは、やはり「適性」と呼ぶべきであろう。店舗開業にはそういうものが確実に存在する。それを見極めることなく、ずるずると負け戦を続け、気がついたときには大怪我をしている経営者。これが実は案外多い。え?そこのあなた、自分だけは上の4つのケースのどれにも当てはまらないから大丈夫ですって??う~ん・・・そういう「頑固な思い込み」がもしかしたら第5のケースかも・・・。

It is not possible to translate into English in my language ability. Please help someone.

yuden.jpg

今日の男めくり「歩くのをやめて、そろそろ走り始めろ!」
Today's dandyism「Stop walking, and begin to run early.」

今日の気分(Today's feelings)→The Style Council

1945年8月6日 

1945年8月6日午前8時15分、米軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、広島市上空で世界初の原子爆弾「リトルボーイ」を投下した。熱戦と衝撃波によって市街は壊滅し、約14万人の死者を出した。その後、原爆症等で亡くなった人を含めると、犠牲者は25万人以上に登る。この世の中から戦争をなくすために戦争の悲惨さを次世代に語り継いでいかなければならない。しかし、世の人は入れ替わりそのうちに戦争経験者がいなくなるのも事実。そのためにも原爆ドームは残さなければいけないと考えるのは、戦争を経験してもなく、広島出身でもなく、身内に被爆者もいない俺だから言えることなのか?原爆ドームは原爆の惨禍を示すシンボルとして知られるようになったが、一方では「悲惨な戦争を思い出すので撤去すべき」などの意見もあり、その存廃が議論されてきた。1966年広島市議会が永久保存することを決議し、風化を防ぐため定期的に補修工事が行われている。1995年史跡に指定され、さらに翌1996年には、ユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決定された。

B-29 bomber "Enola Gay" of the U.S. military dropped the first atomic bomb "Waiter Little" in the world in the sky over Hiroshima City at 8:15AM, August 6th, 1945. The town was annihilated by the exciting game and the shock wave, and about 140,000 lives were lost. Afterwards, when the person who died of atomic bomb disease etc. is included, the victim climbs 250,000 people or more. It is necessary to hand down the misery of the war to the next generation to lose the war from this world. However, it is also true in the person of the world that places changes and the war experienced person is gone in the course of time. Can Genbaku Dome be able to say because it is me that it is not even if the war is experienced, and the relative doesn't have the radiation victim from Hiroshima either that think that it is necessary to leave it for that?On the other hand, there is an opinion such as "Because the cruel war is recalled, it is necessary to remove it", too and the existence has been discussed though Genbaku Dome came to be known as a symbol that shows the disaster of the atomic bomb. To resolve that the Hiroshima city council permanently preserves it in 1966, and to prevent weathering, the repair construction is regularly done. It was specified for the historic site in 1995, and, in addition, UNESCO was decided to register to World Heritage (cultural heritage) in 1996 the next day.

dome.jpg

今日の男めくり「最近、何して遊んでる?」
Today's dandyism「Recently, what do you do and do it play?」

今日の気分(Today's feelings)→Elvis Costello

大好物 

俺が生まれる3年前の今日、1962年8月5日にマリリンモンローが死んだ。生誕80周年ということで郵便局から記念切手も売り出されているらしい。俺が今まであった人の中で、モンローが嫌いという人に会ったことがない。とくに世の男性諸君は一度はモンローに憧れたであろう。いいですか?あれが理想ですっ!世の中の女性が目指しているところはちょっと細すぎ。グローバルな考え方でいくと、病的にさえ見えてしまいます。「ちょっとヤバイ」より「そうとうヤバイ」くらいが俺的には好物です。

Marilyn Monroe died on August 5, 1962 ago of three years when I was born. The commemorative postage stamp seems to be marketed from the post office on the 80th birth anniversary. It has not met the person who says that Monroe will be hated in the person who has me up to now. Men all over the world will have yearned to Monroe once. Do you know? Monroe is man's ideal. It is too thin for a moment that the woman in the world is aiming. When it is a global idea, it looks diseased. It is my large favorite dish by a little overweight from usuallyweight.

malilin.jpg

今日の男めくり「言葉ひとつに魂をこめろ」
Today's dandyism「Put the soul in one word.」

今日の気分(Today's feelings)→Elvis Presley Vs JXL

ハルちゃん&ルナちゃん、ご来店 

きょうのわんこー。
ご来店時に「子熊?」と思ったわんこたち。
スキッパーキのハルちゃん2歳半とルナちゃん1歳半です。
グルルルー、ガルルルルー
と、二人でじゃれてますが
じゃれ方は本能むき出しです。
でも、それがこの犬種の持ち味なのでしょう。
かわいいわんこはたくさん来店しますが
俺の心をくすぐる、久しぶりのワンコ達なのでした。

Today's dogs.
When having entered the shop, I thought.
Is this child's bear?
Kind of dog named Skipparki.
Haru of two-years old half.
And, it is Luna of one-years old half.
"Gallllu" It plays by two.
How to play is instinctively bare.
However, it might be a peculiar characteristic of this kinds of dogs.
A lot of lovely dogs come to a store.
My mind was tickled, and because they were dogs after a long time, it did.

haru.jpgluna.jpg

今日の男めくり「自分という作品、生き方がアートだ」
Today's dandyism「The work and the way of life of I are the arts.」

今日の気分(Today's feelings)→Guns N' Roses

アンドリューからのお誘い 

またまたマイミクの話。(なんかハマってますねー)シャトルワース・アンドリュー君から、お誘いのメールが来た。場所はTHE PINK COW。行きてー!ここは、以前より気になってた表参道のスペース。レストランでもバーでもあると同時に アートギャラリーでもあり、イベントスペースでもある。そう、まったく当店と一緒。。ここがうちと違う点は、うちは俺が料理を作り、ピンクカウはちゃんとしたコックが腕を振るうところ。負けたーっ。ちなみにアンドリュー君のイベントは今月23日、クリエイティブなビジネスを展開する人々が集まる情報交換とネットワーキングの場。ゲストスピーカーによるプレゼンもあるしAI Tビジネスに携わる人達の輪を広げるイベントです。誰でもウェルカム。ちなみにイベント名はPCC。俺は店があって行けないけど、誰か行ったら情報プリーズねっ。ちなみにイングリッシュスピーカーオンリーです。
PCC↓
http://www.thepinkcow.com/

Story of My Mixi again. The invited mail came from Andrew Shuttleworth. The place is THE PINK COW. I want to go! Here is space of Omotesando about which it was anxious than before. It is an art gallery, and event space also at the bar at a restaurant. It is quite the same so as our shop. I cook to our shop in the point where here is different from our shop, and THE PINK COW is a place where a tidy cock uses one's skill. It was defeated. By the way, Andrew's event is a place on the information exchange and the network in which people who develop a creative business gather on the 23rd this month. There is presentation with the guest speaker, too and the event that expands the circle of people involved in the AI T business. Everyone welcomes it. By the way, the event name is PCC. Please give information to me when someone goes though I cannot have the shop. By the way, it is only a person who can talk about English.
PCC↓
http://www.thepinkcow.com/

43273_3190082335.jpg

今日の男めくり「まずは、目の前の女性を喜ばせろ」
Today's dandyism「First of all, make the woman in the presence pleased.」

今日の気分(Today's feelings)→The Blue Hearts

カッコイイ(E)ぜっ!ネコダディ 

mixiで出来たトモダチ(マイミクシィ)は3日間で18人。その内7人が日本人で11人が外国人。(決して差別用語ではありません!)そのうちの一人。むかし、むかし、大岡山の東工大裏に住んでいたmac0 daddy(ネコダディ)。
現在は町田でライブハウス兼ナイトクラブをやっている。まぁ、俺と同業者といったところ。こいつの外見もいかしているが、皿を回すのもカッコイイ!
ぜひ一度、ご覧あれ!↓
http://www.youtube.com/watch?v=Jeld6bbcarM

Friends who can have done with mixi are 18 people every 3 days. 7 people are Japanese among those and 11 people are foreigner. The our one person. Mac0 daddy that had lived in near Tokyo Institute of Technology of Oookayama in old times.
Machida is doing the nightclub now. ..the same trader as me... It is also very cool that this fellow's face turns the record.
Please see once by all means. !↓
http://www.youtube.com/watch?v=Jeld6bbcarM

1995315_3400155993.jpg

今日の男めくり「万人ではなく、ひとりのハートにぐさりと突き刺せ」
Today's dandyism「Thrust it into not everyone but an one heart.」

今日の気分(Today's feelings)→Emilie Autumn
グラビティーマスター・ライブ
しばらくの間、グラビティーマスター・ライブは延期といたします。

次回の「グラビティーマスター・ライブ」は、『?』。
場所:Dog Cafe Bar & Gallery 「gravity」 Tokyo Japan (東京都大田区北千束1-67-7 東急大井町線・目黒線「大岡山」駅より徒歩8分、東急東横線「都立大学」駅より徒歩12分)
日時:2011年?月?日・土曜日・18時スタート
内容:?(毎回「神に見放された人間の自己啓発」より一項目をセレクトして重点的にお話します)
人数:6~8名(先着順受付・開催は1名からでも行います)
所要時間:1時間(セミナー中の質疑応答含む)
※希望者にはセミナー終了後に1人10分間の個人面接をいたします。当日くじにて順番を決めさせていただきます。
金額:3580円(セミナー代の他に、ソフトドリンク1杯、スイーツ、大國魂神社のお水1本を含みます)
ご予約:参加希望の方は、直接グラビティーマスターまでご連絡ください。

極真カラテ
当店では国際空手道連盟「極真会館」城南目黒中央支部の入会申込みを受け付けております。目黒区で極真空手の道場をお探しの方は見学前にでも、お問い合わせください。4歳より60代の方たちが自由が丘道場(幼少年部)・祐天寺道場(一般部・壮年部・女子部)で楽しく稽古しています。人生が変わること、俺が保障します!

