『シャングリラの伝説』は現在更新を停止しております

 
 
gravity master

gravity

Author:gravity
自分の将来を考えて旅立っていく者。将来を探すために旅立っていく者。自分は何者かを探すために旅立っていく者。所詮人生は生まれてから死ぬまでの旅である。長くひと所にとどまることもあれば、一元で次の目的地を目指す者もいる。出会いがあるから別れがある。別れることに感傷的になってはいけない。良くても悪くても次の未来に向かって進むのだ。
繰り返すが人生は旅である。3泊4日の添乗員付きパック旅行で安心して観光名所だけを見て回る。こんな旅なんてつまらない。俺が今までの旅で記憶に残っているものは、空港へ向かう途中のタイヤのパンク、飛び立つ寸前の飛行機への乗車、飛び立った飛行機の急降下着陸、現地での係員の失踪、タイではライフルを向けられ、フィリピンではナイフを突きつけられ、インドネシアでは拳銃で脅された思い出。ニューヨークでは窃盗にあって警察の厄介になったり、パリでヤクザに絡まれたり。そんな事ばかりを思い出す。
人生とともにいつか終わりが来る旅。波乱万丈もまた楽しい。俺はずっとここで待ってるから。疲れたらここへ来て、少し休んでまた行くといい。

前略 東京・大岡山にて、ドッグカフェバー&ギャラリーなるものをはじめてやんちゃしています。場所は公表しておりません。営業時間は「いきなり開店-なりゆき閉店/火・金曜日定休」という形態をとらせていただいております。
「gravity」ご来客数
ペット入店OK・スモーカー歓迎です。(禁煙席ありません)
Pets entering OK and a smoker welcome.
QRコード
携帯からはこちら・・・
QR
ブログ内検索はこちらから
過去の記事
下記タイトルは順不同です。マスターが同じ記事を書かないための覚書と思ってください。
月別アーカイブ
アクセスありがとう!
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12月-ブログタイトル 

今年の二月よりブログを書いてきました。
毎月月末には一ヶ月のまとめをしてきました。
店のブログなのに、店の宣伝全然してねーし。
こんな俺のチョット重めのダメダメブログを読み続けてくれた皆様に感謝!!!

2006/12月-ブログタイトル [2006/12/31]
No Music, No Life. Vol.3 [2006/12/30]
Only next year ・・・ [2006/12/29]
スーパー・クリスマスパーティ→ありがとう [2006/12/28]
花音でROCK! [2006/12/27]
GOOD BYE JB [2006/12/26]
世界中の子供の心を持った人々に・・・ [2006/12/25]
君の価値 [2006/12/24]
サムライミ予告編 [2006/12/23]
年越しカウントダウン [2006/12/22]
ブラームス [2006/12/21]
子供たちに夢の世界を・・・ [2006/12/20]
パリーのカキー [2006/12/19]
FREE DRINK [2006/12/18]
レター from NY [2006/12/17]
タービちゃん、ご来店 [2006/12/16]
スーパーナチュラル [2006/12/15]
Terence Trent D'arby [2006/12/14]
ムチョ・アミーゴ [2006/12/13]
アンティーク [2006/12/12]
超クリスマス [2006/12/11]
仇討ちしない人生 [2006/12/10]
HOT or COOL [2006/12/09]
スターティング・オーバー [2006/12/08]
死ぬ前に食べるもの [2006/12/07]
THE BLACK DAHLIA [2006/12/06]
いらっしゃいフランケン [2006/12/05]
水がモチーフ [2006/12/04]
極右 [2006/12/03]
ホリデースペシャル [2006/12/02]
ギーの作り方 [2006/12/01]
スポンサーサイト

No Music, No Life. Vol.3 

今年ひたすら日記に貼り続けてきたミュージック画像のまとめです。
この一覧を見ると、俺の人脈やら、脳みその中身がばれてしまいそうです。
露出症の気分です。

10cc - I'm not in love
ABBA - Dancing Queen/Gimme Gimme Gimme
ABC - ?/The Look Of Love
Aerosmith - ?/I don't want to miss a thing
All Star Tribute - whats going on
Band Aid - Do they know it's Christmas
Bangles - Eternal Flame/Manic Monday
BENT FABRIC - JUKEBOX
Billy Joel - Honesty/Piano Man
Black Stones - ?/GROMORUS SKY/一色
Blankey Jet City - Sweet Days
Blondie - call me/Heart Of Glass
The Blue Hearts - ?/リンダ リンダ
Bob Dylan - Like A Rolling Stone
The Boomtown Rats - I Don't Like Mondays
the brilliant green - There Will Be Love
Bruce Springsteen - The River
BUMP OF CHICKEN - ?/?/天体観測/オンリー ロンリー グローリー
Carpenters - superstar
Chicago - Hard To Say I'm Sorry
The Clash - London Calling
Culture Club - Do you really want to hurt me
Cyndi Lauper - Time After Time
The Darkness - I believe in a thing called love
DAVID BOWIE - STARMAN/ziggy stardust
David Sylvian & Ryuichi Sakamoto - ?/Forbidden Colours
Dead Or Alive - You spin me round
Deep Forest - Sweet Lullaby
Deep Purple - Highway Star
Def Tech - ?/My Way
Devo - Satisfaction
Donald Fagen - The Nightfly
Dragon Ash - ?/Life Goes On
Duran Duran - New Moon On Monday
Edith Piaf - La Vie En Rose
Elton John - Your Song
Elvis Costello - SHE/I wanna be loved
Elvis Presley - I can't help falling in love with you
Elvis Presley Vs JXL - A Little Less Conversation
Emilie Autumn - ?
Eminem - Lose Yourself/Toy Soldiers
Enigma - ?
Eric Clapton - Change The World
Eurythmics - There must be an angel
Fire Inc. - Tonight Is What It Means To Be Young
George Baker - Little Green Back
Glay - Winter Again
Glenn Medeiros - Nothing Gonna Change My Love For You
Gloria Estefan & Miami Sound Machine - Conga
Gorillaz - Feel Good Inc
Guns N' Roses - Knocking On Heaven's Door
Hajime Tachibana - ?
Harry Nilsson - Without You
hide - ?/Beauty Stupid
hide with Spread Beaver - Rocket Dive
Hitomi - Maria/Samurai Drive
Honeydrippers - ?/Sea Of Love
HOTEI - ?/BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
INORAN - Gravity
The Jam - In The City
James Brown - I Feel Good
JANE BIRKIN & SERGE GAINSBOURG - ?
Janis Joplin - Summertime
Japan - Ghosts
Jefferson Airplane - Somebody to love
JET - Are you Gonna Be My Girl
Jimi Hendrix - Purple Haze
John Lennon - Jealous Guy
Kelly Clarkson - Without You
Kim Carnes - Bette Davis Eyes
Kiss - I Was Made For Lovin' You
KREVA - 音色
Lenny Kravits - Are You Gonna Go My Way?
Losalios - Hit Man
Luna Sea - Gravity
Madness - Swan Lake
Madonna - hung up
Madonna VS Gorillaz - hung up & Feel Good Inc
Marilyn Manson - Angel with the scabbed wings
Matisyahu - King Without A Crown
M-flo - Come Again
Micheal Jackson - ?
Michael Jackson & Britney Spears - The Way You Make Me Feel
Thee Michelle Gun Elephant - Lily
Minnie Riperton - Loving you
Mr. Children - Youthful Days/Any
Nana Starring Mika Nakashima - ?/GROMORUS SKY/一色
N.M.L. - ZERO LANDMINE
Norah Jones - Come Away With Me
Oasis - Whatever
PERSONZ - Dear Friends
Phoebe Cates - Paradise
The Police - Every Breath You Take
The Power Station - Get It On
Prince - Kiss
Queen - Bohemian Rhapsody
Randy VanWarmer - ?
RC SUCCESSION - SUMMER TOUR
Red hot chili peppers - ?
RED WARRIORS - RUSSIAN HILL NO UEDE/WINE & ROSES
Richard Sanderson - ?/Reality
RIZE - Why I'm Me
Th eRockers - Cadillac & Shock Game
Rod Stewart - Da Ya Think I'm Sexy
The Rolling Stones/Wild Horses
ROSSO - 1000のタンバリン
Roxy Music - ?/?/?/More than this/Jealous Guy
SADS - 忘却の空
Sananda Maitreya - Dance Little Sister
Serge Gainsbourg - All the things you are
sex pistols - anarchy in the uk
Simon & Garfunkel - Bridge Over Troubled Water
Skeeter Davis - The End of the World
The Smiths - Ask/Bigmouth Strikes Again/Heaven Knows I'm Miserable Now/Panic/Girlfriend In A Coma
Sonic Youth - Superstar
Spandau Ballet - True
Sting - shape of my heart
The Style Council - My Ever Changing Moods
SUPERCAR - ?/STROBOLIGHTS
Talking Heads - ?/Psycho Killer
Terence Trent D'arby - Dance Little Sister
U2 - ONE/With Or Without You/The Fly
Wham - Careless Whisper
Yazoo - Only You
The Yellow Monkey - Love Love Show
Movie - So long and thanks for all the fish/Tubular Bells
? - Cannon/CANON ROCK 1.3X speed
麻丘めぐみ - 芽ばえ
華原朋美 - hate tell a lie
小林麻美 - 雨音はショパンの調べ
椎名林檎 - ?
トラジ*ハイジ - ファンタスティポ
吉井和哉 x 布袋寅泰/スリル

brain.jpg


今日の男めくり「自分の全てを見せてやれ」
Today's dandyism「Show all of I.」

今日の気分(Today's feelings)→Norah Jones

Only next year ・・・ 

来年の豆腐、いや抱負。

「何でもあり!」

「なすがままに!」

どっちにしようかな?

Next year's ambition.

"Everything is admitted. "

"Let it be. "

To which shall we make it?

tofu.jpg


今日の男めくり「とりあえず決める」
Today's dandyism「It decides it for the time being.」

今日の気分(Today's feelings)→Billy Joel

スーパー・クリスマスパーティ→ありがとう 

たくさんのみなさまのご来店に感謝いたします。
写真は皆様のホームページよりパクってまいりました。
著作権等の問題のある方は、ご一報ください。

02-1.jpg07-3.jpg1032273_9010165s.jpg1032273_627199926s.jpg


04.jpgp1.jpgp2.jpg1032273_418788653s.jpg


10-2.jpgp12.jpg1032273_1386774906s.jpgp6.jpg


061222dog.jpgp14.jpg10-1.jpgp5.jpg


300257855_121.jpg1032273_1576434290s.jpg03-3.jpg06-4.jpg


1032273_491647308s.jpg1032273_3623642823s.jpg09.jpg300257855_94.jpg


1032273_3363919652s.jpg03-2.jpg06-2.jpg1032273_3095407780s.jpg


p7.jpg08_1.jpg1032273_3374497759s.jpg03-5.jpg


07-2.jpg1032273_1734872700s.jpg1032273_3640812413s.jpg03-1.jpg


p10.jpg1032273_912987803s.jpg1032273_545375229s.jpgp11.jpg


06-3.jpgp13.jpg05.jpg03-6.jpg


1032273_2201155039s.jpgp3.jpg03-4.jpg1032273_2371090107s.jpg


02-2.jpgp8.jpg1032273_1231247921s.jpgp4.jpg


07-1.jpg1032273_1701838550s.jpgp9.jpg06-1.jpg


今日の男めくり「寂しいのは俺だけじゃない」
Today's dandyism「The lonely one is not only me.」

今日の気分(Today's feelings)→Culture Club

花音でROCK! 

以前貼り付けたカノンロック。もっとすげー奴が現れた。
題して「カノンでROCK!-1.3倍速」
お楽しみに!
http://www.youtube.com/watch?v=esKMz3Q9cNY

Canon Rock before that pastes link. A more terrible person showed up.
Entitle and to "By CANON ROCK ! 1.3 X speed" the enjoyment.
http://www.youtube.com/watch?v=esKMz3Q9cNY

canon.jpg


今日の男めくり「早いに超したことはない」
Today's dandyism「The earlier, the better.」

今日の気分(Today's feelings)→Hitomi

GOOD BYE JB 

彼を生で見たのは20年ほど前の来日公演かな。ゴッドファーザー・オブ・ファンク。
彼が逝っても、伝説は残るよね。
THANK YOU JB。同じ時代に生きてよかった。
http://www.youtube.com/watch?v=4TOL9LUgWTc&mode=related&search=

In seeing him in the life, is the visit to Japan a performance of the previous state by about 20 years? The Godfather of funk.
Even if he dies, the legend is handed down.
THANK YOU JB。You may live in the same age.
http://www.youtube.com/watch?v=4TOL9LUgWTc&mode=related&search=

james-brown.jpg


今日の男めくり「あっけなく死にたい」
Today's dandyism「I want to die being disappointed.」

今日の気分(Today's feelings)→James Brown

世界中の子供の心を持った人々に・・・ 

Merry Merry Christmas.

http://www.youtube.com/watch?v=qsqsiJRiCY0

http://www.youtube.com/watch?v=stNGHiscETo&mode=related&search=

参加者クレジット
フィル・コリンズ(ジェネシス)/ボブ・ゲルドフ、サイモン・クロウ、ピート・ブリケット、ジョニー・フィンガーズ(ブームタウン・ラッツ)/スティーブ・ノーマン、マーティン・ケンプ、ゲイリー・ケンプ、ジョン・キーブル、トニー・ハドリー(スパンダー・バレエ)/ミッジ・ユーロ、クリス・クロス(ウルトラヴォックス)/ジョン・テイラー、サイモン・ル・ボン、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラー、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)/ポール・ヤング/グレン・グレゴリー、マーティン・ウェアー(ヘヴン17)/マリリン/カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シボーン・ファーイ(バナナラマ)/ジョディ・ワトリー(シャラマー)/ボノ、アダム・クレイトン(U2)/ポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)/ジェームス・"JT"・テイラー、ロバート・クール・ベル、デニス・トーマス(クール&ザ・ギャング)/ジョージ・マイケル(ワム!)/フランシス・ロッシ、リック・パーフィット(ステイタス・クオー)/ボーイ・ジョージ、ジョン・モス(カルチャー・クラブ)/スティング(ポリス)/デヴィッド・ボウイ/ホリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)/ポール・マッカートニー/スチュアート・アダムソン、ブルース・ワトソン、トニー・バトラー、マーク・ブレゼジッキー(ビッグ・カントリー)/トレヴァー・ホーン(プロデューサー)

bob_geldof_1.jpg


今日の男めくり「こころだけでも、あたたかく」
Today's dandyism「Even only the mind is warm.」

今日の気分(Today's feelings)→Hitomi

君の価値 

When you try to tell someone something and even if it’s inexplicable, don’t get down, as true strength is often unseen and words can’t do anything to true feelings.