国際空手道連盟「極真会館」城南目黒中央支部マニュアル
インターネット検索はこちらから
カスタム検索


3.5%

各業種へのホームページへは以下よりお入りください。
▼GUESTS▼

▽お客様ホームページ・ブログ▽
vc1%
Pudico
スナップ垂れ流し
Kalafina
Naringer
Craig Mod
kimiの館
しばた亭
かれんぶぅなせいかつ
おじさんの独り言
アンリな日々
基乃
しま坂
さくらボーイズ
東京工業大学
亀の湯
オー・アール・アイ
さか本
ロンシェール
5039 blog
横濱媽祖廟
イリュージョン
ドコモショップ自由が丘店
大岡山で勉強する大学生のblog
Dressとか女社長とか起業とかファッションとか六本木とか
白豚とキタキツネのおウチ
Let it be...
大岡山 歯科開業日記
東京工芸大学
アイビー化粧品
merry-go-round
モローズ

▼OOOKAYAMA▼
▼TWITTER▼
Today's GRAVITUBE(A~J)
★このブログに貼ってある「Today's GRAVITUBE」の中からミュージックビデオのみを抜粋しました。下記にリンクは貼ってありませんのでYOUTUBEなどで検索してお楽しみください。※2010/08/31

◆◆◆A◆◆◆
■A-ha
「Take On Me」
■Aaron Neville
「EVERYBODY PLAYS THE FOOL」
「Amazing Grace」
「Ave Maria」
■ABBA
「DANCING QUEEN」
「Gimme Gimme Gimme」
「Chiquitita」
「S.O.S.」
「Money Money Money」
■ABC
「The Look Of Love」
■Abs
「Stop Sign」
■Adicts
「Easy Way Out」
■Aerosmith
「I Don't Want To Miss A Thing」
■AJICO
「波動」
■Akon feat. Eminem
「Smack that」
■Alan Parson's Project
「Don't Answer Me」
■Al Green
「How can you mend a broken heart」
■Alison Moyet
「Only You」
■All American Rejects
「Gives You Hell」
■Ally Kerr
「The Sore Feet Song」
「The Toothbrush Song」
■Aloha From Hell
「Don't Gimme That」
■Anki Bagger
「Where Were You Last Night」
■Annika Burman
「I en ding ding värld」
■Aphex twins
「Come to daddy」
■Aphrodite's Child
「End of the world」
「I want to live」
■Apocalyptica Feat Nina Hagen
「Seemann」
■Aqua
「Back To The 80's」
「Cartoon Heroes」
■ARB
「赤いラブレター」
「魂こがして」
「野良犬」
「HOLIDAY」
「抵抗の詩」
■Asia
「Heat of the Moment」
■Aska
「はじまりはいつも雨」
「君は薔薇より美しい」
「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」
■The Association
「Requiem For The Masses」
■The Ataris
「Boys Of Summer」
■Atsushi and Kiyoharu
「Just One More Kiss」
■相川七瀬×吉川晃司
「夢見る少女じゃいられない」
■あおい輝彦
「あなただけを」
■青山テルマ feat.Soulja
「そばにいるね」
■秋元順子
「愛のままで・・・」
■麻丘めぐみ
「芽ばえ」
■アナーキー
「東京イズバーニング」
「ノット・サティスファイド」
■あぶらだこ
「冬枯れ花火」
「冬枯れ花火」
■安室奈美恵 & 鈴木蘭々
「一寸桃金太郎」
■絢香
「三日月」
「みんな空の下」
「I believe」
■荒井由美
「中央フリーウェイ」
「あの日にかえりたい」
「卒業写真」
「ルージュの伝言」
「ひこうき雲」
「「いちご白書」をもう一度」
■嵐
「Love so sweet」
「サクラ咲ケ」
「Happiness」
「Troublemaker」
「truth」
「One Love」
「a Day in Our Life」
■アリス
「帰らざる日々」
「秋止符」
「今はもうだれも」
■アルフィー
「星空のディスタンス」
■安全地帯
「あの頃へ」
「好きさ」
■杏里
「悲しみがとまらない」
「dolphin ring」
「オリビアを聴きながら」

◆◆◆B◆◆◆
■B-52’s
「Love Shack」
■BAND AID
「Do they know it's christmas」
■THE BANGLES
「Eternal Flame」
「Manic Monday」
■Bay City Rollers
「Saturday Night」
「Bye bye Baby」
■The Beach Boys
「Kokomo」
「Surfin' USA」
「Good Vibrations」
「Fun Fun Fun」
「California Dreaming」
■The Beatles
「Let it be」
「Hey Jude」
「Helter Skelter」
「Let it be」
「In My Life」
「Across the Universe」
「While My Guitar Gently Weeps」
■Beck
「Loser」
■Bee Gees
「Stayin' Alive」
「Melody Fair」
■BEGIN
「恋しくて」
「WONDERFUL TONIGHT」
■BENT FABRIC
「JUKEBOX」
■Berlin
「Take my breath away」
■Bertie Higgins
「Casablanca」
■Betsy & Chris
「White color is lover's」
■Bette Midler
「From A Distance」
「The Rose」
■Beyonce
「Halo」
■BIG BEAR
「そばに、、、」
■Billie Hughes
「WELCOME TO THE EDGE」
■Billy Idol
「Sweet 16」
■Billy Joel
「The Stranger」
「Honesty」
「Just The Way You Are」
「My Life」
「Allentown」
「Piano Man」
■The Birthday
「涙がこぼれそう」
「ピアノ」
「愛でぬりつぶせ」
「カレンダーガール」
「カラスの冷めたスープ」
「ディグゼロ」
「マスカレード」
「猫が横切った」
■Bjork
「All is full of love」
「It's Oh So Quiet」
「hunter」
■BLACK
「Wonderful Life」
■Black Sabbath
「Paranoid」
■BLACK STONES
「一色」
「Glamorous Sky」
■Blankey Jet City
「ガソリンの揺れかた」
「ディズニーランドへ」
「Sweet Days」
「赤いタンバリン」
「彼女は死んだ」
「僕の心を取り戻すために」
「ディズニーランドへ」
「いちご水」
「SEA SIDE JET CITY」
「ダンデライオン」
「青い花」
「風になるまで」
「綺麗な首飾り」
「冬のセーター」
「ロメオ」
■Blink182
「What's My Age Again?」
■Blondie
「Call Me」
「Heart of Glass」
「The Tide is High」
■Blood Red Shoes
「I Wish I Was Someone Better」
■THE BLUE HEARTS
「人にやさしく」
「リンダリンダ」
「チェルノブイリ」
「終わらない歌」
「1000のバイオリン」
「1001のバイオリン」
「情熱の薔薇」
「キスしてほしい」
「TOO MUCH PAIN」
「チェルノブイリ」
「青空」
「夕暮れ」
「旅人」
■The Blues Brothers
「Rawhide」
「Rubber Biscuit」
「Everybody needs somebody」
「Soul Man」
■Bobby Caldwell
「Answer」
■Bob Dylan
「Like a Rolling Stone」
「Blowing in the wind」
「Knockin On Heaven's Door」
■Bob Marley
「Is This Love」
「Buffalo soldier」
「No Woman no cry」
「One Love」
「Sun is Shining」
「Forever Loving Jah」
「Three Little Birds」
「Don't worry be happy」
■Bon Jovi
「You Give Love A Bad Name」
「Living on a Prayer」
「Hallelujah」
「It's My Life」
■Boomtown Rats
「I Don't Like Mondays」
■BOOWY
「ONLY YOU」
「B・BLUE」
「わがままジュリエット」
「Dreamin'」
「HONKEY TONKEY CRAZY」
「JUSTY」
■Boston
「More Than A Feeling」
■Boz scaggs
「We're all alone」
「You Can Have Me Anytime」
「Harbor Lights」
「Jojo」
■Brian Eno
「On Some Faraway Beach」
■the brilliant green
「There will be love there -愛のある場所-」
■Bruce Hornsby
「The Way It Is」
■Bruce Springsteen
「The River」
「Dancing in the dark」
■Bruce Springsteen & Sting
「The River」
■Bryan Ferry
「Avalon」
■BUCK-TICK
「Jupiter」
「Glamorous」
■Buggles
「Video killed the radio star」
■BUMP OF CHICKEN
「オンリーロンリーグローリー」
「カルマ」
「天体観測」
「K」
■Buzzcocks
「Ever Fallen In Love?」
■The Byrds
「My Back Pages」
■B'z
「Real Thing Shakes」
■ばちかぶり
「ONLY YOU」
■バンバン
「縁切寺」
「「いちご白書」をもう一度」
■ブラック・キャッツ
「シンガポール・ナイト」