せつめいできないこと、だれかにいおうとするとき、おちこまないで。ほんとうのちからは、みえないし、ことばはほんとうのきもちには、むりょくなんだから

Our memories might be created to retain the bad and sad but our tears also know happiness.

きおくはいやなこと、かなしいことをとどめるためにつくられているけれど、なみだはよろこびもしっている

I’m alive when I’m in someone’s heart and so are you, but I hope you are living your days on your own and I hope I can, too.

わたしは、だれかのなかにいると、いきられる。きみも。でも、きみはじぶんのひびをいきてほしいし、ほんとうはぼくも。

If you have a shoulder to cry on, then you surely have a hand with others’ quandaries.

ほんとうにたよれるひとがいるのなら、きみはだれかをすくえるよ

It’s totally different to indulge yourself than to sincerely listen to your cries inside.

じぶんをあまやかすことと、じぶんのいたみにしょうじきになること。ぜんぜんちがう

When your tears fill your eyes to shut off the light, let the tears flow till you feel the warmth of your worth.

もしなみだで、ひかりがみえなくなったら、ないてしまおう。きみが、きみのかちをかんじるまで

Things get more and more complicated because you grow everyday.

ものごとはどんどんむずかしくなっていくね。まいにちせいしょうしているんだね

Love is so strong it can turn your world upside down but where does it come from? It’s from you.

あいはつよくて、せかいをまったくかえることもできるけれど、あいはどこからやってくるの?きみのなかから、だよね

How can we ever believe in ourselves? Maybe it’s when someone thanks you and all you have to do is just stay a person always ready to listen to their hearts.

どうやってじぶんをしんじる?たぶん、だれかが「ありがとう」といってくれるときだね。そして、そのひとたちのこころを、いつでもかんじられるそんざいであれば、いいんだよね

You sometimes need doubts in order to hope because you always doubt when you strongly hope for something.

うたがいは、のぞむためにはひつようだよ。なにかをつよくのぞむときって、かならず、うたがうでしょ?

You may want to say your true feelings from deep inside but you had better keep silent from time to time and look into the person’s eyes with a smile.

ほんとうのきもちをいいたいかもしれないけれど、なにもいわないで、めをみて、えがおでいるといいかも

What’s “normal”? What’s “ordinary”? Just stay yourself and bring yourself your own peace.

「正常」ってなに?「普通」ってなに?じぶんじしんでいてよ。そしていつもあんしんしていてほしい

kachi.jpg


今日の男めくり「価値は人それぞれ違う」
Today's dandyism「Value is different each person.」

今日の気分(Today's feelings)→Eric Clapton

サムライミ予告編 

いいですねー、サムライミ。「ザ・メッセンジャーズ」日本に下りてくるときは、どんな邦題になるのやら。
怖いのだめな人は観ないでね。
http://www.youtube.com/watch?v=spzvS7UrTs0

Sam Raimi is very good. What title do it become when "The Messengers" is imported by Japan?
A useless person doesn't see scary.
http://www.youtube.com/watch?v=spzvS7UrTs0

messengers.jpg


今日の男めくり「メッセージはいたるところに」
Today's dandyism「The message is everywhere.」

今日の気分(Today's feelings)→KREVA

年越しカウントダウン 

2006-2007/カウントダウン・メンバーパーティを開催します。

2006年12月31日(20時より)

特典
来店時に甘酒お出しします。(無料)フォースの力で甘酒沸かす
22時より酒そば振舞います。(無料)フォースの力でそばを打つ
01時よりお雑煮振舞います。(無料)フォースの力でもち煮込む

上記、無くなり次第終了。すべてのジェダイには行き渡らないかもしれません。

他のお料理・ドリンクは有料になります。

メンバーの方とお連れの方は、上記特典を受けられます。(当日までにメンバーになっていただいた方のみ!当日入会もOKです!)

※ご注意→当日は一番愛しい人と過ごしてください。恋人や家族と・・・。無理やり来なくていいからねっ!田舎に帰れる人は帰りましょう!お袋の料理が一番ですよっ。当日は俺のエネルギーが弱まっている可能性があり強いフォースが出せない場合は、しっかり煮込めない可能性もございます。。。

ちなみに、クリスマスパーティは明日土曜日23日ですよ。24日や25日に来ても、ケーキありませんよ。

soba.jpg


今日の男めくり「人間の生活は矛盾だらけ」
Today's dandyism「Life only of contradiction.」

今日の気分(Today's feelings)→NANA

ブラームス 

久しぶりに自由が丘の洋食屋「ブラームス」に行きました。
デミグラスソースの大好きな俺としては、ここのソースを何とか物にしたいと考えております。
いちばん好きなメニューは牛タンシチュー。
次がビーフシチュー。
何とかならないかなー、と思いつつ本日食べておりました。
ハタと気がついて、店に帰りストックしてあるデミグラにとあるものを混入して、鍋で煮てみたのさっ。
出来ましたよ、似たような味。また一つ、秘密が秘密じゃなくなりました。

It went to European food shop "Brahms" of Jiyuugaoka after a long time.
I who loves Demi glass source think that it wants to manage to do the source here to
the thing.
The most favorite menu is cow stewed tongue.
The following are the beef stews.
It ate without thinking managing become it.
It flashed, it returned to the shop, the one that existed in stocked Demigra was mixed, and it boiled with the pan.
It is possible to have done, and taste that looks like. Moreover, one and the secret
were not secret and became it.

bramus.jpg


今日の男めくり「美味しいものは、人を幸せにする」
Today's dandyism「The delicious one makes the person happy.」

今日の気分(Today's feelings)→麻丘めぐみ

子供たちに夢の世界を・・・ 

SNSのミクシィで新しく作った(2006年12月11日)コミュニティのお知らせです。
下記にコミュニティの紹介文をそのまま記します。
ご賛同いただいた方々は、本日昼を持って124人になりました。皆様ありがとうございます。そして、これからもよろしく。

管理人(マスターのことです)は・・・難病・がんの子供たちや、いじめにあって自殺を考えている子供たち、そして親と暮らせない孤児たちなど自分の将来に不安を感じる子供たちすべてを支援してきました。

私は「将来の夢は何ですか?」と人に聞かれるたび、孤児院と老人ホームと動物園とホテルを一緒にしたものを運営したいと、答えてきました。そして、今もその気持ちは変わりません。私は孤児ということもあり、様々な難題に合いました。育ての家族とのギクシャクした関係、産みの親への思い、本当に結婚したい人の家族からの反対、そしていじめ。だから私は孤児が差別を受けないような、そんな施設を創ろうと思っていました。東大や京大を卒業したら、すごいねと言われます。ソルボンヌやオックスフォードを出ててもそうでしょう。そんな孤児院を創りたい。あそこを出てれば語学も大丈夫だし、しつけもしっかりしている。社会性もあるし、知識も豊富。そんなことを言われる孤児院を創ってみたいなと考えています。そんな子供たちに社会性としつけをたたきこむのに老人力は欠かせません。そして、一般的に死におびえて生きるのではなく、子供たちに人生を見せる死に方にほこりがもてる老人グループを作っていきたい。動物の力も魅力的です。世界中に捨てられる犬や猫はどのくらいいるでしょう?全部は救えません。人も同じ。なにもカンボジアの子供を全員救うと言っているわけではありません。もしかしたら一人だけかもしれません。10人かもしれません。でも1000人かもしれません。そしてホテルという場所でその子供・老人・動物が揃って個性を伸ばしながら、学び働いていけたら最高だと思うのです。難病の子供の家族は無料で泊まっていただきましょう。医師が近くにいればご夫婦だってたまのデートを楽しむこともできるでしょう。他人は「君が死ぬまでにそれはできないよ!」といいます。そうですね、できないかもしれません。でも、できるかもしれません。でも今の私は、それが私がこの世に生まれてきたことの意味だと思います。

私はすべての子供たちを支援します。がん・難病の子供たちもいるでしょう。いじめにあって自殺を考えている子供たちもいるでしょう。そして親と暮らせない孤児たちもいるでしょう。また、普通(?)の子供たちでも、様々な悩みや心に傷を負っている子供たちもたくさんいると思います。将来に不安を持っているそんな子供たちのことを支援しようというのがこの私の大きな趣旨です。与える、してあげるということではなく、一緒に考え夢を創っていくことを念頭に一緒に成長していくことを目的にしています。

私は肩に力を入れて、がんばるわけではありません。すべてを捧げるわけではありません。海外旅行も行きます。温泉にも行きます。レストランで美味しいものも食べます。人それぞれできる範囲でいいと思うのです。子供たちにもがんばれとはいいません。がんばる必要はないのです。生きているだけで素晴らしい、存在しているだけで輝くのです。自分のペースで上を目指していけばいいと考えます。コミュニティに参加していただける方たちも、できる範囲で結構です。ただ、少しでも行動を起こしていただきたいのです。自分の人生でできうる最高の事をしてほしいのです。
それが今はコミュニティに参加していただくことです。何もする必要はありません。あなたのコミュニティ一覧にこのコミュニティをひとつ混ぜていただくだけで結構です。参加する意思表示だけでいいのです。

子供たちの夢は様々です。どんな希望が出てくるのかはわかりません。そのときにお手伝いいただける方たちは多いにこしたことはありません。その時のために、こんなことなら力を貸してもいいということがありましたら、トピックを立ててください。今、重要になってくるのは人脈なのです。

以前こういうことがありました・・・私が自閉症児の施設に訪問したとき、彼らの色彩の感覚に驚き展覧会を企画しました。私が墨汁でイラストを書き、彼らが色を塗る。それには様々な方の協力が必要です。新聞社に連絡をし、取材していただきました。記事になり反響もありました。
そんな資金・場所・労力・物を提供してくれる方たちが必要で、協力を呼びかけたのは・・・
色を塗るためにクレヨンの会社に12色クレヨン10個(法人)
絵を描くために製紙会社に画用紙を10枚(法人)
それを撮影するためにカメラマン(個人)
画集をデザインするためにデザイナー(個人)
それを製本するために印刷会社(法人)
展示会を開くために画廊(法人)
そこでボランティアをしていただくスタッフ(個人)
それ以外にも様々な企業や個人に呼びかけました。400通ほど手紙を書いたと記憶しています。
その結果、100%の法人からはNOの返事が、100%の個人からはYESの返事が返ってきました。
それ以来、私は誰にも呼びかけず、個人で活動してきました。

今回ミクシィでこのコミュニティを立ち上げようと思ったのは、個人単位のつながりだからです。あなたがその人でなくても、そんな方たちを人脈として持っていることが、ボランティアとしての財産なのです。ご理解いただける方のメンバー参加をお願いいたします。
ミクシィ個人・人口700万人。一人が1000円出し合えば70億円。出来るんじゃないかな? 日本のギブ・ギッズ・ザ・ワールド。
というわけで、私の目指す一番近い団体を紹介します。

ヘンリー・ランドワースが立ち上げた「GIVE KIDS THE WORLD」!
ギブ・キッズ・ザ・ワールドとは・・・ヘンリー・ランドワースさんが、難病の子どもの夢を叶えるためにと作った、アメリカにあるその子供と家族のための施設です。フロリダのオーランド近くにある、余命が限られた難病の子供たちをディズニー・ワールドへ無料招待するためのボランティア施設。
二十年以上前、ホテルを経営していたヘンリー・ランドワースさんは、ある家族客が予約をキャンセルした本当の事情を知ります。ディズニー・ワールドに行くのを楽しみにしていた娘さんが、急に亡くなってしまったからでした。重度の難病だったその子の最高の夢が、「ミッキーマウスに会うこと」だったのです。
「そんな小さな願いもかなえてやれないなんて・・・」 これを知ったヘンリーさんは全財産を投げうって1986年にこの施設を設立しました。
無料で招待される子供とそのご家族は、航空券、食事、宿泊、遊園地のチケットを提供され、夢のような一週間をここで過ごします。
昼間はディズニーやユニバーサルスタジオなど無料で、並ぶ事もなく優先的に見ることが出来ます。帰ってきてからも数々の楽しいイベントを企画し、難病の子供のため、最後のクリスマスになるかも知れないとの思いで、毎週クリスマスの日を設けたり、また、看病のため両親は二人だけの時間もとったことがないので、1日だけデート時間を作って両親にも日頃の苦労を癒すことも企画されています。子供の就寝時間を連絡しておくとディズニーワールドのキャラクターがおやすみの挨拶に来てくれたします。
ギブ・キッズ・ザ・ワールドはフロリダの、ユニバーサルスタジオとディズニーワールドの近くにあり、、約3万人のボランティアの温かい心と奉仕によって支えられ運営されています。子供と家族が昼間ディズニーやユニバーサルスタジオに出かけている間、近くの小中学校の生徒が清掃活動をし、施設内の遊園地の遊具(汽車など)やレストランや、数々のイベントはすべてボランティアによって行われています。一家族を招待すると約百万円ぐらいかかってしまいますが、費用は、企業や個人の寄付によって賄われています。(宣伝を目的とした企業は寄付を受け付けません)寄付をした企業は、星の形をした小さ目のパネルに社名が刻まれ壁に掛けられるだけです。
現在もアメリカだけでなく世界中から、多くの家族が招待されています。

ヘンリー・ランドワースさんとは・・・ヘンリー・ランドワースさんが、ギブ・キッズ・ザ・ワールドを作ろうと思ったきっかけは、ホテルの支配人をしているとき、キャンセルされたある家族のことからでした。どうしてキャンセルされたかと調べると、難病のこが「ミッキーマウスに会いたい」との夢を両親が叶えようとホテルを予約したのですが、悲しい運命に・・亡くなった子供のためキャンセルになったことを知ったことからでした。
ベルギーで生まれたランドワースさんは、ユダヤ人のため、収容所で5年間も死をまつ体験をして、くしくも助かり、20ドルぐらいのお金をもってアメリカにわたり、ホテルのボーイからスタートし、相当の努力と苦労をへてホテルのオーナーにまでなります。
この家族を知り、そのホテルを売り、ディズニ-の側に、広大な土地を購入します。そして、いろいろな企業へ協力を呼びかけ施設を完成させます。ランドワースさんは「私が契約書にサインしたのはこの土地を購入した時だけ、あとはすべて握手だけで、この事業が完成した、施設の建設、運営の費用、家族の招待費など、すべてが、人の善意で動いています」と話していました。・・・
「私は人のためにやっているのではない。自分のためにしている。自分が喜びや生き甲斐を得られるから」といっています。多くのボランティアの人たちも同じ事をいっています。「お金はいろいろなものを引き出すことができるため、お金は人間を貪欲にする。お金があるないなどは、人生や生き甲斐には関係ない、人の立場に立ち、自分がこのような病気だったら、こんなことをされたらどう思うかなどと考えてほしい。そして人の役にたつ喜びこそ、人生を豊にして、君たちにも素晴らしい人生を与えてくれる」と子供たちに語りかけています。
ヘンリー・ランドワースの言葉
「得るもので生活をたてる、与えるもので人生をつくる」
「私たちが知りえる以上に多くの痛みと苦しみを感じている子供たちの顔に、笑顔を与えること、これが私のしたいすべてです。子供たちの家族には“幸せな思い出”という最高の贈り物を持って欲しいのです。」
「医学書には書かれていない治療法が一つあります。それは、夢を叶えることです。」

■“Give Kids The World”資料
ホームページ→http://www.gktw.org
創設者のヘンリ・ランドワース→http://www.swansonphotography.com/photos/caregivers/henrihomepage.html
写真集→http://nttdocomo.main.jp/gktwpic.html
マップ→ http://www.orear.com/ashley/story/disney/gktw6.html
とてもわかりやすい資料です→http://nttdocomo.main.jp/gktw-pic/gktw.pdf

ボランティアについて・・・英語を学んだことがありますか? それでは英語が話せますか? この質問に対して前者はYES、後者はNOと答える方が多いと思います。英語って駅前留学なんかも含めて、とっても間口が広いですよね。でも実際しゃべれるまで続く人は少ない。フィットネスクラブなんかもそうじゃないでしょうか?間口は広いが、辞めていく人がほとんど。ボランティアもそうなんです。続かないんですよ。だから、このコミュニティに入っていただくだけで充分。会費もいただきません。自己紹介もいりません。コミュをいちいち覗きに来なくてもいいんです。ホワイトバンドのように、あなたのコミュ一覧にそっと置かせてくださいな。

検索していて何とかここにたどり着いた厭世的になっている人々へ・・・ちょっとひとこと言わせてください。最近メールで「どうしてこんなことやってるの?」「趣旨には賛同できないけど寄付はするよ。」「個人レベルでそんなことやったって、しょうがないジャン。」などというご意見をいただきます。私自身もよくわかりません。「誰かがやらなくちゃ・・・」という団体は多いと思います。私の場合はよくわからない・・・。で、少し考えてみました。「もう、死んじゃおう。」と思っている方は、私にその命、預けてみませんか?自分の不幸を嘆いてないで、他人の幸福を喜びませんか?だらしなくたっていいんです。生きていれば、あなたの体、将来きっと役に立ちますよ。

最後まで読んでくれて、ありがとう。
みなさんに、そして子供たちに・・・LOVE&PEACE

henri.jpg


今日の男めくり「夢は持つだけでもいい」
Today's dandyism「As for the dream, only having it is good.」

今日の気分(Today's feelings)→Mr. Children

パリーのカキー 

この時期は牡蠣がうまいね。オイスターバーとか行って、腹いっぱい食いたいよ。俺が今まで食った牡蠣の中で、一番うまかったのがパリのシャンゼリゼ通りの裏道で食ったレストラン。インド人が裏通りで牡蠣の殻をどんどん剥いている。その殻が高く積んである店が、沢山売っている店だからうまい。という訳。10種類くらいの牡蠣を10ポーションずつ、全部で100個くらいは食いました。
そんなアイラブ牡蠣が、日本ではノロウィルスというバイキンマンに攻撃されて、生では食えなくなっている状態。牡蠣を含むハマグリ、アサリなどの2枚貝に巣食うのだという。
BSEは全然怖くなかったけど、ノロは怖いなー。

The oyster is good at this time. I want to go to the oyster bar, and to eat fully. Restaurant that the most delicious in oyster that I have eaten up to now ate in back street the same as Champs-Elysees in Paris. The Indian is peeling off a lot of husks of the oyster in the back street. Because the shop that is piled up the husk high is a lot of sold shops, it is delicious. Translation. It ate ten potions about 100 oysters in all of about ten kinds.
The bacterium of lime wash virus is attacked from such a loved oyster in Japan. It adheres to the Meretrix meretrix including the oyster and two piece shellfish of the littleneck clam etc.
The lime wash virus is scared though BSE is not scared at all.

oyster.jpg


今日の男めくり「自分の責任で支持する」
Today's dandyism「It supports it by my responsibility.」

今日の気分(Today's feelings)→Deep Forest

FREE DRINK 

飲み放題メニューはじめました。
バーボン/スコッチ/ウォッカ/テキーラ/ジン/ラム/シェリー/ベルモット/赤ワイン/日本酒/麦・芋焼酎/コーラ/ジンジャエール/ソーダ/トニックウォーター/ブレンドコーヒー/アールグレイ/ストロベリーティー/ブルーベリーティー/オレンジティー/ミントティー/チェリーティー/ローズティー/ピーチティー/ジャスミン茶/ウーロン茶、が飲み放題でもお楽しみいただけるようになりました。ご利用お待ちしております。

An all-you-can-drink menu was begun.
Even if bourbon/Scotch/vodka/tequila/gin/ram/sherry/vermouth/red wine/sake/wheat and potato shochu/cola/ginger ale/soda/tonic water/blended coffee/earl grey/Strawberry tea/blueberry tea/orange tea/Mint tea/cherry tea/rose tea/peach tea/jasmine tea/oolong tea were all-you-can-drink, it came to be able to enjoy it. We will wait for use.

JTS.jpg


今日の男めくり「いつも危険だと思うほうに自分を賭ける」
Today's dandyism「Thinking it is always dangerous is bet me.」

今日の気分(Today's feelings)→Carpenters

レター from NY 

NYは いま Christmas Seasonだから たくさんの人 きています
すごくすごく どこでも こんでいて あたまが crazy になってしまいそうなくらい でもNYの くりすます きれいだから みんな みたい No problem!

でも もうすぐ たいせつな クリスマス ですが かなしいこと が NY で ありました

ひとりの Black の 人 が けいさつに うたれて しにました
それで NYのひと たち おこって デモをしました

maybe にほん でも news になるかもしれない
とても いいひと なのに けいさつ 50かい てっぽう でうちました ひどいことでした

NYの5th ave.には たくさんの travelerいますが そこでデモ になりました たいへんな ことになりました
なぜなら NY にたくさんの じんしゅ がすんでいる  じんしゅさべつ? とても みんな おこります

かなしいことでした

black.jpg


今日の男めくり「溢れ出て、沁みこむ」
Today's dandyism「It overflows, it goes out, and expects it.」

今日の気分(Today's feelings)→Japan

タービちゃん、ご来店 

きょうのわーんこっ!
今日ご来店いただいたワンちゃんは
柴XLのタービ君。
10歳になる男の子。
とっても静かですが、なんにでも興味津々。ビールを飲むお父さんの傍らで、おつまみや人の料理に目が話せません。

Today's dog.
The dog that came to a store today is XL of the brushwood.
The name is Tarbi.
Boy who becomes ten years old.
It fascinates it though it is very quiet in what. Eyes cannot be spoken to the dish of the switch and the person beside father who drinks the beer.

tabi.jpg


今日の男めくり「物に頼らない」
Today's dandyism「It doesn't rely on the thing.」

今日の気分(Today's feelings)→Billy Joel

スーパーナチュラル 

海外ドラマ「スーパーナチュラル」にはまってます。っうーか、終わんねーな、コレ。11~12話でワンシーズンだろっ、普通。なんで22話なんだよ。
サムとディーン兄弟が、母を死に追いやった邪悪なパワーを追跡していた途中に行方不明になってしまった父親を探して、アメリカ大陸の暗黒の場所へ旅に出る。この設定の単純さにだまされてはいけない。旅の途中で、バンパイア、幽霊、魔女、アメリカを象徴する都会の伝説人物「フックマン」、アメリカ先住民神話「ウェンディゴ」に登場する猛獣、子どものゲームに登場する怖いフィギュア「ブラディーメーリー」などに遭遇する兄弟。
幽霊物だけではなく都市伝説的なものも含めた恐怖がお好きな方にはおすすめです。

Overseas drama "Super-natural" is loved. It doesn't end. It is usually 11?12 story and an one season. They might be 22 all stories why.
Sam and dean's brothers were pursuing wicked power to kill mother. It looks for father who has become missing on the way of that. It goes out to travel the place of darkness in the American Continent. It is not necessary to be cheated by the simplicity of this setting. Brother who encounters scary figure "Brademare" etc. that appear in game of fierce animal and child who appears in legend character "Hook man" of city where vampire, ghost, witch, and the United States are symbolized during travel and American native people myth "Wendigo".
It is recommended in the person who likes fear including not only the ghost thing but also the urban legend one.

super.jpg


今日の男めくり「見えないものを信じない人がいることを知る」
Today's dandyism「It knows there is a person who doesn't believe the one not seen.」

今日の気分(Today's feelings)→Wham!

Terence Trent D'arby 

20世紀ポップスの歴史において、ジャンルの壁を壊そうと苦しんだアーティストたちの物語ほどドラマチックなものはない。中でも、黒人ミュージシャンたちの場合は、そこに人種的な偏見との闘いも加わり、よりドラマチックなものにならざるを得なかった。黒人アーティストとして、R&Bの世界とロックン・ロールの世界の橋渡しとなったチャック・ベリーやリトル・リチャードは、見事にアイドルへの道を登り続けたものの、その後数々の事件に巻き込まれて、転落への道を歩むことになった。ファンクへの道を切り開いたジェームス・ブラウンも何度も逮捕され、音楽シーンから消されるところだった。スライ・ストーンもそんな転落を経験。もちろん、あのジミー・ヘンドリックスの悲劇の物語も忘れるわけには行かないだろう。その後も、パンクとファンクの融合を試みたフィッシュボーンやロックの世界に進出しようとしたリビング・カラーなど、数多くの黒人アーティストたちが、CDショップの「ソウル、R&B」のコーナーからの脱出を試みてきた。(かつて「パープルレイン」を発表した頃のプリンスは、ロックへの進出を目指していたが、結局ファンクにこだわり続け、今や再びファンクの原点に戻りつつある。だからこそ、彼の人気は衰えをしらないのかもしれない)そんな数多い挑戦者たちの中でも、ひときわ異才を放つアーティスト、それがTTDこと、テレンス・トレント・ダービー Terence Trent D'arby。

テレンス・トレント・ダービー、その名を知る人はしだいに減りつつある。ソウル系でもなく、ロック系でもなく、もちろんヒップ・ホップでもハウスでもない彼の存在は、どの音楽ジャンルにも属していない。
「自分こそが、一つの音楽ジャンルなのだ」という強い意志が、そうさせたのかもしれない。しかし、かつては「ポスト・プリンス」、「新しいブラック・ミュージックの騎手」と呼ばれていながら、ヒットに恵まれなかった彼は、いつしか音楽シーンから忘れられてしまった。その間に、彼の後から現れた新人レニー・クラヴィッツがあっという間に彼のお株を奪い、それだけでなく人気アーティストの仲間入りを果たしてしまったのだ。どうも時代は、昔から先人に厳しい。
1962年にニューヨークで生まれたTTDは、アフロ・アメリカンの血筋に加えて、チェロキー・インディアン、スペイン、アイルランドなどの血が混じっている。そのことが、彼の人生、音楽に大きな影響を与えたことは間違いない。
デビュー前から強烈な個性と自分に対する自信をもっていた彼は、思い通りの作品を作ることのできる場所を求め、あえて故国アメリカを離れイギリスへと渡る。それは彼がかつて兵役でドイツに滞在していた時の経験がきっかけだったと思う。
イギリスという国は、伝統的に海外の文化に対して敬意をもって接する傾向がある。特に黒人音楽に関しては、本国アメリカ以上にファン層が厚く、ストーンズやビートルズのようにブルース好きの白人たちによるビート・バンドのブームやモータウンなどソウル好きの白人たちよるモッズ・ブームメントなど、常に数多くのブームと人気アーティストを生み出してきた。(スタイル・カウンシルとポール・ウェラー、ジャミロクワイ、カルチャークラブ、エルヴィス・コステロ、ヴァン・モリソンなど、数え上げたらきりがない)だからこそ、ジミ・ヘンはイギリスで認められたこそアメリカに逆輸入されて一躍大スターになった。これは独自の文化をもたないアメリカがヨーロッパ文化に対してもっている劣等感の影響もあるだろう。

こうして1987年、彼は25歳でイギリスからデビューを飾った。アルバム・タイトルは"Introducing The Hardline According To TTD"=「TTDによる苦境もしくは不運をご紹介いたします」実に意味深なこのタイトルは、未来を予言していたと言うよりは、自信に満ちたアーティストとしての宣言だったのだろう。
実際、インタビューなどで、彼は自らを「スーパー・スターになるはずの存在」と言い切っていた。そして、その宣言通りデビュー・アルバムは、すぐに全英ナンバー1に輝き、本国アメリカでも4位まで上昇、セカンド・シングル"Wishing Well"は、見事全米1位に輝いた。しかし、ここから彼のHardline(辛い人生)が始まった。

1989年発表のセカンド・アルバム"N.F.N.F. TTD's Neither Fish Nor Flesh"=「魚でも肉でもない、俺はTTDだ!」これまた意味深なタイトルのアルバムは、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンに捧げられた作品というだけのことはあり、かなり内省的で構成も複雑なミクスチャー・ポップに仕上げられていた。もし、このアルバムが21世紀に発表されていたら、その高度なポップ感覚に飛びつく人は多かったに違いない。しかし、残念ながら時はまだ80年代。まして、自閉症的とも言える歌詞が一般大衆に受け入れられるはずもなく、まったく不発に終わっている。
1993年のサード・アルバムのタイトルは、"TTD's Symphony or Dawn"=「調和かさもなくば破滅か」。またもや意味深なタイトルのこのアルバムも残念ながら不発に終わる。そして一度噛み合わなくなった歯車は、元には戻らなくなってしまった。1995年彼は4枚目のアルバム"TTD's Vibrator"を発表するが、これもまたヒットにはほど遠い結果に終わる。
ファンク・ロックのハードな曲やキューバ風のラテン・ナンバー、スティービー・ワンダー風のバラード、カーティス・メイフィールド風のワウワウ・ギター・ナンバーなど、多彩でポップな内容は、彼の才能が本物であることを改めて証明するものだった。

彼はほとんどの曲で、自ら楽器演奏、コーラスまでを行う。だからといって、バンドを従えてのライブが魅力がないかというと、まったくそんなことはない。この点は、プリンスとも共通するところであり、まさに天才と呼ぶに相応しいと言える。彼が発表したアルバムのタイトルがどれも「TTD's・・・」となっているのは、彼の強い自我の現れだという人もいますが、・・・もしかすると、そう思われる存在へと自らを追い込んでいるのではないか?そう思える気もする。実際、彼のアルバムのジャケットを並べてみると、あることに気がつく。それは、ジャケットに写る彼の写真は、どれも斜めにうつむいていたり、目を閉じている。唯一目を開けている「NFNF」のジャケットでは、彼は手で目以外の部分を隠している。これは、ちょっと偶然とは思えない。

そんな奴が、ここ数年音楽界から見つけられなくなった。彼ほどの才能のあるものが、簡単に姿を消してしまえるのか。俺と同じか?
そんなときに、彼とまた出会った。名前を変えていた。新しい名はサナンダ・マイトルーヤ。
やっぱ俺と同じ・・・。俺の今の名前はマスター。

There is no one as dramatic as stories of artists who suffer to break the wall of the genre in the history of pop in the 20th century. Especially, the fight with a racial prejudice could not help joining there, too and it becoming more dramatic for the black musicians. It is rolled in a lot of events afterwards, and it will walk on the road to the fall though Chuck Berry and Little Richard who became mediation of the world of R&B and the world of the rock'n'roll as a black artist kept splendidly climbing the road to the idol. James Brown who cut the road to funk open was arrested many times, too and it was erased from the music scene. The slice tone also experiences such a fall. Of course, it is likely not to go because the story of that Jimmy Hendrix's tragedy is forgotten. Afterwards, a lot of black artists like the living color etc. to have tried to advance to the world of fish Vaughan and the lock that tries uniting the blowout and funk have attempted the escape from the corner of "Seoul and R&B" of the CD shop. (It keeps sticking to funk after all, and it is returning to the starting point of funk now again though the prince when "Purple Rain" is announced before was aiming at advancement to the lock. As for his popularity, thinks might of the decline. )The artist and it that particularly shoots a different ability in such a lot of challengers who are are "Terence Trent D'arby".