◆◆◆C◆◆◆
■Carole King
「It's too late」
■The Cars
「Drive」
■Cat Stevens
「雨に濡れた朝」
■Cheap Trick
「I Want You To Want Me」
「Surrender」
■The Cardigans
「Carnival」
「Lovefool」
■The Carpenters
「Close To You」
「Top Of The World」
「Yesterday Once More」
「A Song For You」
「Superstar」
「Rainy Days And Mondays」
「We've Only Just Begun」
■Cat Stevens
「Morning has broken」
■Char
「Smoky」
「気絶するほど悩ましい」
■CHARA
「やさしい気持ち」
「ラブラドール」
■Charlie Sexton
「Beat's So Lonely」
「Hold Me」
■CHEMISTRY
「Point of No Return」
「PIECES OF A DREAM」
■CHICAGO
「HARD TO SAY I'M SORRY」
■Chris de Burgh
「So Beautiful」
■Chris Rea
「Heaven」
「On The Beach」
■Christopher Cross
「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」
■CHUMBAWAMBA
「Tubthumping」
■The Clash
「London Calling」
「Jimmy Jazz」
「Lost in the Supermarket」
「Rock The Casbah」
「I Fought The Law」
「Should I Stay Or Should I Go」
「London's Burning」
「Tommy Gun」
「Bankrobber」
「Safe European Home」
■Clementine
「Jeremie」
■COCCO
「ジュゴンの見える丘」
「強く儚い者たち」
「音速パンチ」
■Coldplay
「Gravity」
「Yellow」
「Viva La Vida」
■COMPLEX
「Be My Baby」
■COSMETICS
「LOVE IS ALL」
■CREAM
「White Room」
「Sunshine of Your Love」
■Crowded House
「Don't Dream It's Over」
■Crystal Kay
「恋におちたら」
「Kiss」
■Culture Club
「Do you really want to hurt me」
「Church Of The Poison Mind」
■Cune
「SAMURAI DRIVE」
■The Cure
「The Caterpillar」
■Curtis Mayfield
「So In Love」
■Cutting Crew
「I Just Died In Your Arms Tonight」
■Cyndi Lauper
「Time After Time」
「True Colors」
■ちあきなおみ
「夜へ急ぐ人」
「星影の小径」
「黄昏のビギン」
「喝采」
■チャットモンチー
「風吹けば恋」
「シャングリラ」
「世界が終わる夜に」

◆◆◆D◆◆◆
■Daft Punk
「One More Time」
「Digital Love」
「Harder, Better, Faster, Stronger」
「Around The World」
「Robot Rock」
「Da Funk」
「Fresh」
■The Damned
「Neat Neat Neat」
■Dan Fogelberg
「Longer」
■DA PUMP
「Rhapsody in Blue」
「Feelin'Good ~It's PARADISE~」
「Special Medley」
■The Darkness
「I believe in a thing called love」
■David Bowie
「Heroes」
「Fame」
「Starman」
「Ziggy Stardust」
「China Girl」
「Dancing in the Street」
「Let's Dance」
「Space Oddity」
「The Alabama song」
■David Bowie & Mick Jagger
「Dancing In The Street」
■David Sylvian
「Red Guitar」
「Darkest Dreaming」
「September」
「Nostalgia」
「Brilliant Trees」
「The Ink In The Well」
「Bamboo Music」
■David Sylvian & Mick Karn
「When Love Walks In」
■David Sylvian & Yano Akiko
「Good night」
■Dead or Alive
「You Spin Me Round」
■Deele
「Two Occasions」
■Deep Forest
「Sweet Lullaby」
「Kisangyalom」
「The sound of Africa」
「End of the World」
■Deep Purple
「Highway Star」
「Burn」
「Smoke On The Water」
■Def Tech
「My Way」
「Konomama」
■Depapepe
「バッヘルベルのカノン」
「START」
「ONE」
「SPUR」
「Summer Parade」
■Depeche Mode
「Just can't get enough」
■Desireless
「Voyage Voyage」
■Destiny's Child
「Survivor」
■Devo
「Satisfaction」
■Dexys Midnight Runners
「Come On Eileen」
■Diana Krall
「Just The Way You Are」
■Diana Ross
「If We Hold On Together」
■Dir En Grey
「Ain't Afraid to Die」
■Dire Straits
「Sultans of Swing」
■DISCOPARTY BROTHERS
「Disco, Disco! Party, Party!」
■DISCO TWINS
「JuicyJungle feat.吉川晃司」
■doa
「心のリズム飛び散るバタフライ」
■Do As Infinity
「ナイター」
■Donald Fagen
「I.G.Y.」
「New Frontier」
■Don Henley
「The Boys of Summer」
■Donna Summer
「Protection」
■Donovan
「Catch The Wind」
■The Doobie Brothers
「Long Train Runnin'」
「Listen To The Music」
■The Doors
「Light My Fire」
「The end」
■Dragon Ash
「Life Goes On」
「FANTASISTA」
「CALLIN'」
「夢で逢えたら」
「静かな日々の階段を」
「Grateful Days」
「陽はまたのぼりくりかえす」
「Grateful Days」
■Duran Duran
「New Moon on Monday 」
「The Reflex」
「Rio」
「Girls On Film」
「Save a Prayer」
「Hungry Like The Wolf」
■電気グルーヴ
「N.O.」
「ポポ」
「Shangri La」
■堂本剛
「はじまりはいつも雨」
「ORIGINAL COLOR」
「街」

◆◆◆E◆◆◆
■EAGLES
「HOTEL CALIFORNIA」
「Take it easy」
■Earth, Wind & Fire
「September」
「Fantasy」
「Let's Groove」
■Echo & The Bunnymen
「Lips Like Sugar」
■Edith Piaf
「La Vie En Rose」
■Eighth Wonder
「I'm not Scared」
■Elaine Paige
「Don't Cry For Me Argentina」
■Elefantes
「Azul」
■Elliott Yamin
「You Say」
■E.L.P.
「Knife Edge」
■Elton John
「Goodbye yellow brick road」
「Your Song」
「Candle In The Wind」
■Elvis Costello
「I wanna be loved」
「She」
「Veronica」
「Smile」
■Elvis Presley
「Can't Help Falling In Love」
「Crying in the Chapel」
「Suspicious Mind」
「Bridge Over Troubled Water」
「My Way」
「Amazing Grace」
「Love Me Tender」
「Always On My Mind」
■Elvis Presley Vs JXL
「A little less conversation」
■Embrace
「Gravity」
■Emilie Autumn
「Misery loves company」
■Eminem
「Like Toy Soldiers」
「MOCKINGBIRD」
「Stan」
「Lose Yourself」
■Emmylou Harris
「For No One」
「The Maker」
■ENDLICHERI☆ENDLICHERI
「街」
「ソメイヨシノ」
■Enigma
「Gravity of Love」
「The return to innocence」
■Enya
「Caribbean Blue」
「Orinoco Flow」
「It's In The Rain」
「Adiemus」
「The Celts」
「Amarantine」
「Only Time」
「I Want Tomorrow」
「On My Way Home」
「Anywhere Is」
「Evening Falls」
「Book Of Days」
「Wild Child」
「Only If」
「Storms In Africa」
■Epica
「Never Enough」
■Eric Clapton
「Tears in Heaven」
「Wonderful Tonight」
「Layla」
「I shot the sheriff」
「Change the world」
「Crossroads」
「Cocaine」
■Eurythmics
「There Must Be An Angel (Playing With My Heart)」
「Sweet Dreams (Are Made Of This)」
■Evanescence
「Hello」
「My Immortal」
「Lithium」
「Bring Me To Life」
「Call Me When You're Sober」
「Haunted」
「Whisper」
「Taking Over Me」
「Going Under」
「Everybody's Fool」
「Tourniquet」
■Exile
「Choo Choo Train」
「Ti Amo」
■Extreme
「More than words」
■エレファントカシマシ
「今宵の月のように」
「悲しみの果て」
「化ケモノ青年」
「歴史」

◆◆◆F◆◆◆
■The Faces
「I'm Losing You」
■Fats Domino
「Blueberry hill」
■Fine Young Cannibals
「She Drives Me Crazy」
「Johnny Come Home」
「Suspicious Minds」
■Fire Inc.
「Tonight Is What It Means To Be Young」
■The Flaming Lips
「Race For The Prize」
■Fleet Foxes
「He Doesn't Know Why」
■Fleetwood Mac
「Big Love」
■Flo Rida
「Right Round」
■Foo Fighters
「The Pretender」
■Frank Sinatra
「Fly Me to the Moon Lyrics」
「Moon River」
■Frankie Goes To Hollywood
「Relax (Don't Do It)」
■Frankie J
「More Than Words」
■Franz Ferdinand
「Ulysses」
■Fugees
「Killing me softly」
■FUNKY MONKEY BABYS
「そのまんま東へ」
「ちっぽけな勇気」
「Lovin' Life」
■The Fuzztones
「Bad News Travels Fast」
■風来坊
「幻影(イリュージョン)」
■王菲
「Bohemian Rhapsody」
■福田眞純 and SUPER MILK
「ストーンヘンジ」
■福山雅治
「vs. ~知覚と快楽の螺旋~」
「milk tea」
「squall」
「最愛」
「蛍」
「桜坂」
「明日の☆SHOW」
「虹」
「Message」
「It's Only Love」
「Hello」
「あの夏も 海も 空も」
■藤木一惠
「Sunny Day」
「灯火」
■布施明
「君は薔薇より美しい」
■古内東子
「銀座」
「誰より好きなのに」
「purple」
「大丈夫」
「Distance」