The number of those who know "Terence Trent D'arby" and the name is decreasing gradually. No Seoul it, the existence of him It is hip hop, and who it is neither a lock system is nor the house of course either belongs to any music genre either.
A strong will "Only I am one music genre" might have made it do so. However, he not given to the hit though it has been called, "Post prince" and "Jockey of new black music" before has been some day forgotten because of the music scene. New figure Rennie Cravitts that appears from his back outdoes him between those with surprising swiftness, and the popular artist's joining has been accomplished that much. It is very severe with predecessors for a long time in the age.
The bloods such as the Cherokee Indian, Spain, and Ireland in addition to Afro-American lineage has mixed with TTD that appeared in New York in 1962. That had to have had a big influence on his life and music.
Man by possession of confidence to strong individuality and him before it debuts. It extends to Britain of away in the homeland United States for the place where the work the same as the desire can be made. I think that the experience when he had stayed in Germany by the military service before was a start of it.
The country named Britain tends to have the respect traditionally for an overseas culture and to bound. Especially, fan layer is more than the own country United States for the nappy music. The boom of the beat band by whites of the favorite blues such as Stones and Beatles. The white is mods Bumument of favorite Seoul such as Motown that drops in. Always a lot of booms and popular artists have been invented. (When style council, Paul Uerar, Jamiroquai, Culture Club, Elvis Costello, and Van Morrison, etc. enumerate it, it is limitless. )It was reimported by the United States because Jimi Hendrix was admitted in Britain and it became a big star. This might also be influenced by the inferiority complex where the United States without the culture has a European culture.

Thus, Britain decorated the debut with 25 years old as for him in 1987. The album title is "Introducing The Hardline According To TTD. "If it read the future, this title with a deep meaning might have been a declaration as a confident artist. said
Actually, he asserted oneself to be "Existence that was sure to achieve stardom" by the interview etc.The debut album shone to British all No.1 at once according to the declaration, and and, it rose to 4th place, and second base single "Wishing Well" shone to the first place in the U.S. splendidly also in the own country United States. However, his Hardline started here.

Second base album "N.F.N.F. TTD' s Neither Fish Nor Flesh "of announcement in 1989As for the album of the title with a deep this and meaning, only the work having been dedicated by Beach Boys's Brian Wilson was, and was finished up in a mixture pop that considerably looked into oneself and was complex to compose. There must have been a lot of people who jumped at the advanced pop sense if this album was announced in the 21st century. However, time is 80's still to our regret. The much more, there is lyrics' that can be called autism being sure being sure not to be accepted by the general public, and it misfires completely.
The album title of the third piece in 1993 is "TTD's Symphony or Dawn". To our regret, this album of the title with a deep meaning also misfires again. And, the cogwheel that doesn't engage by one degree has not returned to the origin. He announces album "TTD' s Vibrator "of the fourth piece in 1995, and this ends in a far result in the hit, too.
A variegated, popular content like the WOWOW guitar number etc. of the ballade of the Latin number of a hard tune the funk to lock and Cuba style and Stevie Wonder styles and Curtis Mafeld styles proved his talent was a real thing again.

He does musical instrument performance and an own chorus by most tunes. However, there is no such a thing at all whether live to be accompanied by the band is unattractive. It can be said that this respect is suitable for calling exactly common with the prince the genius. Though there is a person that it is appearance of his strong ego that the titles of the album that he announced are "TTD's・・・" all, too ・・・ Existence and oneself who seems it so might be driven in. The nature that can be thought so is done. Actually, when the jacket of his album is displayed, certain is noticed. It looks down diagonally all by the photograph of him who reflects in the jacket, and shuts eyes. In the jacket of "NFNF" that opens one's eyes only, he is concealing the parts other than eyes by the hand. It cannot be thought that this is a coincidence for a moment.

Such a fellow was not found from the music field for these several years. Can the one that has the talent like him disappear easily? Is it the same as me?
It met him again at such time. The name had been changed. A new name is Sananda Maitoluya.
It is too the same as me. My current name is master.

darby.jpg


今日の男めくり「才能を超える」
Today's dandyism「The talent is exceeded.」

今日の気分(Today's feelings)→Sananda Maitreya

ムチョ・アミーゴ 

んまいっ。当店より走って一分のところにある、レストラン「ムチョ・アミーゴ」。たぶん、ここら辺で一番バランスのとれているレストランだと思う。
たまーに、ディナータイムにお邪魔しますが、通常俺はランチタイム。プラスチックの皿に箸で食わせるスタイルは素晴らしい。ちゃんとした素材でちゃんとした料理を食わせる数少ない店だと思います、実際。800円のランチはメインとライスとサラダとスープ。でも、このスープが只者ではない。ビーフコンソメが飲みたくなると、ココへ行きます。ちなみに俺の一番好きなコンソメは横浜ランドマークホテルのダブルコンソメ。この味が好きな方ははまります。
そして、欠かせないのがコーヒー。デミカップなんだけど、んまいっ。プラス200円出して、絶対飲んでね。
リストランテ「ヴィータ」亡き後、大岡山ではココしかないでしょ。

It is delicious. Restaurant "Mucho amigo" that is running from our shop at one minute. Maybe, I think that it is a restaurant that is balanced most in the vicinity.
Occasionally, I usually go at the lunch time though it goes at the dinner time. The style to make it eat with chopsticks is wonderful in a plastic plate. Think that they are very few shops that eat a tidy dish in a tidy material, and actually. The lunch of 800 yen is a main, rice, a salad, and soup. However, this soup is good. It goes to this shop when the beef consomme comes to want to drink. By the way, my most favorite consomme is a double consomme of the Yokohama landmark hotel. One where it likes this taste must be delicious.
And, the indispensable one is coffee. It is delicious though it is a Demi cup. The plus 200 yen is put out, and it drinks absolutely.
Only this shop might exist in Oookayama after Ristorante closes the store "VITA".

mutyo.jpg


今日の男めくり「バランスが大切」
Today's dandyism「The balance is important.」

今日の気分(Today's feelings)→Abba

アンティーク 

「月9」ドラマ『アンティー ク~西洋骨董洋菓子店~』全11話を一気観。さすがに約11時間を一気に観るのは疲れるが、ドラマ「24」のときの経験から、余裕を持って観ることが出来ました。前回の24では深夜12時からのリアルタイム一気観だったので、相当いかれましたが。滝沢英明、椎名桔平、藤木直人、阿部寛という個性的な野郎ばかりで営むケーキショップの話です。人間関係、場所、インテリア、営業時間、客、どれをとっても俺の理想としているショップですね。今回は阿部ちゃんのキャラが生かしきれていなかったのが残念。でも、間違いなくドラマ部門「俺の心のベスト10」に入ってくる作品です。

11 all the drama 'Antiquity' stories from 21 o'clock of Monday were seen at a dash. It was possible to see with room from the experience at drama "24" though it was tired to see about 11 hours at a dash. Corresponding became tired in last "24" because it had seen in real time at a dash since 24 o'clock of midnight. It is a story of the cake shop that manages it only by a unique man named HIDEAKI TAKIZAWA, KIPPEI SHIINA, NAOHITO FUJIKI, and HIROSHI ABE. It is a shop where I assume the interpersonal relationship, the place, the interior, business hours, the guest, and any to be an ideal very much. It is regrettable not to be expressible of the character of ABE this time. However, it is a work that surely enters drama section "Best 10 of my mind".

antique.jpg


今日の男めくり「衝動のままに動く」
Today's dandyism「It moves like the impulse.」

今日の気分(Today's feelings)→Mr.Children

超クリスマス 

 道に面した店の窓からは、街の喧噪が見えていた。
 日が暮れて家路に急ぐ車が行き交っている。毎年恒例のクリスマスイブの光景だ。
 ただ昨年のクリスマスイブと違うのは、夕方から降り出した小雨が雪へと変わろうとしていることだけだった。
 男はGRAVITYへ女を誘い出していた。

「今の世の中に本物のサンタクロースなんているわけないじゃない」
「いや、いるんだよ」
 男はナプキンで口を拭うと身を乗り出して、女の問い掛けにそう応えた。
「そんな子供の夢みたいなことを言ってもダメよ」そういって女は微笑んだ。
「本当だよ。君だって子供の頃は信じていただろう?」
「ええ、父親がサンタクロースだった、という事実を知るまではね」

 女は前菜を食べ終えて、ナイフとフォークを静かに置いた。そして、赤ワインを一口飲んだ。
「本当にサンタクロースがいるとしたら、トナカイは? いくらクリスマスイブだといっても、こんな街中をトナカイのソリで走ることなんか無理でしょ。道路交通法の違反かなんかで捕まっちゃうんじゃないの?」
 女は勝ち誇ったかのように男に言った。
「確かに年末は交通規制が厳しいよ。でも、最近のサンタクロースはトナカイのソリなんて使わないんだ。・・・ミニバイクなんだよ。ジャイロキャノピーっていうピザ屋が使っているやつ。小回りが効くし、燃費も良い」
「たとえミニバイクで来たとしても、マンションに煙突なんかないじゃない。どうやって家に入るの?」
「宅配便と同じだよ。玄関からピンポーンって」
マスターが野菜のたっぷり入ったグラビティースープを二人の目の前に置いた。
 男はスエードのジャケットのポケットに忍ばせておいた、小さな箱の存在を服の上からそっと確認した。
「ふーん、それじゃ、サンタさんはクリスマス以外は何をしているの? まさか、プー太郎って訳じゃないでしょうね」
 男は慌てて右手をテーブルの上に戻した。
「安心して、クリスマス以外のシーズンにも、ちゃんと他の仕事を持っているんだ。これは季節労働みたいなもので・・・」
「で、年収は?」
 女は間髪入れずに質問をした。
「毎月手取りで12万円くらい・・・。でも来年にはもう少しだけ給料が上がるかもしれない」
 男は頭をボリボリと掻いた。ばつが悪そうにグラビティースープをスプーンで口に運んだ。
 女はニッコリと微笑んだ。
 私たち付き合い始めてもう10年になるのね、女は独り言のように呟いた。女は今年で30歳を迎えていた。

 二人のテーブルの上にはメインディッシュのグラビティープレートが並んでいる。
「ねえ・・・サンタクロースは私にもプレゼントをくれるのかなぁ?」
 小さく切ったタンドリーチキンを口に運びながら女は何気なく聞いた。
「サンタクロースは・・・気が小さいからね。そっとプレゼントを渡すんじゃないかな?」
 男はテーブルの下で、女に気づかれないようにジャケットのポケットから小さな箱を取り出した。
「やっぱり、サンタクロースなんて現実にはいないのよ」
 女はそういってワイングラスを口に運んだ。
「どうして?」
 男はテーブルの下で、掌の小さな箱を握りしめた。
「どうしてって、私にはサンタクロースが来てくれないからよ」
「そんなことはないよ。きっと、君にも・・・」
「もしかして、あなたが私のサンタクロースだっていうの?」
 グラビティープレートの皿の上にフォークでガチャンと大きな音を立てて女は笑った。
「いや、それは・・・」
 男は顔を赤らめて慌てて否定した。
「笑わせないでよ。夢ばっかり追いかけて、将来のことなんか、これっぽっちも考えていないあなたが。・・・自分のことばかり考えて今を自由に生きているあなたが、私のサンタクロースになれるっていえるの?」
 店の中が凍り付いたようにシンと静まりかえった。
「そんな・・・」
「もっと現実を見てよ! あなたは私に何ができるっていうの?」
 女の声がグラビティー中に響き渡った。もしかしたら99ショップにまで聞こえたかもしれない。
 男は慌てて掌の小箱をもう一度ジャケットのポケットにしまい込んだ。

 その時、店の扉が開いた。
 冷たい外気とともに赤い洋服と帽子を被った、白い髭を蓄えたサンタクロースが入ってきた。
「ええっと、私に手紙をくれたのはあなたですか?」
 サンタクロースは女に向かってそう聞いた。黒く太い革のベルトといい洋服の重厚な生地といい、その辺の偽物のサンタクロースとはまるでモノが違う、重厚な雰囲気を醸し出していた。
 驚きのあまり立ち上がった女は、目を丸くしてコクンと頷いた。
「まさか、ホントに来るなんて思ってもなかったわ。私は・・・冗談半分で手紙を・・・」 サンタクロースは首を振った。白い髭の中から、彫りの深い二重まぶたが優しく女を見た。
「残念ながらプレゼントは子供だけに限られています。あなたは年齢制限を越えていますね。しかも、あなたの願いときたら・・・」
 サンタクロースは男と女を見比べてニヤリと笑った。白い髭の間から真っ白い歯が見えた。
「まあ、残念ながらそういうことで。これ以上は私の仕事ではありません。メリークリスマス!!!」
 サンタクロースはそういうと踵を返して店の扉に向かって歩いていった。