◆◆◆G◆◆◆
■GABRY PONTE
「The Point of no Return」
■GAO
「サヨナラ」
■GARI
「Hey Now!」
■Gary Moore
「Separate ways」
■GEN
「バラ色の人生」
■Gene Kelly
「I'm Singing in the rain」
■Generation X
「King Rocker」
■George Baker
「Little Green Bag」
■George Harrison
「While My Guitar Gently Weeps」
■Gilbert O'Sullivan
「Alone Again」
■Gladys Knight & The Pips
「You Are The Best Thing That Ever Happened To Me」
■GLAY
「pure soul」
「とまどい」
「Summer FM」
「ALL STANDARD IS YOU」
「BELOVED」
「VERB」
「誘惑」
「Winter Again」
「HOWEVER」
「逢いたい気持ち」
「グロリアス」
「SOUL LOVE」
「Missing You」
「Way of Difference」
「BEAUTIFUL DREAMER」
「Happiness」
「ここではないどこかへ」
「サバイバル」
「BE WITH YOU」
「ひとひらの自由」
■GLAY×hyde
「誘惑+HONEY」
■Glenn Medeiros
「Nothing's Gonna Change My Love For You」
■globe
「Can't Stop Fallin' in Love」
「departure」
「Feel Like dance」
「Love again」
「SWEET PAIN」
「GET WILD」
「FACE」
■Gloria Estefan & Miami Sound Machine
「Conga」
■GO-BANG'S
「あいにきて I NEED YOU」
「SPECIAL BOYFRIEND」
■Gorillaz
「Clint Eastwood」
「Feel Good Inc.」
■Grand Funk Railroad
「The Locomotion」
■Greyson Chance
「Paparazzi」
■GReeeeN
「愛唄」
「キセキ」
「遥か」
「歩み」
「扉」
■GREEN DAY
「Know Your Enemy」
■THE GROOVERS
「狂おしきこの世界」
■Guns N Roses
「Knocking On Heaven's Door」
「Welcome To The Jungle」
■雅夢
「愛はかげろう」
■郷ひろみ
「よろしく哀愁」
「GOODBYE DAY」

◆◆◆H◆◆◆
■HALCALI
「タンデム」
「やさしい気持ち」
■HAMILTON, JOE FRANK & REYNOLDS
「DON'T PULL YOUR LOVE」
■Hanoi Rocks
「Malibu Beach Nightmare」
■Heart
「Alone」
「Never」
■hide
「Beauty&Stupid」
「Hurry Go Round」
「doubt」
「In motion」
「TELL ME」
「限界破裂」
「flame」
「TELL ME」
「DICE」
■hide with Spread Beaver
「Ever Free」
「Rocket Dive」
「ピンクスパイダー」
■↑THE HIGH-LOWS↓
「ミサイルマン」
「日曜日よりの使者」
「青春」
「フルコート」
「ハスキー」
「不死身の花」
「ロッキンチェアー」
「グッドバイ」
「スーパーソニックジェットボーイ」
「Happy Go Lucky」
「月光陽光」
「罪と罰」
「FLOWER」
「Too Late To Die」
「サンダーロード」
「いかすぜOK」
「相談天国」
■Hilcrhyme
「大丈夫」
「春夏秋冬」
「純也と真菜実」
■hitomi
「SAMURAI DRIVE」
「Maria」
「CANDY GIRL」
「LOVE 2000」
「by myself」
「there is...」
「キミにKISS」
「problem」
「flow」
「体温」
「innocence」
「in the future」
■Honey Drippers
「Sea of Love」
■HOTEI VS RIP SLYME
「BATTLE FUNKASTIC」
■Howard Jones
「What is Love?」
■Hubert Kah
「Angel 07」
■Human League
「Don't You Want Me」
■Hyde
「Glamorous Sky」
■ハナレグミ
「光と影」
■ハナレグミ&忌野清志郎
「サヨナラCOLOR」
■早瀬優香子
「硝子のレプリカント」
■原田真二
「てぃーんずぶるーす」
「Candy」
■氷室京介
「KISS ME」
■平原綾香
「Jupiter」
■細川ふみえ
「スキスキスー」
■布袋寅泰
「POISON」
「Fly Into Your Dream」
「GUITARHYTHM」
「Glorious days」
「NOCTURNE No.9」
「LONELY★WILD」
「The Godfather」
「BATTLE WITHOUT HONNOR OR HUMANITY」
「RUSSIAN ROULETTE」
「バンビーナ」
「スリル」
「サレンダー」
「BEAT EMOTION」
「ラストシーン」
「C'MON EVERYBODY」
「MERRY-GO-ROUND」
「Replicant」
「CHANGE YOURSELF」
「さらば青春の光」
「DANCING WITH THE MOONLIGHIT」
「STARMAN」
「Captain Rock」
「VAMPIRE」
「ROCKET DIVE」
「DESTINY ROSE」
「NOBODY IS PERFECT」
「RADIO!RADIO!RADIO!」
「SLOW MOTION」
「薔薇と雨」
「GUITAR LOVES YOU」
■布袋寅泰と木村拓也
「BORN TO BE WILD」
■本城裕二
「夢 with You」

◆◆◆I◆◆◆
■Ian Dury & The Blockheads
「Sex And Drugs And Rock n Roll」
■Iggy Pop
「The Passenger」
「Lust For Life」
■Iggy Pop & Ryuichi Sakamoto
「Risky」
■Il Divo
「Without You」
■INORAN
「Gravity」
■Iron Maiden
「Fear Of The Dark」
■Isley Brothers
「Between The Sheets」
■IVAN
「Love Me Tender」
■石川セリ
「ムーンライト・サーファー」
「ダンスはうまく踊れない」
「遠い海の記憶」
「八月の濡れた砂」
「朝焼けが消える前に」
「ひとり芝居」
「ミッドナイト・ラブ・コール」
■石川秀美
「ゆ・れ・て湘南」
■石川ひとみ
「まちぶせ」
■伊勢正三
「ほんの短い夏」
■一世風靡セピア
「前略、道の上より」
■稲垣潤一
「ロング・バージョン」
「ドラマティックレイン」
「夏のクラクション」
■犬神サーカス団
「最後のアイドル」
■井上陽水
「傘がない」
「Make-up Shadow」
「いっそセレナーデ」
「とまどうペリカン」
「氷の世界」
「なぜか上海」
「ジェラシー」
「夢の中へ」
「結詞」
「帰れない二人」
「リバーサイドホテル」
「新しいラプソディー」
「最後のニュース」
「心もよう」
「飾りじゃないのよ涙は」
「東へ西へ」
「少年時代」
■今井美樹
「Pride」
「Piece of my wish」
■忌野清志郎
「サン・トワ・マミー」
「パパの歌」
「イマジン」
「上を向いて歩こう」
■忌野清志郎+坂本龍一
「い・け・な・いルージュマジック」
■忌野清志郎&矢野顕子
「ひとつだけ」

◆◆◆J◆◆◆
■Jackson 5
「Ben」
「I'll Be There」
■Jake Shimabukuro
「時の過ぎゆくままに」
■THE JAM
「IN THE CITY」
■James Brown
「I Feel Good」
「Sex Machine」
■James Carr
「The Dark End Of The Street」
■Jane Birkin
「Yesterday Yes A day」
■Janis Joplin
「Summertime」
「Mercedes Benz」
「Cry Baby」
「Try」
「Piece of My Heart」
「Move Over」
■Japan
「Ghosts」
「Night Porter」
「Visions Of China」
「Gentlemen Take Polaroids」
「Nightporter」
「Methods of Dance」
「Life In Tokyo」
「Alien」
「Fall in love with me」
「Quiet Life」
「Halloween」
「Despair」
「I Second That Emotion」
「Don't Rain On My Parade」
「Art of Parties」
「Adolescent Sex」
「Sometimes I Feel So Low」
「European Son」
「Cantonese Boy」
■Jason Mraz
「I'm Yours」
■JAYWALK
「何も言えなくて・・・夏」
■Jefferson Airplane
「Somebody to Love」
■Jessica Simpson
「Take My Breath Away」
■Jet
「Look what you've done」
「Are you gonna be my girl」
■Jevetta Steele
「Calling you」
■J. Geils Band
「Centerfold」
■JIGSAW
「SKY HIGH」
■Jimi Hendrix
「Purple Haze」
「Voodoo Child」
「Hey Joe」
「Castles Made of Sand」
■Jim Photoglo
「We Were Meant To Be Lovers」
■JITTERIN' JIN'
「プレゼント」
「夏祭り」
「エヴリディ」
■Joan Jett & the Blackhearts
「I Love Rock N Roll」
■John Coltrane
「My Favorite Things」
■John Farnham
「You're The Voice」
■John Lennon
「Starting Over」
「Imagine」
「Jealous Guy」
「Love」
「Woman」
「Stand by me」
「Happy Christmas (War Is Over)」
「Mother」
「Beautiful Boy」
■John Mayer
「gravity」
■John Travolta
「Sandy」
■Joni Mitchell
「California」
■Journey
「Don't Stop believing」
「Open Arms」
「Oh Sherry」
「Separate Ways」
■Judy and Mary
「イロトリドリノセカイ」
「そばかす」
「クラシック」
「くじら12号」
「ミュージックファイター」
「ひとつだけ」
「手紙をかくよ」
「ラブリーベイベー」
「Over Drive」
「散歩道」
「Brand New Wave Upper Ground」
■JUJU
「奇跡を望むなら・・・」
「素直になれたら」
「明日がくるなら」
■JULEPS
「旅立つ日」
■Julie London
「Cry me a river」
「Fly me to the moon」
「Misty」
「The End of the World」
「Black Coffee」
「Bye Bye Blackbird」
「Days of wine and roses」
「Wives and Lovers」
「My Funny Valentine」
「The Good Life」
「I Left My Heart In San Francisco」
「Come Rain Or Come Shine」
「My Baby Just Cares For Me」
「Let There Be Love」
■ジューシィ・フルーツ
「恋はベンチシート」
「ジェニーはご機嫌ななめ」
「なみだ涙のカフェテラス」
「そんなヒロシに騙されて」