 女は腰が抜けたようにストンと席に着いた。
 マスターは何もなかったかのように禁断のデザートを二人の前に置いた。
「本物のサンタクロースを見たくらいで、そんなに驚くなよ。サンタクロースは、ずっと昔からいたじゃないか。君の悪い癖だよ。夢を疑っちゃダメさ」
 男はそういうと、勇気を出してジャケットのポケットから小さな箱を取り出した。
「メリークリスマス。これは僕からのプレゼントだよ。気に入るかどうか分からないけど、とにかく開けてみて」 
 グリーンの包装紙に赤いリボンの付いた小さな箱。掌に乗るほどの小さな箱を受け取った彼女はニッコリと笑った。
「やっぱり・・・さすがサンタクロースね」
「えっ?」
「サンタクロースは私が本当に欲しがっているプレゼントをくれたわ」 
 女は箱の中身を開けずにそう呟いた。

 店の外からサンタクロースが女にウインクをした。小雨は完全に雪へと変わっていた。
 サンタクロースはミニバイクに跨ると、白い大きな袋を背負い後方を確認して喧噪の街中へと走り出していった。



なんていう小芝居を書いている間も、イベントの内容が思いつきません。
兎に角やります、クリスマス!
キリストの誕生日を祝って2006本のキャンドルをケーキに立てて着火するのは、店が燃えそうなので却下します。

内容はパスタ何品かを大皿で出します。鶏なんかも出しちゃったりします。その他に俺が食いたいものを出します。
金額は一名3650円とややお高めですが、ワイン飲み放題とシャンペン飲み放題が付きます。現在在庫はフランポワーズ、青リンゴ、ペシェ、カシスなどのフルーツスパークリングワインと、コルドンブルーネグロのマグナムがございます。
目玉としてはルイ・ヴィトンのヴーヴークリコとモエを開けます。
そしてケーキはこれ↓
http://blog.goo.ne.jp/toujours20050503/e/1cf726e756c2717896e62bd17209b4de
ケーキは出来るだけ人数分を用意したいので、ご参加予約はお早めに。

◎今回も売り上げ全額、難病の子供たちに寄付をします。

Christmas event done anyway. Because the shop seems to burn, it is rejected to celebrate Christ's birthday, to establish 2006 Candle in the cake, and to ignite.

Pasta displays to the content in the platter what goods it is. The chicken puts it out. What I want to eat is put out additionally. All-you-can-drink champagne is applied with all-you-can-drink wine and it comes though the amount of money is 3650 yen a person and improving a little. The stock has fruit sparking wines such as Frampowarz, the green apple, Peshe, and cassis and Le Cordon Bleu Negroes' magnums now. Vuvucrico and Moe of Louis Vuitton are opened when assuming it is recommended. And, the cake is this ↓
http://blog.goo.ne.jp/toujours20050503/e/1cf726e756c2717896e62bd17209b4de
Because the cake wants to prepare a few minutes of the person as much as possible, the participation reservation : to bringing forward.

◎It contributes it to children of the sales full amount and the intractable disease this time.

santa.jpgcake.jpg


今日の男めくり「行き着く先は、自分」
Today's dandyism「The terminal is myself.」

今日の気分(Today's feelings)→The Smiths

仇討ちしない人生 

父の仇を討つために東京・深川の貧乏長屋に住み着いた田舎侍が繰り広げる、笑いあり、涙ありの人情時代劇。監督は『誰も知らない』でカンヌ映画祭最優秀男優賞を柳楽優弥にもたらした是枝裕和。個性豊かな住人と触れ合ううちに仇討ちの使命に葛藤しだす主人公にV6の岡田准一、ヒロインに『たそがれ清兵衛』の宮沢りえ。人々のたくましい生の物語を現代にも通じるテーマ性と絡めた、人間味あふれるドラマが感動。
アイドル映画はつまらない。と相場は決まっていた。しかしながらこの「花よりもなほ」はよくできている。長屋に住む全ての人々の人生が巧みに交差して、一つのストーリーになっている。時代劇はあまり好きじゃない方も、楽しめること請け合いです。

Unfolding of the country samurai who settled in poor tenement house in Tokyo and Fukagawa to subjugate father's enmity, and humanity period play it laughs, it exists, and with tears. The supervisor is HIROKAZU KOREEDA that brings YUYA YAGIRA the Cannes Film Festival best actor prize by 'No one knows'. It is JUNICHI OKADA of V6 in the conflict hero. The mission of the revenge when touching the resident of rich individuality. It is RIE MIYAZAWA of 'TASOGARE SEIBEI' in the heroine. The drama round which the story of people's stout lives twines with the theme that runs at the present age with which human touch overflows is impressed.
The idol movie is trivial. It solves and the market price has been decided. However, this "HANAYORIMONAO" is made well. All people's lives living in the tenement house intersect skillfully, and one story. The period play is an assurance of can the enjoyment of one so not favorite.

asano.jpg


今日の男めくり「明日は休み、今夜思いっきり泣こう」
Today's dandyism「It will take a rest tomorrow, and only the desire cries tonight.」

今日の気分(Today's feelings)→The Smiths

HOT or COOL 

レノンが狙撃された時間の、同現場の裏の通りに、偶然キース・リチャーズがいた。彼はリボルバーを握り締めて狙撃犯を成敗しようとしたが、周りの人間に止められたという。
俺もニューヨークに行った時、ダコタハウスの前まで行った。
この場所で、あの出来事があったら・・・
俺もリボルバーを持っていたら・・・
キースと同じかもしれない。

As shown in, behind the same site of time that Lennon had been sniped there was Keith Richards by chance. He says that it was stopped by surrounding man though he tried to grasp the revolver and to punish the sniper.
It went in front of the Dakota house when I also went to New York.
When that event happens in this place.
When I also have the revolver.
It might be the same as Keith.

kease.jpg


今日の男めくり「悲しみは喜びの糧、苦しみは楽しみの糧」
Today's dandyism「Sadness changes into pleasure, and suffering changes into the enjoyment.」

今日の気分(Today's feelings)→The Smiths

スターティング・オーバー 

ビートルズの赤盤を買ったのは小学生のとき。金をためては青、白と買っていき、忘れもしないあの日。そう、12月8日。
ダブル・ファンタジーを買いにいった。日本時間ではもしかしたら9日だったかもしれない。
精算のためにレコードショップの店員にアルバムを渡す。その時レジで電話が鳴った。
「ちょっと、待ってね。」と店員は言い、電話を取った。数十秒後、「いまジョンが死んだって!」
家に帰って、聴いた。ただひたすら聴きまくった。
チョットだけ泣いた。
ジョンが残してくれた言葉・・・
苦しみ悩んでいるとき、
聖母マリアが私のところへ来て、
知恵ある言葉を伝えてくれる、
すべてなすがままに

When I am a school child, having bought the red album of Beatles :. It bought it with a blue album and the white album when laying by money. And, that day not forgotten. December 8.
The double fantasy was said to purchase. It might have been a possibly the ninth at Japan standard time.
The album is passed to the clerk in the record shop for the adjustment. At that time, the telephone rang by the cash register.
"Waited for a moment" and the clerk said, and took a telephone call. Tens of seconds later "John died now"
It returned to the house, and it listened. However, it listened single-mindedly and it rolled it up.
Only Chot cried.
Word that John left ・・・
When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

jhon.jpg


今日の男めくり「みんな何かを求めてる」
Today's dandyism「Everyone requests something.」

今日の気分(Today's feelings)→The Smiths

死ぬ前に食べるもの 

想像してみた。
死ぬ前の最後の食事。
何が食べたい?
あったかい、ごはん
焼きたらこ
アサリの味噌汁
これだけで充分だな。

I imagined it.
The last meal before it dies.
What will I want to eat?
Warm rice.
Combustion cod roe.
Littleneck clam's miso soup.
It is enough only in this.

tarako.jpgasamiso.jpg


今日の男めくり「美味しいものを口にすると、人はみな素直になる」
Today's dandyism「If it eats the delicious one, all people become obedient.」

今日の気分(Today's feelings)→Phoebe Cates

THE BLACK DAHLIA 

1947年1月15日の朝、ロサンゼルスで女性の死体が発見された。草地に、裸で放り出されていた。ただの死体ではない。死体にはすさまじい損壊が加えられていた。胴体はウェストで切断されていた。何度も切りつけられたらしく、体じゅうにナイフの切り傷と殴られた青あざが残っていた。左腿は大きく三角形に抉られていた。手首と足首にはロープをかけられた痕があった。何日も続いた拷問のあいだ縛りつけられていたらしい。
最後に、殺人者は顔にも手を加えた。両頬が切り裂かれ、笑い顔が作られていたのである。バットマンの仇敵ジョーカーのような、おぞましい笑顔。
一度見たら忘れられない死体である。『ハリウッド・バビロン2』に収録された写真はきわめて雄弁だ。上半身と下半身を切り離され、50センチほど離れて放り出された死体。両手は万歳するように上げ、男を誘うように大きく股を開いている。左乳房の切り傷、左太腿のえぐり傷、性器の上に縦に入れられた切り口。肌は白く、驚くほどに美しい。まるでベルメールの人形のように。死体はオブジェだ。そのことを、これほどはっきり教えてくれる写真もない。
FBIによる指紋の照合で死体の身元が判明した。エリザベス・ショート、22歳。黒い髪、青い目。マサチューセッツ州、ボストンに近い町ハイドパークの出身だった。町では評判の美人だった。ベスはウェイトレスや映画館の席案内をしていた。だが、そんな程度の仕事では彼女の夢は満たされなかった。エリザベスは18歳のとき、大陸を横断してロサンゼルスに向かった。夢のハリウッドへ。彼女は女優志願だった。だが、東部の田舎町でなら注目される美人でも、ハリウッドでは平凡なワン・オヴ・ゼムでしかない。ここには若い美人などゴロゴロいるのだ。ベスが売春婦稼業に身を落とすのは時間の問題だった。
黒いセーターとスラックスを好み、豊かな髪をふわっとしたポンパドゥールに結いあげた彼女は、いつか“ブラック・ダリア”と呼ばれるようになった。ベスにとって、ハリウッドはあやふやな夢程度のものだったようだ。真剣に演技を学ぶわけでもなく、コネをたぐろうともしなかった。今風に言えば、漠然とモラトリアムしていただけである。だから、たぶん意識的に売春を選んだわけでもないのだろう。どこへも行きつかない暮らしを何年か続けたあげく、1月10日の夜、ブラック・ダリアは運命の男と出会った。彼女をいたぶり、切り裂き、ハリウッド史に永遠に残るオブジェに仕立てあげる男と。
ブラック・ダリアの死体はさまざまな夢想を引き起こした。それだけのインパクトがあのオブジェにはあったのだ。中でも最大のものはジェイムス・エルロイが書いた小説『ブラック・ダリア』だろう。
エルロイは1948年にロサンゼルスで生まれた。幼いころに両親が離婚してからは母親が一人で育てた。母は看護婦だったが、それだけでは子供までは養えなかった。パートタイムで娼婦のようなこともやっていたらしい。1958年6月、ジニーヴァ・エルロイは男と連れだってバーから消えた。翌日、彼女の死体は小道に捨てられていた。レイプされたあとストッキングで首を絞められていた。
17歳のときに父も死に、以来エルロイは無頼の生活を送った。酒と麻薬に溺れ、駅や公園で寝泊まりし、警察に厄介になることもたびたびだった。エルロイはまさしくロサンゼルスの暗黒面を生きてきたのだ。やがて作家となったとき、ブラック・ダリア事件について書くのは必然だったとも言えるのではないか。
エルロイの『ブラック・ダリア』は元ボクサーである警官を主人公にした小説である。親友と、その恋人とあやうい三角関係を築きあげていた彼の人生を狂わすのが、ブラック・ダリア事件なのだ。死んだ女の幻影に引きずられるように、平穏なはずの人生に潜んでいる暗闇が徐々に暴かれてゆく。ちょうど、母の死後エルロイが暗黒のロサンゼルスに導かれていったように。自分が生まれる前年に起きた猟奇殺人事件が自分の人生を決定づけた、とエルロイは考えていたのではなかろうか。『ブラック・ダリア』からはエルロイ自身のブラック・ダリア事件への魅惑が色濃く漂ってくる。近親相姦的なものさえ感じとることができるだろう。
もちろん、ブラック・ダリアに魅せられたのはエルロイ一人ではない。多くの狂人たちにとってもブラック・ダリアは大いなる夢想だった。我こそ犯人だと名乗り出た男とレズビアンは500人以上に及ぶという。みな、あのオブジェの“作者”になりたかったのだ。だが、その願いがかなった者はいなかった。警察は自白マニアをすべて退けた。
ブラック・ダリア殺害犯はつかまらなかった。警察が手をこまねいていたわけではない。一時は250人以上の警官が捜査に加わった。後のシャロン・テート惨殺事件を上回る規模だとも言う。だが、失踪後のブラック・ダリアの足どりはようとして知れず、犯人は浮かばなかった。しかし、それは当然かもしれない。ブラック・ダリア殺しはまちがいなく性的快楽殺人者、おそらくは連続殺人犯の仕業だからだ。
ブラック・ダリアの拷問と解体は、どう見ても怨恨や激情によるものではない。サディストが性的妄想を実行するためにおこなった犯罪だ。死体のポーズも、腹部や乳房につけられた傷も、それを指し示している。今風にプロファイルを作ると「白人男性。二十代後半から三十代。おそらくは女性を憎んでおり、暴行などの前科がある。おそらくは一人暮らし」こんな感じだろうか。死体損壊の激しさからして、最初の犯行ではないだろう。おそらくは数回の連続レイプ、また殺人事件がこの前にあるはずだ。
性的殺人者をたった一回の犯行でつかまえるのは至難の技である。情痴殺人なら、犠牲者と加害者は知り合いだ。だが性的連続殺人者の場合、加害者と被害者の出会いは偶然に過ぎない。性的連続殺人者は、自分なりの条件で犠牲者を選ぶ。バーで出会っただけ、道ですれ違っただけのつながりで犠牲者となってしまうこともある。犠牲者の過去をいくら探っても、殺人者との接点は見つからないだろう。
エリザベス・ショートの死体は、指紋を消すため、きれいに洗い清められていた。のちに新聞社に送られてきた犯行声明文はガソリンに浸されていた。ここまで用意周到に痕跡を消す犯人をつかまえるのは容易なことではない。つまるところは密告をつのり、次の犯行を待つしかない。連続殺人犯は必ずもう一度犯行をおかす。そして、繰り返す内に必ずヘマをしでかすのだ。ほとんどの性的殺人者はそうやってつかまる。
しかし、ブラック・ダリア殺しはそこで終わった。殺人者はそれ以降犯行を繰り返さなかった。警察はこれ以上の証拠を集められなかった。ブラック・ダリア事件はロサンゼルスでもっとも有名な未解決殺人事件になった。
そしてこれからもブラック・ダリアの謎と取り組む者が絶えることはないだろう。
監督はブライアン・デ・パルマ、「アンタッチャブル」が好きな人は同じ匂いがするよ。出演は世界で一番セクシーな女性に輝いた、スカーレット・ヨハンソン。そしてダリアを演じたミア・カーシュナー、本物のブラック・ダリアにそっくりである。