Today's GRAVITUBE(K~Z)
◆◆◆K◆◆◆
■Kajagoogoo
「Too Shy」
■Kalafina
「Lacrimosa」
「Fairytale」
「Storia」
「Sprinter」
■Kaoma
「Lambada」
■Kasabian
「Underdog」
■Kate Bush
「Wuthering Height」
■Kelly Clarkson
「Without You」
■Keziah Jones
「My Kinda Girl」
■The Killers
「Read My Mind」
■Kim Carnes
「Bette Davis Eyes」
■Kim Wilde
「You Keep Me Hangin' On」
■KinKi Kids
「カナシミ ブルー」
「愛のかたまり」
「硝子の少年」
「愛されるより 愛したい」
「ジェットコースター・ロマンス」
「フラワー」
「好きになってく 愛してく」
「ボクの背中には羽根がある」
「情熱」
「カナシミ ブルー」
「永遠のBLOODS」
「薄荷キャンディー」
「約束」
「スワンソング」
■KISS
「I WAS MADE FOR LOVING YOU」
「Forever」
「Rock And Roll All Nite」
■The Knack
「My Sharona」
■KOH+
「最愛」
「KISSして」
「vs~知覚と快楽の螺旋」
■Korn
「Make Me Bad」
■KREVA
「音色」
■KUSU KUSU
「San-Hai 」
「オレンジ バナナ」
■Kylie Minogue
「Turn It Into Love」
■柏原芳恵
「ハロー・グッバイ」
■加藤いづみ
「好きになって、よかった」
■かとうれいこ
「Moonlight Surfer」
■角松敏生
「You're my only shinin' star」
■金井夕子
「パステルラヴ」
■かの香織
「午前2時のエンジェル」
■華原朋美
「Hate tell a lie」
「I'M PROUD」
■カブキ・ロックス
「OEDO」
「好色一代男」
■紙ふうせん
「冬が来る前に」
「翼をください」
■川井郁子
「Libertango」
■川村かおり
「ZOO」
「翼をください」
「道」
「アイル・ビー・ゼア」
■かりゆし58
「ただひとつだけ伝えたいこと」
■氣志團
「さよなら世界」
「One Night Carnival」
「夢見る頃を過ぎても」
「湾岸夜想曲 ~ルシファーズハンマー'94~」
■来生たかお
「Goodby day」
「夢の途中」
「シルエットロマンス」
「スローモーション」
「セカンドラブ」
「Alone Again」
「マイラグジュアリーナイト」
■吉川晃司
「アクセル」
「KISSに撃たれて眠りたい」
「ジェラシーを微笑みにかえて」
「恋をとめないで」
「せつなさを殺せない」
「モニカ」
「LA VIE EN ROSE」
「YOU GOTTA CHANCE」
「せつなさを殺せない」
「RAIN-DANCEがきこえる」
「MODERNTIME」
「サヨナラは八月のララバイ」
「キャンドルの瞳」
「Virgin Moon」
「SPEED」
「Glow In The Dark」
「ベイビージェーン」
■吉川晃司Xうじきつよし
「YOU GOTTA CHANCE」
■木村カエラ
「リルラ リルハ」
「Butterfly」
■清春
「Layra」
「初恋」
「ロングバージョン」
「防人の詩」
「忘却の空」
■清春 and TM Revolution
「激しい雨が」
■筋肉少女帯
「サボテンとバントライン」
「アウェー イン ザ ライフ」
「踊るダメ人間」
「釈迦」
「これでいいのだ」
「再殺部隊」
「蜘蛛の糸」
「君よ!俺で変われ!」
「日本印度化計画 」
「元祖 高木ブー伝説」
■くず
「ムーンライト」
■工藤静香
「慟哭」
「MUGO・ん・・・色っぽい」
■久保田利伸
「夢 with You」
「LOVE RAIN ~恋の雨~」
「君のそばに」
「LA・LA・LA LOVE SONG」
「夜に抱かれて」
「Always Remain」
「雨音」
「Soul Mate ~君がいるから~」
「LOVE REBORN」
「北風と太陽」
「八番目の虹の色」
「Always Remain」
「ポリ リズム」
「Missing」
■クリエイション
「ロンリー・ハート」
■グループ魂
「竹内力」
■くるり
「ロックンロール」
■クレイジーケンバンド
「タイガー&ドラゴン」
■黒夢
「BEAMS」
「Like @ Angel」
「Maria」
「ピストル」
「ICE MY LIFE」
「少年」
■桑江知子
「私のハートはストップモーション」
■桑田佳祐
「I Need To Be In Love」
■桑田佳祐&桜井和寿
「希望の轍」
■ケツメイシ
「花鳥風月」
「さくら」
「出会いのかけら」
「夏の思い出」
■研ナオコ
「かもめはかもめ」
「夏をあきらめて」
「わかれうた」
「泣かせて」
「あばよ」
「愚図」
「追いかけてヨコハマ」
■小泉今日子
「ひとり街角」
「木枯らしに抱かれて」
「あなたに会えてよかった」
「まっ赤な女の子」
「やつらの足音のバラード」
■子供ばんど
「サマータイムブルース」
■小林麻美
「雨音はショパンの調べ」
■小柳ゆき
「Over The Rainbow」
「会いたい」
「誓い」
「ON THE RADIO」
「Woman Is the Nigger of the World」
「Lovin' you」
「最後に記憶を消して」
■小柳ルミ子
「星の砂」

◆◆◆L◆◆◆
■L'Arc~en~Ciel
「虹」
「flower」
「winter fall」
「DIVE TO BLUE」
「HONEY」
「花葬」
「浸食 ~lose control~」
「forbidden lover」
「snow drop」
「Driver's High」
「Pieces」
「LOVE FLIES」
「NEO UNIVERSE」
「STAY AWAY」
「READY STEADY GO」
「自由への招待」
「NEXUS 4」
「BLESS」
■Labuat
「Soy tu Agua en Directo」
■Lady Gaga
「Poker Face」
「Paparazzi」
「Bad Romance」
「Telephone ft. Beyoncé」
■LANDS
「BANDAGE」
■LAUGHIN' NOSE
「GET THE GLORY」
■Led Zeppelin
「Stairway To Heaven」
「Rock'n Roll」
「Black Dog」
「Heartbreaker」
■LEIF GARRETT
「I WAS MADE FOR DANCIN’」
■Lenny Kravitz
「Are You Gonna Go My Way」
「Believe」
「American Woman」
「Fly Away」
「Lady」
■Leningrad Cowboys
「My Way」
「Leningrad」
■Leonard Cohen
「Hallelujah」
「Democracy」
■Limahl
「Too Shy」
■Lily Allen
「The Fear」
■Linkin Park
「New Divide」
■LITTLE CREATURES
「THINGS TO HIDE」
■LL Cool J
「Mama Said Knock You Out」
■LOSALIOS
「SICK」
「jumping skin divers」
「Hit Man」
「Repo Man」
■Louis Armstrong
「What a Wonderful World」
■LOVE PSYCHEDELICO
「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」
「Your Song」
「Last smile」
「Free World」
「I will be with you」
「裸の王様」
「I am waiting for you」
「My last fight」
「fantastic world」
「Right now」
「Aha!(All We Want)」
■LUNA SEA
「ROSIER」
「END OF SORROW」
「IN SILENCE」
「STORM」
「SHINE」
「I for You」
「gravity」