Woman's corpse was discovered in Los Angeles on the morning, January 15, 1947. It was thrown out in the meadow nakedly. It is not a free corpse. Terrific destruction was added to the corpse. The body had been cut by the waist. The cut of the knife and the hit blue bruise remained in paved body if cut many times and applied. A left thigh was big and ..triangulating... Were in the wrist and the ankle as for the rope it. Shiba of the torture that had continued for days how many seems to have been put up. Finally, the murderer arranged one's verbs and objects to the face. Both cheeks were torn up, and the smile was made. Hateful smile like Batman's enemy joker.
It is a corpse not forgotten when seeing once. The photograph collected to 'Hollywood and Babylon 2' is extremely eloquent. Corpse thrown out upper-body and lower half of the body's being separated, and parting about 50 centimeters. Both hands are greatly as raise to give cheers, and invite a man open of the groin. Cut put in length on scooping out wound and genitals of cut and Hidariftomomo of left breast. The skin is white, and beautiful surprisingly. To the way of the doll of the bell mail. The corpse is objet. There is not a photograph where that is clearly taught like this either.
The corpse was identified in the collation of the fingerprint by FBI. Elizabeth short and 22 years old. Dark hair and blue eyes. It was coming from of town Hyde Park near Massachusetts state and Boston. It was a beautiful woman of famous in the town. Bess was guiding the seat in the waitress and the movie theater. However, her dream was not filled on business of such extent. Elizabeth steered one's way across the continent at 18 years old it and headed for Los Angeles. To dream Hollywood. She was actress application. However, even the beautiful woman paid attention to in the country town in the east part is only ordinary one Ov Zem and exists in Hollywood. Lying about such as young beautiful women is here. It was a matter of time that Bess dropped her body to the prostitute work.
It liked black sweater and slacks, and the woman who dressed her abundant hair to the whiffing pompadour came to be called "Black dahlia" some time. Hollywood seems to have been the one at an ambiguous dream level for Bess. Because acting was not seriously learnt, it did not do even though Cone was hauled in either. Vaguely it can be a moratorium doing and it exists if it says to the wind now. Therefore, there might not be being possible to boil by the intentional choice of prostitution maybe either. The black dahlia met a man of the fate after continuing the living that did not arrive anywhere it was years how many on the night, January 10. Hurt, tear her up, and to the objet that remains through all eternity in the history of Hollywood with a man who tailors up. The corpse of the black dahlia caused various dreams. There was an impact only of it in that objet. The especially maximum one might be the novel 'Black dahlia' that Jeimus ell Roy wroteEll Roy was born in 1948 in Los Angeles. After parents had divorced when it was young, mother raised it alone. Even the child was not able to support it only by it though mother was a nurse. It seems to have done by part-time like the prostitute. Taking disappeared from the bar in Geneva ell Roy with a man in June, 1958. Her corpse was thrown away to the footpath the next day. After it raped and it was done, the neck was wrung with stockings.
Father also died at 17 years old it, and ell Roy spent roguish life since then. It was drowned, it slept in sake and the drug in the station and the park, it stayed, and to the trouble frequent in the police. Ell Roy has lived exactly in the dark side in Los Angeles. It might be able to be said as the inevitability of it to write the black dahlia event when becoming a writer before long.
Ell Roy's 'Black dahlia' is a novel that makes the policeman who is a former boxer a hero. It is a black dahlia event that the life of man who was building up a dangerous eternal triangle with the best friend and the lover is driven mad. The dark that lurks life that must be peaceful as dragged to the vision of the dying woman is gradually exposed. Ell Roy of postmortem of mother must be led to Los Angeles of darkness just. Let's did not think by ell Roy that the bizarre murder event that had occurred in the previous year when I was born was able to decide my life. Ell Roy's own enchantment to the black dahlia event drifts from 'Black dahlia' dark. Even the incestuous one will be able to be felt.
Of course, it is not one ell Roy in the black dahlia that the charm. The black dahlia was a considerable dream for a lot of madmen. When only I am a criminal, a man and the lesbian who presents oneself say that it reaches 500 people or more. I wanted to become "Author" of that objet all. However, nobody fulfilled the wish. The police repelled all the confession manias. Was not caught ..black dahlia murder.. violation. The police were not folding the hand. 250 policemen or more joined the investigation at one o'clock. It is said that it is a scale more than the following Sharon Tat slaughter event. However, it was not able to know the step of the black dahlia after it disappeared as a way, and the criminal did not float. However, it might be natural. The black dahlia killing because it is serial killer's act of the sexual pleasure murderer perhaps not finding the mistake. Neither torture nor the dismantlement of the black dahlia are in every respect due to the grudge and passion. It is a crime done so that the sadist may execute a sexual delusion. The pose of the corpse and the wound applied to the abdomen and the breast indicate it. When you make the profile in the wind now「White man. It is in its thirties from the latter half in its twenties. The woman is hated perhaps, and there is a previous offense of the assault etc.Living perhaps alone」Will it be such feeling?Even violent of the corpse destruction will not be the first crime either. Perhaps, several-time continuous rapes and murders must be ahead of this. It is a difficult technique that catches a sexual murderer due to the crime of only one time. If it is Nasake homicide, the victim and the assailant are acquainted. However, assailant and victim's meeting doesn't pass by chance for the sexual serial murders person. The sexual serial murders person chooses the victim on the condition of my own way. It is likely to become a victim because of the connection of passing each other only of meeting in the bar on the road. The point of contact with the murderer will not be found no matter how it searches for the past of the victim. To erase the fingerprint, an Elizabeth short corpse was beautifully purified. The crime statement sentence that had been sent to the newspaper had been soaked in gasoline. It is not easy to arrest the criminal who erases signs in a careful preparation for here. Taletelling can do nothing but be waited for after all and and the following crime be waited for. The serial killer has the crime put again without fail. And, when repeating, blunder without fail. Most sexual murderers do so and hang on. However, the black dahlia killing ended there. After that, the murderer did not repeat the crime. Evidence more than this was not collected to the police. The black dahlia event became the most famous in Los Angeles and unsettled murder. And, the person who will work on the mystery of the black dahlia in the future will not become extinct. The odour as which the person who likes Brian Russell De Palma and "The Untouchables" is the same does the supervisor. Appearance is Scarlett Johansson that shines to the sexiest woman in the world. And, it is just like Mia Kirshner that performs the dahlia and genuine black dahlia.

yohansen.jpg


今日の男めくり「明日への扉は自動ドアじゃない」
Today's dandyism「The door to tomorrow is not an automatic door.」

今日の気分(Today's feelings)→Janis Joplin

いらっしゃいフランケン 

店のドアが開く。真っ赤なダウンに真っ赤なマフラーの白髪頭のリーゼントのオヤジが入ってきた。第一声が「いやー、迷っちゃったよ!」
心の中で俺はつぶやく「誰だ?」
入ってきてテーブルに着くなり、メンバーの「鍵」を購入。喋り続けるオヤジ。誰?喋り続ける。誰?10分ほど話して謎が解けた。タカナリのマイミクさんの「フランケン」。
はじめて会ったのに20年前からの友達のようだ。
また、酒が強い。チンタオビール、ハイネケンビール、血塗れマリー・ノーマル、血塗れマリー・フロムヘル、血塗れマリー・ヘル・ウィズ・スピリタス。全然顔色変わりません。今回は俺の負け。
フランケン、57歳には見えないよ!

The entrance door in the shop opens. The gentleman of regent of the frosty head of a red muffler has entered a red feather court. The first opinion is " I’m loses way".
I think. "Who is it?"
It enters, it arrives at the table, and member's "Key" is bought. Gentleman who keeps talking. Who?. It keeps talking. Who?. The mystery was able to be solved by speaking for about ten minutes. " Franken " of My Mixi of Takanari.
The friend for 20 years though met for the first time.
Moreover, sake is strong. Normality of Tintao beer, Heineken beer, and BLOODY MARY, From hell of BLOODY MARY, and Hell with Spiritas of BLOODY MARY. The complexion doesn't change at all. It is my defeat this time.
It doesn't see it in 57 years old Franken.

franken.jpg


今日の男めくり「大人が本気で遊んだら、それが仕事になる」
Today's dandyism「When the adult plays seriously, it becomes work.」

今日の気分(Today's feelings)→Lenny Kravits

水がモチーフ 

震度3から4の地震が続く東京都・西部エリア。井戸水を飲料水として利用しているその地域で謎の自殺事件が多発していた。という内容。タイトルは「水霊」。
渡部篤郎、井川遥が出ているので観てみたが、こんなものかな。なんせ恐怖の対象が「水」だもんね。

Tokyo and the west area where earthquake of four continues from three in seismic intensity. Content that suicide event of mystery happened frequently in the region where well water is used as drinking water. The title is "Mizuchi".
Is it these kind of things though saw because Atsuro Watabe and Harika Igawa perform?Fear object is "Water. "

haruka.jpg


今日の男めくり「感謝するから幸せが生まれる」
Today's dandyism「Because we wish to express our gratitude, happiness is born.」

今日の気分(Today's feelings)→the brilliant green

極右 

朝日新聞で、ヨーロッパ各国の右翼が”慈善活動”に力を入れてるという記事を読んだ。例えばフランスでは、右翼政党”国民戦線”系の組織がホームレスのための炊き出しを行う…といった具合。一見いいことではある。しかし、この炊き出し料理、実は中に豚肉が入っている。最も恵まれない移民には(豚を不浄として食べない)イスラム教徒が多い…つまりこの炊き出し、移民にとっては単なる”嫌がらせ”に過ぎないのだ。ついでにフランス人ホームレスは取り込めるし、移民たちと分断・敵対させることも可能な訳だ。それって、やりすぎだろっ。

The article that the right wing in each country of Europe was making efforts to "Charity activity" in Asahi Newspaper was read. For instance, condition said that distribute the boiled rice of organization of "National the front"-affiliated right-wing political party etc. for homeless in France. It is seemingly good. However, this distribute the boiled rice dish, and, to tell the truth, there is pork in the inside. It is only mere "It is made to dislike" in the immigrant (It doesn't eat the pig as an uncleanliness) given least as there is a lot of Islamites for ,in a word, this distribute the boiled rice and the immigrant. In French homeless, it is possible to take incidentally, and it is a possible translation to make it dividing into parts and hostile with immigrants. It is.

hinomaru.jpg


今日の男めくり「あらゆる壁が扉になる」
Today's dandyism「Every wall will be a door.」

今日の気分(Today's feelings)→The Smiths

ホリデースペシャル 

本日の土日祝祭日よりランチとディナーのプレートをなくします。そしてホリデースペシャルというメニューを新たに作りました。ホリデースペシャルはグラビティーカレーとギーライス、そしてタンドリーチキンの組み合わせ。単品注文より600円安い価格でご提供。本日よりのこのメニュー、注文第一号はミュージシャンの「タカナリ」君でした。
ちなみに平日はちゃんとランチとディナーのプレートありますからね。。。

The plate of lunch and the dinner is lost at today's weekend and the next national holiday. And, the menu of the holiday special was newly made. The holiday special is combination of a gravity curry, ghee rice, and a tandoori chicken. It offers it by a price that is 600 yen lower than the single goods order. This menu and order No.1 from today were musician's "Takanari"
By the way, there is neatly a plate about lunch and the dinner on the weekday.

tandori.jpg


今日の男めくり「自信を持って、ごめんなさい」
Today's dandyism「I'm sorry it says with the conviction.」

今日の気分(Today's feelings)→小林麻美
グラビティーマスター・ライブ
しばらくの間、グラビティーマスター・ライブは延期といたします。

次回の「グラビティーマスター・ライブ」は、『?』。
場所:Dog Cafe Bar & Gallery 「gravity」 Tokyo Japan (東京都大田区北千束1-67-7 東急大井町線・目黒線「大岡山」駅より徒歩8分、東急東横線「都立大学」駅より徒歩12分)
日時:2011年?月?日・土曜日・18時スタート
内容:?(毎回「神に見放された人間の自己啓発」より一項目をセレクトして重点的にお話します)
人数:6~8名(先着順受付・開催は1名からでも行います)
所要時間:1時間(セミナー中の質疑応答含む)
※希望者にはセミナー終了後に1人10分間の個人面接をいたします。当日くじにて順番を決めさせていただきます。
金額:3580円(セミナー代の他に、ソフトドリンク1杯、スイーツ、大國魂神社のお水1本を含みます)
ご予約:参加希望の方は、直接グラビティーマスターまでご連絡ください。

極真カラテ
当店では国際空手道連盟「極真会館」城南目黒中央支部の入会申込みを受け付けております。目黒区で極真空手の道場をお探しの方は見学前にでも、お問い合わせください。4歳より60代の方たちが自由が丘道場(幼少年部)・祐天寺道場(一般部・壮年部・女子部)で楽しく稽古しています。人生が変わること、俺が保障します!