◆◆◆M◆◆◆
■m-flo loves Lisa
「come again」
■Madness
「One Step Beyond」
「Swan Lake」
「My Girl」
「Nightboat to Cairo」
「Driving In My Car」
「Our House」
「In the City」
■Madonna
「Like A Prayer」
「Miles Away」
「Hung Up」
「Vogue」
「La Isla Bonita」
「Papa Don't Preach」
「Crazy For You」
「Like A Virgin」
■Malcolm Mclaren
「Buffalo gals」
■The mamas and the papas
「California dreamin」
■Mando Diao
「Sheepdog」
■Mariah Carey
「All I want for Christmas is you」
「Without You」
■Marilyn Manson
「The Beautiful People」
「Rock Is Dead」
「Antichrist Superstar」
「Sweet Dreams (Are Made Of This)」
■Marty Balin
「Hearts」
■Marvin Gaye
「What's Going On」
■Mary.J.Blige feat.U2
「ONE」
■Matisyahu
「King Without A Crown」
■Melody Gardot
「Goodnite」
「Gone」
「Some Lessons」
「Worrisome Heart」
「Baby I'm a Fool」
「Somewhere over the rainbow」
「All That I Need Is Love」
「Wade In The Water」
「Ain't No Sunshine」
■M.C.HOSO
「Changes」
■Men at work
「Land down under」
■ME&MY
「Dub-I-Dub」
■Michael Jackson
「Heal The World」
「SMOOTH CRIMINAL」
「Bad」
「Billie Jean」
「Remember The Time」
「Thriller」
「Who Is It ?」
「Human Nature」
「Earth Song」
「Man In The Mirror」
「Smile」
「On The Line」
「Dangerous」
「Black Or White」
「Heal The World」
「They Don't Care About Us」
■Michael Jackson and Janet Jackson
「Scream」
■Michael Monroe
「Dead,Jail or Rock n' Roll」
■Michael Nyman
「The heart asks pleasure first」
■MiCHeL PoLNareFF
「HoLiDayS」
■THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
「スモーキン・ビリー」
「リリィ」
「I was walkin' & sleepin'」
「ゲット・アップ・ルーシー」
「キャンディ・ハウス」
「DEADMANS GALAXY DAYS」
「バードメン」
「世界の終わり」
「GT400」
「ゲット・アップ・ルーシー」
「GWD」
「ジプシーサンデー」
「暴かれた世界」
「ドロップ」
「マシュマロモンスター」
「ダニー・ゴー」
「エレクトリックサーカス」
「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」
「Hi!China」
「アウト・ブルーズ」
「カルチャー」
「Revolver Junkies」
「ジャブ」
「フリー・デビル・ジャム」
「赤毛のケリー」
「チェルシー」
■Mike Oldfield
「Tubular bells」
■Miley Cyrus
「The Climb」
■Milli Vanilli
「Girl, I'm gonna Miss You」
■Minnie Riperton
「Loving you」
■Misia
「Everything」
■Miss Monday
「The Light」
■THE MODS
「激しい雨が」
「TWO PUNKS」
「バラッドをお前に」
■MONGOL800
「小さな恋のうた」
■The Monkees
「Daydream Believer」
■MONTA、BIG BEAR & 卍LINE
「ありがとう」
■Moody Blues
「Tuesday Afternoon」
■Moulin Rouge
「Boys Don't Cry」
■Mr. Big
「To Be With You」
■Mr. Children
「Youthful Days」
「名もなき詩」
「HANABI」
「しるし」
「くるみ」
「Any」
「優しい歌」
「終わりなき旅」
「ニシエヒガシエ」
「Tomorrow never knows」
「innocent world」
「抱きしめたい」
「タガタメ」
「Over」
「Sign」
「and I love you」
■Mr. Zivago
「Little Russian」
■the MTV All Stars
「What's Going On?」
■MUNEHIRO
「LUV」
「ヒノマルパワー~君の力~」
「最後の夜」
■Mute Beat
「Coffia」
■My Chemical Romance
「Cancer」
「I Don't Love You」
■My Little Lover
「Man & Woman」
「Destiny」
「Hello, Again ~昔からある場所~」
「ALICE」
「Now And Then~失われた時を求めて~」
■マキシマム ザ ホルモン
「絶望ビリー」
「恋のメガラバ」
「ぶっ生き返す!!」
■増田ジゴロウ
「東工大の歌」
「電通大の歌」
「カボチャーマンの歌」
「三島のうた」
「熱海のうた」
「狭山のうた」
「練馬のうた」
「開成のうた」
「偽ハマッ子ブルース」
「武田信玄公のうた」
■松田優作
「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」
■マルコシアス・バンプ
「オレンジ色の月」
「独房のマリー」
「FAKE」
「バラが好き」
■丸山圭子
「どうぞこのまま」
■まんが道
「ボヨヨンロック」
■卍LINE
「THE DAY」
「Burn di Jerass」
「Center Entertainer」
「IKIRO」
「Kouun No Megami」
■水谷豊
「カリフォルニア・コネクション」
「やさしさ紙芝居」
■水谷豊with松田優作
「心もよう」
■美空ひばり
「りんご追分」
「愛燦燦」
「川の流れのように」
「My Way」
「港町十三番地」
「Stardust」
「悲しい酒」
「真赤な太陽」
■南沙織
「17才」
「人恋しくて」
「春の予感」
「色づく街」
■ミニモニ。
「ミニモニ。テレフォン!リンリンリン」
「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」
■みのや雅彦
「手紙」
■美輪明弘
「ヨイトマケの唄」
■村下孝蔵
「初恋」
■明和電機
「地球のプレゼント」
「明和電機社歌」
■モーニング娘。
「LOVEマシーン」
■モダンチョキチョキズ
「素敵なランデヴー」
■森進一
「冬のリヴィエラ」
■森田童子
「ぼくたちの失敗」

◆◆◆N◆◆◆
■NANA starring MIKA NAKASHIMA
「Glamorous Sky」
「一色」
■Nat King Cole
「Too Young」
■THE NEWS
「Pops」
「もっと自由に!'89」
■Nilsson
「Without You」
■Nine Inch Nails
「Hurt」
■Nirvana
「Smells like teen spirit」
「Breed」
■N.M.L.
「Zero Landmine」
■Nokko
「人魚」
■Nolans
「I'm in The Mood For Dancing」
「Sexy Music」
■Norah Jones
「Come away with me」
「Dont Know Why」
「She」
■N.S.P
「夕暮れ時はさびしそう」
■Nuno
「Fine By Me」
■ナイス橋本
「キンミライ」
■中川あゆみ
「事実~12歳で私が決めたコト~」
■中島美嘉
「雪の華」
「STARS」
「ONE SURVIVE」
■中島みゆき
「悪女」
「ファイト」
「ひとり上手」
「時代」
「春なのに」
「うらみ・ます」
「わかれうた」
「宙船」
「かもめはかもめ」
「あばよ」
■中谷美紀
「砂の果実」
「クロニック・ラブ」
■中西保志
「Missing」
■長渕剛
「順子」
■中村中
「友達の詩」
「冗談なんかじゃないからネ」
「汚れた下着」
「私の中の「いい女」」
「愚痴」
「あたしを嘲笑ってよ」
「The End Of The World」
■中森明菜
「温り」
「セカンド・ラブ」
「北ウイング」
「少女A」
「スローモーション」
■渚ゆう子
「京都の恋」
■人間椅子
「針の山」
「陰獣」
■野本かりあ
「瞳の中にミラーボール」

◆◆◆O◆◆◆
■O-Zone
「Dragostea Din Tei」
■Oasis
「Whatever」
■OLIVIA
「できない」
「Dear Angel」
■Olivia Newton-John
「Have you never been mellow」
「Jolene」
「Take Me Home, Country Roads」
■ORANGE RANGE
「花」
「以心電信」
「Asterisk」
「ラヴ・パレード」
■Orchestral Manoeuvres In The Dark
「Enola Gay」
■Orianthi
「According To You」
■Otis Redding
「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」
■大黒摩季
「チョット」
■大澤誉志幸
「ガラス越しに消えた夏」
「そして僕は途方に暮れる」
「ラヴィアンローズ」
■大滝詠一
「幸せな結末」
「さらばシベリア鉄道」
「夏のリビエラ」
「恋するカレン」
「君は天然色」
「カナリア諸島にて」
「ペパーミント・ブルー」
■大塚愛
「金魚花火」
「CHU-LIP」
■大橋のぞみ
「崖の上のポニョ」
■岡村靖幸
「だいすき」
■小椋佳
「さらば青春」
「愛燦々」
「俺たちの旅」
「少しは私に愛を下さい」
「揺れるまなざし」
「シクラメンのかほり」
「ただお前がいい」
■小椋佳 & 美空ひばり
「愛燦燦」
■小倉優子
「オンナのコ・オトコのコ」
■尾崎亜美
「オリビアを聞きながら」
「マイ・ピュア・レディ」
「ボーイの季節」
「春の予感~I've been mellow~」
「あなたの空を翔びたい」
「伝説の少女」
「天使のウィンク」
■尾崎豊
「I LOVE YOU」
「尾崎豊 - 15の夜」
「尾崎豊 - 僕が僕であるために」
「卒業」
「尾崎豊- OH MY LITTLE GIRL」
「シェリー」
■鬼束ちひろ
「螺旋」
「月光」
「いい日旅立ち・西へ」
■オリジナル・ラヴ
「接吻」
「STARS」
「サンシャインロマンス」
「朝日のあたる道」

◆◆◆P◆◆◆
■Paramore
「When It Rains」
■Pat Benatar
「Invincible」
■Paul Davis
「I go Crazy」
■PENGIN
「世界に一人のシンデレラ feat. U」
■Perfume
「ポリリズム」
「チョコレイト・ディスコ」
「リニアモーターガール」
「VOICE」
■Peter Gabriel & Kate Bush
「Don't Give Up」
■Peter Hammill
「Vision」
■Peter, Paul & Mary
「500 Miles」
■PET SHOP BOYS
「GO WEST」
「West End Girls」
「Always On My Mind」
「Did You See Me Coming?」
「I Don't Know What You Want...」
■PE'Z
「大地讃頌」
■Phil Collins
「You Can't Hurry Love」
■Phoebe Cates
「Paradise」
■PIERROT
「Last letter」
■Pink Floyd
「Echoes」
■PIZZICATO FIVE
「スウィート・ソウル・レヴュー」
■PLASTICS
「Good」
「COPY」
「ROBOT」
■Poco
「Rose Of Cimarron」
■The Police
「So Lonely」
「Every breath you take」
「De Do Do Do de Da Da Da」
「Message in a Bottle」
「The Police - Roxanne」
「Dont Stand So Close To Me」
「Sinchronicity」
■PoPoyans
「おとしもの」
■The Power Station
「Get It On (Bang A Gong)」
■The Presidents of the USA
「Lump」
■The pretenders
「Don't Get Me Wrong」
■PRINCE
「Black Sweat」
「Purple Rain」
「When Doves Cry」
「Little Red Corvette」
「KISS」
「Let's Go Crazy」
■Procol Harum
「A Whiter Shade Of Pale」
■Public Image Ltd.
「Anarchy In The UK」
■パーソンズ
「DEAR FRIENDS」
■パール兄弟
「バカヤロウは愛の言葉」
■プッチモニ
「ちょこっとLOVE」

◆◆◆Q◆◆◆
■Queen
「Somebody to love」
「Bohemian Rhapsody」
「Don't Stop Me Now」
「Killer Queen」
「Radio Ga Ga」
「I Was Born To Love You」
「Under Pressure」