国際空手道連盟「極真会館」城南目黒中央支部マニュアル
インターネット検索はこちらから
カスタム検索


3.5%

各業種へのホームページへは以下よりお入りください。
▼GUESTS▼

▽お客様ホームページ・ブログ▽
vc1%
Pudico
スナップ垂れ流し
Kalafina
Naringer
Craig Mod
kimiの館
しばた亭
かれんぶぅなせいかつ
おじさんの独り言
アンリな日々
基乃
しま坂
さくらボーイズ
東京工業大学
亀の湯
オー・アール・アイ
さか本
ロンシェール
5039 blog
横濱媽祖廟
イリュージョン
ドコモショップ自由が丘店
大岡山で勉強する大学生のblog
Dressとか女社長とか起業とかファッションとか六本木とか
白豚とキタキツネのおウチ
Let it be...
大岡山 歯科開業日記
東京工芸大学
アイビー化粧品
merry-go-round
モローズ

▼OOOKAYAMA▼
▼TWITTER▼
Today's GRAVITUBE(A~J)
★このブログに貼ってある「Today's GRAVITUBE」の中からミュージックビデオのみを抜粋しました。下記にリンクは貼ってありませんのでYOUTUBEなどで検索してお楽しみください。※2010/08/31

◆◆◆A◆◆◆
■A-ha
「Take On Me」
■Aaron Neville
「EVERYBODY PLAYS THE FOOL」
「Amazing Grace」
「Ave Maria」
■ABBA
「DANCING QUEEN」
「Gimme Gimme Gimme」
「Chiquitita」
「S.O.S.」
「Money Money Money」
■ABC
「The Look Of Love」
■Abs
「Stop Sign」
■Adicts
「Easy Way Out」
■Aerosmith
「I Don't Want To Miss A Thing」
■AJICO
「波動」
■Akon feat. Eminem
「Smack that」
■Alan Parson's Project
「Don't Answer Me」
■Al Green
「How can you mend a broken heart」
■Alison Moyet
「Only You」
■All American Rejects
「Gives You Hell」
■Ally Kerr
「The Sore Feet Song」
「The Toothbrush Song」
■Aloha From Hell
「Don't Gimme That」
■Anki Bagger
「Where Were You Last Night」
■Annika Burman
「I en ding ding värld」
■Aphex twins
「Come to daddy」
■Aphrodite's Child
「End of the world」
「I want to live」
■Apocalyptica Feat Nina Hagen
「Seemann」
■Aqua
「Back To The 80's」
「Cartoon Heroes」
■ARB
「赤いラブレター」
「魂こがして」
「野良犬」
「HOLIDAY」
「抵抗の詩」
■Asia
「Heat of the Moment」
■Aska
「はじまりはいつも雨」
「君は薔薇より美しい」
「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」
■The Association
「Requiem For The Masses」
■The Ataris
「Boys Of Summer」
■Atsushi and Kiyoharu
「Just One More Kiss」
■相川七瀬×吉川晃司
「夢見る少女じゃいられない」
■あおい輝彦
「あなただけを」
■青山テルマ feat.Soulja
「そばにいるね」
■秋元順子
「愛のままで・・・」
■麻丘めぐみ
「芽ばえ」
■アナーキー
「東京イズバーニング」
「ノット・サティスファイド」
■あぶらだこ
「冬枯れ花火」
「冬枯れ花火」
■安室奈美恵 & 鈴木蘭々
「一寸桃金太郎」
■絢香
「三日月」
「みんな空の下」
「I believe」
■荒井由美
「中央フリーウェイ」
「あの日にかえりたい」
「卒業写真」
「ルージュの伝言」
「ひこうき雲」
「「いちご白書」をもう一度」
■嵐
「Love so sweet」
「サクラ咲ケ」
「Happiness」
「Troublemaker」
「truth」
「One Love」
「a Day in Our Life」
■アリス
「帰らざる日々」
「秋止符」
「今はもうだれも」
■アルフィー
「星空のディスタンス」
■安全地帯
「あの頃へ」
「好きさ」
■杏里
「悲しみがとまらない」
「dolphin ring」
「オリビアを聴きながら」

◆◆◆B◆◆◆
■B-52’s
「Love Shack」
■BAND AID
「Do they know it's christmas」
■THE BANGLES
「Eternal Flame」
「Manic Monday」
■Bay City Rollers
「Saturday Night」
「Bye bye Baby」
■The Beach Boys
「Kokomo」
「Surfin' USA」
「Good Vibrations」
「Fun Fun Fun」
「California Dreaming」
■The Beatles
「Let it be」
「Hey Jude」
「Helter Skelter」
「Let it be」
「In My Life」
「Across the Universe」
「While My Guitar Gently Weeps」
■Beck
「Loser」
■Bee Gees
「Stayin' Alive」
「Melody Fair」
■BEGIN
「恋しくて」
「WONDERFUL TONIGHT」
■BENT FABRIC
「JUKEBOX」
■Berlin
「Take my breath away」
■Bertie Higgins
「Casablanca」
■Betsy & Chris
「White color is lover's」
■Bette Midler
「From A Distance」
「The Rose」
■Beyonce
「Halo」
■BIG BEAR
「そばに、、、」
■Billie Hughes
「WELCOME TO THE EDGE」
■Billy Idol
「Sweet 16」
■Billy Joel
「The Stranger」
「Honesty」
「Just The Way You Are」
「My Life」
「Allentown」
「Piano Man」
■The Birthday
「涙がこぼれそう」
「ピアノ」
「愛でぬりつぶせ」
「カレンダーガール」
「カラスの冷めたスープ」
「ディグゼロ」
「マスカレード」
「猫が横切った」
■Bjork
「All is full of love」
「It's Oh So Quiet」
「hunter」
■BLACK
「Wonderful Life」
■Black Sabbath
「Paranoid」
■BLACK STONES
「一色」
「Glamorous Sky」
■Blankey Jet City
「ガソリンの揺れかた」
「ディズニーランドへ」
「Sweet Days」
「赤いタンバリン」
「彼女は死んだ」
「僕の心を取り戻すために」
「ディズニーランドへ」
「いちご水」
「SEA SIDE JET CITY」
「ダンデライオン」
「青い花」
「風になるまで」
「綺麗な首飾り」
「冬のセーター」
「ロメオ」
■Blink182
「What's My Age Again?」
■Blondie
「Call Me」
「Heart of Glass」
「The Tide is High」
■Blood Red Shoes
「I Wish I Was Someone Better」
■THE BLUE HEARTS
「人にやさしく」
「リンダリンダ」
「チェルノブイリ」
「終わらない歌」
「1000のバイオリン」
「1001のバイオリン」
「情熱の薔薇」
「キスしてほしい」
「TOO MUCH PAIN」
「チェルノブイリ」
「青空」
「夕暮れ」
「旅人」
■The Blues Brothers
「Rawhide」
「Rubber Biscuit」
「Everybody needs somebody」
「Soul Man」
■Bobby Caldwell
「Answer」
■Bob Dylan
「Like a Rolling Stone」
「Blowing in the wind」
「Knockin On Heaven's Door」
■Bob Marley
「Is This Love」
「Buffalo soldier」
「No Woman no cry」
「One Love」
「Sun is Shining」
「Forever Loving Jah」
「Three Little Birds」
「Don't worry be happy」
■Bon Jovi
「You Give Love A Bad Name」
「Living on a Prayer」
「Hallelujah」
「It's My Life」
■Boomtown Rats
「I Don't Like Mondays」
■BOOWY
「ONLY YOU」
「B・BLUE」
「わがままジュリエット」
「Dreamin'」
「HONKEY TONKEY CRAZY」
「JUSTY」
■Boston
「More Than A Feeling」
■Boz scaggs
「We're all alone」
「You Can Have Me Anytime」
「Harbor Lights」
「Jojo」
■Brian Eno
「On Some Faraway Beach」
■the brilliant green
「There will be love there -愛のある場所-」
■Bruce Hornsby
「The Way It Is」
■Bruce Springsteen
「The River」
「Dancing in the dark」
■Bruce Springsteen & Sting
「The River」
■Bryan Ferry
「Avalon」
■BUCK-TICK
「Jupiter」
「Glamorous」
■Buggles
「Video killed the radio star」
■BUMP OF CHICKEN
「オンリーロンリーグローリー」
「カルマ」
「天体観測」
「K」
■Buzzcocks
「Ever Fallen In Love?」
■The Byrds
「My Back Pages」
■B'z
「Real Thing Shakes」
■ばちかぶり
「ONLY YOU」
■バンバン
「縁切寺」
「「いちご白書」をもう一度」
■ブラック・キャッツ
「シンガポール・ナイト」

◆◆◆C◆◆◆
■Carole King
「It's too late」
■The Cars
「Drive」
■Cat Stevens
「雨に濡れた朝」
■Cheap Trick
「I Want You To Want Me」
「Surrender」
■The Cardigans
「Carnival」
「Lovefool」
■The Carpenters
「Close To You」
「Top Of The World」
「Yesterday Once More」
「A Song For You」
「Superstar」
「Rainy Days And Mondays」
「We've Only Just Begun」
■Cat Stevens
「Morning has broken」
■Char
「Smoky」
「気絶するほど悩ましい」
■CHARA
「やさしい気持ち」
「ラブラドール」
■Charlie Sexton
「Beat's So Lonely」
「Hold Me」
■CHEMISTRY
「Point of No Return」
「PIECES OF A DREAM」
■CHICAGO
「HARD TO SAY I'M SORRY」
■Chris de Burgh
「So Beautiful」
■Chris Rea
「Heaven」
「On The Beach」
■Christopher Cross
「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」
■CHUMBAWAMBA
「Tubthumping」
■The Clash
「London Calling」
「Jimmy Jazz」
「Lost in the Supermarket」
「Rock The Casbah」
「I Fought The Law」
「Should I Stay Or Should I Go」
「London's Burning」
「Tommy Gun」
「Bankrobber」
「Safe European Home」
■Clementine
「Jeremie」
■COCCO
「ジュゴンの見える丘」
「強く儚い者たち」
「音速パンチ」
■Coldplay
「Gravity」
「Yellow」
「Viva La Vida」
■COMPLEX
「Be My Baby」
■COSMETICS
「LOVE IS ALL」
■CREAM
「White Room」
「Sunshine of Your Love」
■Crowded House
「Don't Dream It's Over」
■Crystal Kay
「恋におちたら」
「Kiss」
■Culture Club
「Do you really want to hurt me」
「Church Of The Poison Mind」
■Cune
「SAMURAI DRIVE」
■The Cure
「The Caterpillar」
■Curtis Mayfield
「So In Love」
■Cutting Crew
「I Just Died In Your Arms Tonight」
■Cyndi Lauper
「Time After Time」
「True Colors」
■ちあきなおみ
「夜へ急ぐ人」
「星影の小径」
「黄昏のビギン」
「喝采」
■チャットモンチー
「風吹けば恋」
「シャングリラ」
「世界が終わる夜に」

◆◆◆D◆◆◆
■Daft Punk
「One More Time」
「Digital Love」
「Harder, Better, Faster, Stronger」
「Around The World」
「Robot Rock」
「Da Funk」
「Fresh」
■The Damned
「Neat Neat Neat」
■Dan Fogelberg
「Longer」
■DA PUMP
「Rhapsody in Blue」
「Feelin'Good ~It's PARADISE~」
「Special Medley」
■The Darkness
「I believe in a thing called love」
■David Bowie
「Heroes」
「Fame」
「Starman」
「Ziggy Stardust」
「China Girl」
「Dancing in the Street」
「Let's Dance」
「Space Oddity」
「The Alabama song」
■David Bowie & Mick Jagger
「Dancing In The Street」
■David Sylvian
「Red Guitar」
「Darkest Dreaming」
「September」
「Nostalgia」
「Brilliant Trees」
「The Ink In The Well」
「Bamboo Music」
■David Sylvian & Mick Karn
「When Love Walks In」
■David Sylvian & Yano Akiko
「Good night」
■Dead or Alive
「You Spin Me Round」
■Deele
「Two Occasions」
■Deep Forest
「Sweet Lullaby」
「Kisangyalom」
「The sound of Africa」
「End of the World」
■Deep Purple
「Highway Star」
「Burn」
「Smoke On The Water」
■Def Tech
「My Way」
「Konomama」
■Depapepe
「バッヘルベルのカノン」
「START」
「ONE」
「SPUR」
「Summer Parade」
■Depeche Mode
「Just can't get enough」
■Desireless
「Voyage Voyage」
■Destiny's Child
「Survivor」
■Devo
「Satisfaction」
■Dexys Midnight Runners
「Come On Eileen」
■Diana Krall
「Just The Way You Are」
■Diana Ross
「If We Hold On Together」
■Dir En Grey
「Ain't Afraid to Die」
■Dire Straits
「Sultans of Swing」
■DISCOPARTY BROTHERS
「Disco, Disco! Party, Party!」
■DISCO TWINS
「JuicyJungle feat.吉川晃司」
■doa
「心のリズム飛び散るバタフライ」
■Do As Infinity
「ナイター」
■Donald Fagen
「I.G.Y.」
「New Frontier」
■Don Henley
「The Boys of Summer」
■Donna Summer
「Protection」
■Donovan
「Catch The Wind」
■The Doobie Brothers
「Long Train Runnin'」
「Listen To The Music」
■The Doors
「Light My Fire」
「The end」
■Dragon Ash
「Life Goes On」
「FANTASISTA」
「CALLIN'」
「夢で逢えたら」
「静かな日々の階段を」
「Grateful Days」
「陽はまたのぼりくりかえす」
「Grateful Days」
■Duran Duran
「New Moon on Monday 」
「The Reflex」
「Rio」
「Girls On Film」
「Save a Prayer」
「Hungry Like The Wolf」
■電気グルーヴ
「N.O.」
「ポポ」
「Shangri La」
■堂本剛
「はじまりはいつも雨」
「ORIGINAL COLOR」
「街」

◆◆◆E◆◆◆
■EAGLES
「HOTEL CALIFORNIA」
「Take it easy」
■Earth, Wind & Fire
「September」
「Fantasy」
「Let's Groove」
■Echo & The Bunnymen
「Lips Like Sugar」
■Edith Piaf
「La Vie En Rose」
■Eighth Wonder
「I'm not Scared」
■Elaine Paige
「Don't Cry For Me Argentina」
■Elefantes
「Azul」
■Elliott Yamin
「You Say」
■E.L.P.
「Knife Edge」
■Elton John
「Goodbye yellow brick road」
「Your Song」
「Candle In The Wind」
■Elvis Costello
「I wanna be loved」
「She」
「Veronica」
「Smile」
■Elvis Presley
「Can't Help Falling In Love」
「Crying in the Chapel」
「Suspicious Mind」
「Bridge Over Troubled Water」
「My Way」
「Amazing Grace」
「Love Me Tender」
「Always On My Mind」
■Elvis Presley Vs JXL
「A little less conversation」
■Embrace
「Gravity」
■Emilie Autumn
「Misery loves company」
■Eminem
「Like Toy Soldiers」
「MOCKINGBIRD」
「Stan」
「Lose Yourself」
■Emmylou Harris
「For No One」
「The Maker」
■ENDLICHERI☆ENDLICHERI
「街」
「ソメイヨシノ」
■Enigma
「Gravity of Love」
「The return to innocence」
■Enya
「Caribbean Blue」
「Orinoco Flow」
「It's In The Rain」
「Adiemus」
「The Celts」
「Amarantine」
「Only Time」
「I Want Tomorrow」
「On My Way Home」
「Anywhere Is」
「Evening Falls」
「Book Of Days」
「Wild Child」
「Only If」
「Storms In Africa」
■Epica
「Never Enough」
■Eric Clapton
「Tears in Heaven」
「Wonderful Tonight」
「Layla」
「I shot the sheriff」
「Change the world」
「Crossroads」
「Cocaine」
■Eurythmics
「There Must Be An Angel (Playing With My Heart)」
「Sweet Dreams (Are Made Of This)」
■Evanescence
「Hello」
「My Immortal」
「Lithium」
「Bring Me To Life」
「Call Me When You're Sober」
「Haunted」
「Whisper」
「Taking Over Me」
「Going Under」
「Everybody's Fool」
「Tourniquet」
■Exile
「Choo Choo Train」
「Ti Amo」
■Extreme
「More than words」
■エレファントカシマシ
「今宵の月のように」
「悲しみの果て」
「化ケモノ青年」
「歴史」