◆◆◆R◆◆◆
■Rage Against The Machine
「Kick Out The Jams」
「Sleep Now In The Fire」
「Know Your Enemy」
「Bulls On Parade」
「Bombtrack」
「People of The Sun」
■The Ramones
「Pet Sematary」
■Randy Vanwarmer
「Just When I Needed You Most」
■Ray Charles
「Ellie My Love」
■RCサクセション
「スローバラード」
「雨上がりの夜空に」
「トランジスタ・ラジオ」
「ぼくの好きな先生」
「わかってもらえるさ」
「上を向いて歩こう」
「君が僕を知っている」
「キモちE」
「サマーツアー」
「つ・き・あ・い・た・い」
「ベイビー!逃げるんだ。」
「不思議」
「すべてはALRIGHT(YA BABY)」
「ラブ・ミー・テンダー」
「サマータイム・ブルース」
■Red Hot Chili Peppers
「Dani California」
「Under the bridge」
「Cant Stop」
「Right on time」
「By the way」
「Castle made of sand」
■R.E.M.
「Losing My Religion」
■The Rembrandts
「I'll Be There For You」
■remote
「NEVER BE」
■Restless Heart
「When She Cries」
■Return to Forever
「The Romantic Warrior」
■Richard Sanderson
「Reality」
■Richie Sambora
「It's my life」
■Rick Springfield
「Jessies girl」
■Rip Slyme
「One」
「黄昏サラウンド」
「楽園ベイベー」
「FANKASTIC」
「One」
■Rita Coolidge
「Don't Cry Out Loud」
「We're All Alone」
■RIZE
「HEIWA」
「ピンク スパイダー」
「ZERO」
「Live Or Die」
「Why I'm Me」
「Stand Up」
■Roberta Flack
「Killing Me Softly with his song」
■Robert Palmer
「Doctor Doctor」
■Robert Plant & Alison Krauss
「Gone Gone Gone (Done Moved On)」
■ROCKETMAN
「雲は流れて」
「FLY AWAY」
■TH eROCKERS
「涙のモーターウェイ」
「可愛いアノ娘」
■Rod Stewart
「Da Ya Think I'm Sexy」
「Have You Ever Seen The Rain」
「Maggie May」
「Sailing」
■The Rolling Stones
「Start Me Up」
「Paint It Black」
「ANGIE」
「Miss You」
「Waiting on a Friend」
「Brown Sugar」
「Wild Horses」
「Harlem Shuffle」
「Like A Rolling Stone」
「It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)」
「Satisfaction」
■ROSSO
「シャロン」
「星のメロディー」
「1000のタンバリン」
「アウトサイダー」
「惑星にエスカレーター」
「モーター・プール」
■Roxy Music
「Jealous Guy」
「More than this」
「Avalon」
「Love Is The Drug」
■Roy Orbison
「Only The Lonely」
「Crying」
「Oh, Pretty Woman」
「Unchained Melody」
「You Got It」
■The Rubettes
「Sugar baby love」
■RUI
「月のしずく」
■Rush
「Closer to the heart」
■The Ruts
「Babylon's Burning」
■リップスライムとくるり
「ラヴぃ」
■レッドウォーリアーズ
「ルシアンヒルの上で」
「WINE&ROSES」
■レベッカ
「Moon」

◆◆◆S◆◆◆
■Sade
「Cherish The Day」
「Smooth Operator」
「Soldier of Love」
「Kiss of Life」
「The Sweetest Taboo」
■Sadistic Mica Band Revisited
「タイムマシンにおねがい」
■Sads
「忘却の空」
「TOKYO」
「SANDY」
■Sananda Maitreya
「Dance Little Sister」
「Wishing Well」
「Supermodel Sandwich」
■Sara Bareilles
「gravity」
■Sarah Vaughan
「A Lover's concerto」
■SEAMO
「MOTHER」
■Sean Lennon
「FREED CF SONG」
■Serge Gainsbourg
「Sea, Sex And Sun」
■Sex Machineguns
「S.H.R.」
■The Sex Pistols
「Anarchy in the UK」
「My Way」
「God Save the Queen」
■SHOGUN
「Bad City」
■Shonen Knife
「Daydream believer」
■Simon Bolivar Youth Orchestra
「Star Wars」
「Mambo」
■Simon & Garfunkel
「Bridge over troubled water」
「Sound Of Silence」
「Scarborough Fair」
「Mrs. Robinson」
「America」
「The Boxer」
■Simply Red
「Stars」
「If You Don't Know Me By Now」
■Sinead Quinn
「I Can't Break Down」
■SION
「あまった優しさ」
「12号室」
「ありがてぇ」
「がんばれがんばれ」
「たまには自分を褒めてやろう」
「道があるなら」
「悲しいのは」
「冬の街は」
「このままが」
「夜しか泳げない」
「SORRY BABY」
「春夏秋冬」
「元気か?」
■Siouxsie & The Banshees
「Helter Skelter」
「Israel」
■Skeeter Davis
「The End Of The World」
■The Skids
「Into The Valley」
■Sly And The Family Stone
「Stand」
■SMAP
「らいおんハート」
「夜空ノムコウ」
■SMiLE.dk
「Butterfly」
■The Smiths
「Ask」
「Panic」
「Oscillate Wildly」
「Big Mouth Strikes Again」
「The Boy With The Thorn In His Side」
「Handsome Devil」
「Back To The Old House」
「How Soon Is Now?」
「This Charming Man」
「Heaven Knows I'm Miserable Now」
「Meat is Murder」
「I Know It's Over」
「Girlfriend In A Coma」
「There is a light that never goes out」
■SOFT BALLET
「WHITE SHAMAN」
■Sonic Youth
「Superstar」
「Sunday」
■SOPHIA
「ビューティフル」
「黒いブーツ」
「街」
「Place」
■Soul'd Out
「To All Tha Dreamers」
「Flyte Tyme」
「ウェカピポ」
■SoulJa
「ここにいるよfeat.青山テルマ」
■Sowelu
「誰より好きなのに」
「Glisten」
■Spandau Ballet
「True」
■SPECIAL OTHERS
「Laurentech」
「Life」
■SPEED
「my graduation」
■Spice Girls
「Wannabe」
■Spontania feat.JUJU
「君のすべてに」
■Stephane Grappelli
「Blue Moon」
■Steppenwolf
「Born to be wild」
■Steve Harley & The Cockney Rebel
「Make Me Smile」
■Stevie Wonder
「I Just Called To Say I Love You」
■Sting
「Englishman in New York」
「Russians」
「Shape of my heart」
「Every Breath You Take」
■The Stranglers
「Golden Boy」
■Stray Cats
「Rock This Town」
■THE STREET BEATS
「I WANNA CHANGE」
「約束できない」
■The Street Sliders
「COME OUT ON THE RUN」
■The Style Council
「The Paris Match」
「My Ever Changing Moods」
「It's A Very Deep Sea」
「You're the best thing」
■The Stylistics
「I Can't Give You Anything But My Love」
■Sungha Jung
「With or Without You」
■Supercar
「STROBOLIGHTS」
「YUMEGIWA LAST BOY」
■Supertramp
「Breakfast in America」
■The Supremes
「Baby Love」
「Stop! In The Name Of Love」
「You can't hurry love」
「You Keep Me Hangin' On」
■Supremes Tribute Singers
「YOU CAN'T HURRY LOVE」
■Supersister
「Coffee」
■Susanna Hoffs
「Eternal Flame」
■SUZANNE VEGA
「Tom's Diner」
「Luka」
■Sylvian & Sakamoto
「Forbidden Colours」
■Sylvie Vartan
「La Plus Belle Pour Aller Danser」
「Irresistiblement」
「わんさか娘」
■斉藤和義
「歩いて帰ろう」
■堺正章
「さらば恋人」
「街の灯り」
■坂詰美紗子
「恋の誕生日」
「きっと大丈夫」
■坂本冬美 & ビリーバンバン
「また君に恋してる」
■坂本龍一
「Tibetan Dance」
「Energy Flow」
「Asience」
「戦場のメリークリスマス」
■さくらボーイズ
「初恋」
「東京クリスマス」
■叫ぶ詩人の会
「東京聖夜」
■サザンオールスターズ
「希望の轍」
「チャコの海岸物語」
「勝手にシンドバッド」
「いとしのエリー」
「栞のテーマ」
「Ya Ya (あの時代を忘れない)」
「ミス・ブランニュー・デイ」
「Bye Bye My Love (U are the one)」
「メロディ (Melody)」
「真夏の果実」
「涙のキッス」
「愛の言霊 ~Spiritual Message」
「LOVE AFFAIR ~秘密のデート~」
「HOTEL PACIFIC」
「LOVE POTION No.9」
■さだまさし
「飛梅」
■沢田研二
「時の過ぎゆくままに」
「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」
「危険なふたり」
「時の過ぎゆくままに」
「勝手にしやがれ」
「憎みきれないろくでなし」
「サムライ」
「ダーリング」
「カサブランカ・ダンディ」
「渚のラブレター」
「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」
「恋のバッド・チューニング」
「TOKIO」
「おまえにチェックイン」
「背中まで45分」
「AMAPOLA」
「LOVE (抱きしめたい)」
■サンボマスター
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
「世界をかえさせておくれよ」
■シーナ&ロケッツ
「ユー・メイ・ドリーム」
「レモンティー」
■椎名林檎
「真夜中は純潔」
「ありあまる富」
「歌舞伎町の女王」
「ここでキスして。」
「本能」
「幸福論」
「ギブス」
「罪と罰」
「りんごのうた」
■柴咲コウ
「最愛」
■嶋大輔
「男の勲章」
■清水健太郎
「失恋レストラン」
■修二と彰
「青春アミーゴ」
■湘南乃風
「純恋歌」
「睡蓮花」
「曖歌」
■白井ヴィンセント
「西東京のうた」
「小平と東村山のうた」
「熊谷のうた」
「福生のうた」
「青梅のうた」
「笛吹のうた」
「吉祥寺のうた」
「国分寺のうた ver.3」
「さいたま市のうた」
「二宮のうた(エレキ・ギター入り完全版)」
「川崎の女(ヴァージョンアップVer)」
■慎吾ママ
「慎吾ママのおはロック」
■スガシカオ
「夜空ノムコウ」
「愛について」
■すかんち
「恋するマリールー」
「恋のマジックポーション」
■スチャダラパー
「今夜はブギーバック」
■スチャダラパーfeat.小沢健二
「今夜はブギーバック」
■スナフキン
「おさびし山のうた」
■スピッツ
「スターゲイザー」
■反町隆史 with リッチー・サンボラ
「Forever」

◆◆◆T◆◆◆
■T-BOLAN
「離したくはない」
「Bye For Now」
「マリア」
「じれったい愛」
「LOVIN' YOU」
■T-Rex
「20th Century Boy」
■Take that
「Back for good」
■TALKING HEADS
「Psycho Killer」
「Once in a Lifetime」
「Road To Nowhere」
「Burning Down the House」
「Stay Hungry」
「Heaven」
「And She Was」
「Stop Making Sense」
「Thank You for Sending me an Angel」
■Tears For Fears
「Everybody Wants To Rule The World」
「Sowing the Seeds of Love」
「Shout」
■Ten Years After
「I'd love to change to world」
■Terence Trent D'arby
「Dance Little Sister」
「Wishing Well」
「Supermodel Sandwich」
■TERRY THE AKI-06
「正念場」
「裏庭独走最前線」
「速攻ROCK ON×あがれ」
■Thin Lizzy
「Whiskey in the jar」
■Thompson Twins
「Hold Me Now」
■Tight Fit
「The Lion Sleeps Tonight」
■THE TIMERS
「宗教ロック」
「あこがれの北朝鮮」
「トカレフ(精神異常者)」
「偽善者」
「FM Tokyo」
「タイマーズのテーマ」
「ロックン仁義」
「Love Me Tender」
■Timothy B.Schmit
「So much in Love」
■Todd Rundgren
「Real Man」
■TOKIO
「宙船」
■Tommy heavenly6
「Hey My Friend」
■Tom Waits
「Time」
「Downtown Train」
■Tori Amos
「A Sorta Fairytale」
■TOTO
「Rosanna」
「Africa」
■Tracy Chapman
「Talkin bout a revolution」
「Fast car」
■Twisted Sister
「Stay Hungry」
■平浩二
「バス・ストップ」
■竹内まりや
「不思議なピーチパイ」
「SEPTEMBER」
「元気を出して」
「家に帰ろう MY SWEET HOME」
■立花ハジメ
「H」
「Bambi」
「TaiyoSun」
「Theme From Hm」
「piano pillows going abstract」
「Chiken Consomme」
「Theme From Barricade」
「Mr. Techie & Miss Kipple」
「ROCK」
「There's No Disappointment In Jesus」
■田原俊彦
「抱きしめてTONIGHT」
■たま
「らんちう」
「さよなら人類」
■チューリップ
「青春の影」
「虹とスニーカーの頃」
■つじあやの
「風になる」
■土屋アンナfeat.MONKEY MAJIK
「GINGER」
■東京JAP
「摩天楼ブルース」
■東京スカパラダイスオーケストラ&甲本ヒロト
「星降る夜に」
■東京スカパラダイスオーケストラ&チバユウスケ
「ROSIE」
「カナリヤ鳴く空」
■東京パノラママンボボーイズ
「パチンコ」
■戸川純
「さよならをおしえて」
■徳永英明
「壊れかけのRadio」
「恋におちて-Fall in Love-」
「翼をください」
「かもめはかもめ」
「オリビアを聴きながら」
「時代」
「時の流れに身をまかせ」
「会いたい」
「卒業写真」
「まちぶせ」
「赤いスイートピー」
「セカンドラブ」
「輝きながら…」
■友川かずき
「一切合財世も末だ」
「生きてるって言ってみろ」
「死にぞこないの唄」
「無残の美」
「私の花」
■ともさかりえ
「都会のマナー」
■トラジ*ハイジ
「ファンタスティポ」
■トランザム
「ああ青春」

◆◆◆U◆◆◆
■U2
「The Fly」
「Beautiful Day」
「Van Diemen's Land」
「Heartland」
「With or without you」
「Dancing Queen」
「Bloody Sunday」
「Magnificent」
「Vertigo」
「One」
「Sweetest Thing」
「Unchained Melody」
「Pride (In The Name Of Love)」
「Get On Your Boots」
「Elevation」
「Still Haven't Found What I'm Looking For」
「New Years Day」
「Gloria」
「Kite」
「Where The Streets Have No Name」
「Mysterious Ways」
「Please」
「Vertigo」
「Christmas (Baby Please Come Home)」
「Helter Skelter」
「Sunday Bloody Sunday」
「The Ground Beneath Her Feet」
「Sometimes You Can't Make It On Your Own」
「In A Little While」
「The Ground Beneath Her Feet」
「Desire」
「Electrical Storm」
「In God's Country」
「Two Hearts Beat As One」
「I will follow」
「The Unforgettable Fire」
「Two Hearts Beat As One」
「Spanish Eyes」
「A Celebration」
「Another Day」
「Life on a distant planet」
「Out Of Control」
「Fire」
「Tomorrow」
「Seconds」
「Red Light」
「War」
「The Joshua Tree」
「Red Hill Mining Town」
「Van Diemen's Land」
■UA
「スローバラード」
「情熱」
「悲しみジョニー」
■Ultravox
「Dancing With Tears In My Eyes」
■United Future Organization
「Loud Minority」
■unkie
「Tecaba」
■上戸彩
「Pureness」
■植村花菜
「トイレの神様」
■うじきつよし
「たどりついたらいつも雨ふり」
■宇多田ヒカル
「First Love」
「誰かの願いが叶うころ」
「Prisoner Of Love」
「COLORS」
「光」
■有頂天
「アローン・アゲイン」

◆◆◆V◆◆◆
■V6
「way of live」
■Valensia
「Gaia」
■Valensia
「Gaia」
■VAMPS
「LOVE ADDICT」
「EVANESCENT」
「SWEET DREAMS」
「TROUBLE」
「ANGEL TRIP」
■Van Halen
「Jump」
■Vanilla Fudge
「You Keep Me Hanging On」
■The Velvet Underground & Nico
「I'll be your mirror」
■The Ventures
「Wipe Out」
■Vicky Leandros
「L'amour Est Bleu」
■Vienna Teng
「Gravity」
■Visage
「Damned Don't Cry」

◆◆◆W◆◆◆
■WEAVER
「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」
■Weezer
「Perfect situation」
■Wham!
「Careless Whisper」
■Whitesnake
「Burn」
■The Who
「My Generation」
■WINK
「愛が止まらない」
「涙をみせないで」
「夜にはぐれて」
「永遠のレディードール」
「淋しい熱帯魚」
「咲き誇れ愛しさよ」
「トゥインクル トゥインクル」
■w-inds.
「Everyday」
■WIRE
「15th ?」
■Wyclef Jean with Eric Clapton
「Wonderful Tonight」

◆◆◆X◆◆◆
■X-Japan
「紅」
「ENDLESS RAIN」
「WEEK END」
「Silent Jealousy」
「Say Anything」
「Tears」
「Rusty Nail」
「DAHLIA」
「Forever Love」
「CRUCIFY MY LOVE」
「SCARS」
「CELEBRATION」
■XTC
「Living Through Another Cuba」

◆◆◆Y◆◆◆
■The Yardbirds
「Shapes of things」
■YAZOO
「ONLY YOU」
「Don't Go」
■Yellow Generation
「北風と太陽」
■THE YELLOW MONKEY
「BURN」
「LOVE LOVE SHOW」
「SPARK」
「楽園」
「JAM」
「太陽が燃えている」
■Yentown Band
「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」
「My way」
■YMO
「以心電信」
「Rydeen」
「Ongaku」
■The Young Rascals
「Groovin'」
■矢沢永吉
「YES MY LOVE」
「黒く塗りつぶせ」
「チャイナタウン」
「時間よ止まれ」
「I say Good-bye, So Good-bye」
「涙のラブレター」
「ニューグランドホテル」
「ルイジアンナ」
「I LOVE YOU, OK」
「もうひとりの俺」
「鎖を引きちぎれ」
■矢野顕子
「ひとつだけ」
「DAVID」
「春咲小紅」
「ラーメン食べたい」
■山口百恵
「さよならの向う側」
「秋桜」
「いい日旅立ち」
「しなやかに歌って」
「ひと夏の経験」
「夢先案内人」
■山崎まさよし
「One more time, One more chance」
■山下達郎
「FOREVER MINE」
「CHRISTMAS EVE」
「RIDE ON TIME」
「LOVELAND, ISLAND」
「パレード」
「さよなら夏の日」
「ENDLESS GAME」
「GET BACK IN LOVE」
「高気圧ガール」
「あまく危険な香り」
■憂歌団
「胸が痛い」
■有機生命体
「飼主」
■由紀さおり
「手紙」
「夜明けのスキャット」
■ゆず
「夏色」
「栄光の架橋」
「翼をください」
■横山健
「Punk Rock Dream」
■吉田拓郎
「襟裳岬」
「旅の宿」
「夏休み」
「落陽」
「たどり着いたらいつも雨降り」

◆◆◆Z◆◆◆
■ZIGGY
「GLORIA」
■ZONE
「Secret Base」
■ZOO
「Choo Choo TRAIN」
■ZZ Top
「Burger Man」

◆◆◆数字◆◆◆
■10CC
「I'm Not In Love」
■19(ジューク)
「あの紙ヒコーキくもり空わって」
■2PAC
「Changes」
■3B LAB.☆
「星の砂」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。