◆◆◆F◆◆◆
■The Faces
「I'm Losing You」
■Fats Domino
「Blueberry hill」
■Fine Young Cannibals
「She Drives Me Crazy」
「Johnny Come Home」
「Suspicious Minds」
■Fire Inc.
「Tonight Is What It Means To Be Young」
■The Flaming Lips
「Race For The Prize」
■Fleet Foxes
「He Doesn't Know Why」
■Fleetwood Mac
「Big Love」
■Flo Rida
「Right Round」
■Foo Fighters
「The Pretender」
■Frank Sinatra
「Fly Me to the Moon Lyrics」
「Moon River」
■Frankie Goes To Hollywood
「Relax (Don't Do It)」
■Frankie J
「More Than Words」
■Franz Ferdinand
「Ulysses」
■Fugees
「Killing me softly」
■FUNKY MONKEY BABYS
「そのまんま東へ」
「ちっぽけな勇気」
「Lovin' Life」
■The Fuzztones
「Bad News Travels Fast」
■風来坊
「幻影(イリュージョン)」
■王菲
「Bohemian Rhapsody」
■福田眞純 and SUPER MILK
「ストーンヘンジ」
■福山雅治
「vs. ~知覚と快楽の螺旋~」
「milk tea」
「squall」
「最愛」
「蛍」
「桜坂」
「明日の☆SHOW」
「虹」
「Message」
「It's Only Love」
「Hello」
「あの夏も 海も 空も」
■藤木一惠
「Sunny Day」
「灯火」
■布施明
「君は薔薇より美しい」
■古内東子
「銀座」
「誰より好きなのに」
「purple」
「大丈夫」
「Distance」

◆◆◆G◆◆◆
■GABRY PONTE
「The Point of no Return」
■GAO
「サヨナラ」
■GARI
「Hey Now!」
■Gary Moore
「Separate ways」
■GEN
「バラ色の人生」
■Gene Kelly
「I'm Singing in the rain」
■Generation X
「King Rocker」
■George Baker
「Little Green Bag」
■George Harrison
「While My Guitar Gently Weeps」
■Gilbert O'Sullivan
「Alone Again」
■Gladys Knight & The Pips
「You Are The Best Thing That Ever Happened To Me」
■GLAY
「pure soul」
「とまどい」
「Summer FM」
「ALL STANDARD IS YOU」
「BELOVED」
「VERB」
「誘惑」
「Winter Again」
「HOWEVER」
「逢いたい気持ち」
「グロリアス」
「SOUL LOVE」
「Missing You」
「Way of Difference」
「BEAUTIFUL DREAMER」
「Happiness」
「ここではないどこかへ」
「サバイバル」
「BE WITH YOU」
「ひとひらの自由」
■GLAY×hyde
「誘惑+HONEY」
■Glenn Medeiros
「Nothing's Gonna Change My Love For You」
■globe
「Can't Stop Fallin' in Love」
「departure」
「Feel Like dance」
「Love again」
「SWEET PAIN」
「GET WILD」
「FACE」
■Gloria Estefan & Miami Sound Machine
「Conga」
■GO-BANG'S
「あいにきて I NEED YOU」
「SPECIAL BOYFRIEND」
■Gorillaz
「Clint Eastwood」
「Feel Good Inc.」
■Grand Funk Railroad
「The Locomotion」
■Greyson Chance
「Paparazzi」
■GReeeeN
「愛唄」
「キセキ」
「遥か」
「歩み」
「扉」
■GREEN DAY
「Know Your Enemy」
■THE GROOVERS
「狂おしきこの世界」
■Guns N Roses
「Knocking On Heaven's Door」
「Welcome To The Jungle」
■雅夢
「愛はかげろう」
■郷ひろみ
「よろしく哀愁」
「GOODBYE DAY」

◆◆◆H◆◆◆
■HALCALI
「タンデム」
「やさしい気持ち」
■HAMILTON, JOE FRANK & REYNOLDS
「DON'T PULL YOUR LOVE」
■Hanoi Rocks
「Malibu Beach Nightmare」
■Heart
「Alone」
「Never」
■hide
「Beauty&Stupid」
「Hurry Go Round」
「doubt」
「In motion」
「TELL ME」
「限界破裂」
「flame」
「TELL ME」
「DICE」
■hide with Spread Beaver
「Ever Free」
「Rocket Dive」
「ピンクスパイダー」
■↑THE HIGH-LOWS↓
「ミサイルマン」
「日曜日よりの使者」
「青春」
「フルコート」
「ハスキー」
「不死身の花」
「ロッキンチェアー」
「グッドバイ」
「スーパーソニックジェットボーイ」
「Happy Go Lucky」
「月光陽光」
「罪と罰」
「FLOWER」
「Too Late To Die」
「サンダーロード」
「いかすぜOK」
「相談天国」
■Hilcrhyme
「大丈夫」
「春夏秋冬」
「純也と真菜実」
■hitomi
「SAMURAI DRIVE」
「Maria」
「CANDY GIRL」
「LOVE 2000」
「by myself」
「there is...」
「キミにKISS」
「problem」
「flow」
「体温」
「innocence」
「in the future」
■Honey Drippers
「Sea of Love」
■HOTEI VS RIP SLYME
「BATTLE FUNKASTIC」
■Howard Jones
「What is Love?」
■Hubert Kah
「Angel 07」
■Human League
「Don't You Want Me」
■Hyde
「Glamorous Sky」
■ハナレグミ
「光と影」
■ハナレグミ&忌野清志郎
「サヨナラCOLOR」
■早瀬優香子
「硝子のレプリカント」
■原田真二
「てぃーんずぶるーす」
「Candy」
■氷室京介
「KISS ME」
■平原綾香
「Jupiter」
■細川ふみえ
「スキスキスー」
■布袋寅泰
「POISON」
「Fly Into Your Dream」
「GUITARHYTHM」
「Glorious days」
「NOCTURNE No.9」
「LONELY★WILD」
「The Godfather」
「BATTLE WITHOUT HONNOR OR HUMANITY」
「RUSSIAN ROULETTE」
「バンビーナ」
「スリル」
「サレンダー」
「BEAT EMOTION」
「ラストシーン」
「C'MON EVERYBODY」
「MERRY-GO-ROUND」
「Replicant」
「CHANGE YOURSELF」
「さらば青春の光」
「DANCING WITH THE MOONLIGHIT」
「STARMAN」
「Captain Rock」
「VAMPIRE」
「ROCKET DIVE」
「DESTINY ROSE」
「NOBODY IS PERFECT」
「RADIO!RADIO!RADIO!」
「SLOW MOTION」
「薔薇と雨」
「GUITAR LOVES YOU」
■布袋寅泰と木村拓也
「BORN TO BE WILD」
■本城裕二
「夢 with You」

◆◆◆I◆◆◆
■Ian Dury & The Blockheads
「Sex And Drugs And Rock n Roll」
■Iggy Pop
「The Passenger」
「Lust For Life」
■Iggy Pop & Ryuichi Sakamoto
「Risky」
■Il Divo
「Without You」
■INORAN
「Gravity」
■Iron Maiden
「Fear Of The Dark」
■Isley Brothers
「Between The Sheets」
■IVAN
「Love Me Tender」
■石川セリ
「ムーンライト・サーファー」
「ダンスはうまく踊れない」
「遠い海の記憶」
「八月の濡れた砂」
「朝焼けが消える前に」
「ひとり芝居」
「ミッドナイト・ラブ・コール」
■石川秀美
「ゆ・れ・て湘南」
■石川ひとみ
「まちぶせ」
■伊勢正三
「ほんの短い夏」
■一世風靡セピア
「前略、道の上より」
■稲垣潤一
「ロング・バージョン」
「ドラマティックレイン」
「夏のクラクション」
■犬神サーカス団
「最後のアイドル」
■井上陽水
「傘がない」
「Make-up Shadow」
「いっそセレナーデ」
「とまどうペリカン」
「氷の世界」
「なぜか上海」
「ジェラシー」
「夢の中へ」
「結詞」
「帰れない二人」
「リバーサイドホテル」
「新しいラプソディー」
「最後のニュース」
「心もよう」
「飾りじゃないのよ涙は」
「東へ西へ」
「少年時代」
■今井美樹
「Pride」
「Piece of my wish」
■忌野清志郎
「サン・トワ・マミー」
「パパの歌」
「イマジン」
「上を向いて歩こう」
■忌野清志郎+坂本龍一
「い・け・な・いルージュマジック」
■忌野清志郎&矢野顕子
「ひとつだけ」

◆◆◆J◆◆◆
■Jackson 5
「Ben」
「I'll Be There」
■Jake Shimabukuro
「時の過ぎゆくままに」
■THE JAM
「IN THE CITY」
■James Brown
「I Feel Good」
「Sex Machine」
■James Carr
「The Dark End Of The Street」
■Jane Birkin
「Yesterday Yes A day」
■Janis Joplin
「Summertime」
「Mercedes Benz」
「Cry Baby」
「Try」
「Piece of My Heart」
「Move Over」
■Japan
「Ghosts」
「Night Porter」
「Visions Of China」
「Gentlemen Take Polaroids」
「Nightporter」
「Methods of Dance」
「Life In Tokyo」
「Alien」
「Fall in love with me」
「Quiet Life」
「Halloween」
「Despair」
「I Second That Emotion」
「Don't Rain On My Parade」
「Art of Parties」
「Adolescent Sex」
「Sometimes I Feel So Low」
「European Son」
「Cantonese Boy」
■Jason Mraz
「I'm Yours」
■JAYWALK
「何も言えなくて・・・夏」
■Jefferson Airplane
「Somebody to Love」
■Jessica Simpson
「Take My Breath Away」
■Jet
「Look what you've done」
「Are you gonna be my girl」
■Jevetta Steele
「Calling you」
■J. Geils Band
「Centerfold」
■JIGSAW
「SKY HIGH」
■Jimi Hendrix
「Purple Haze」
「Voodoo Child」
「Hey Joe」
「Castles Made of Sand」
■Jim Photoglo
「We Were Meant To Be Lovers」
■JITTERIN' JIN'
「プレゼント」
「夏祭り」
「エヴリディ」
■Joan Jett & the Blackhearts
「I Love Rock N Roll」
■John Coltrane
「My Favorite Things」
■John Farnham
「You're The Voice」
■John Lennon
「Starting Over」
「Imagine」
「Jealous Guy」
「Love」
「Woman」
「Stand by me」
「Happy Christmas (War Is Over)」
「Mother」
「Beautiful Boy」
■John Mayer
「gravity」
■John Travolta
「Sandy」
■Joni Mitchell
「California」
■Journey
「Don't Stop believing」
「Open Arms」
「Oh Sherry」
「Separate Ways」
■Judy and Mary
「イロトリドリノセカイ」
「そばかす」
「クラシック」
「くじら12号」
「ミュージックファイター」
「ひとつだけ」
「手紙をかくよ」
「ラブリーベイベー」
「Over Drive」
「散歩道」
「Brand New Wave Upper Ground」
■JUJU
「奇跡を望むなら・・・」
「素直になれたら」
「明日がくるなら」
■JULEPS
「旅立つ日」
■Julie London
「Cry me a river」
「Fly me to the moon」
「Misty」
「The End of the World」
「Black Coffee」
「Bye Bye Blackbird」
「Days of wine and roses」
「Wives and Lovers」
「My Funny Valentine」
「The Good Life」
「I Left My Heart In San Francisco」
「Come Rain Or Come Shine」
「My Baby Just Cares For Me」
「Let There Be Love」
■ジューシィ・フルーツ
「恋はベンチシート」
「ジェニーはご機嫌ななめ」
「なみだ涙のカフェテラス」
「そんなヒロシに騙されて」

Today's GRAVITUBE(K~Z)
◆◆◆K◆◆◆
■Kajagoogoo
「Too Shy」
■Kalafina
「Lacrimosa」
「Fairytale」
「Storia」
「Sprinter」
■Kaoma
「Lambada」
■Kasabian
「Underdog」
■Kate Bush
「Wuthering Height」
■Kelly Clarkson
「Without You」
■Keziah Jones
「My Kinda Girl」
■The Killers
「Read My Mind」
■Kim Carnes
「Bette Davis Eyes」
■Kim Wilde
「You Keep Me Hangin' On」
■KinKi Kids
「カナシミ ブルー」
「愛のかたまり」
「硝子の少年」
「愛されるより 愛したい」
「ジェットコースター・ロマンス」
「フラワー」
「好きになってく 愛してく」
「ボクの背中には羽根がある」
「情熱」
「カナシミ ブルー」
「永遠のBLOODS」
「薄荷キャンディー」
「約束」
「スワンソング」
■KISS
「I WAS MADE FOR LOVING YOU」
「Forever」
「Rock And Roll All Nite」
■The Knack
「My Sharona」
■KOH+
「最愛」
「KISSして」
「vs~知覚と快楽の螺旋」
■Korn
「Make Me Bad」
■KREVA
「音色」
■KUSU KUSU
「San-Hai 」
「オレンジ バナナ」
■Kylie Minogue
「Turn It Into Love」
■柏原芳恵
「ハロー・グッバイ」
■加藤いづみ
「好きになって、よかった」
■かとうれいこ
「Moonlight Surfer」
■角松敏生
「You're my only shinin' star」
■金井夕子
「パステルラヴ」
■かの香織
「午前2時のエンジェル」
■華原朋美
「Hate tell a lie」
「I'M PROUD」
■カブキ・ロックス
「OEDO」
「好色一代男」
■紙ふうせん
「冬が来る前に」
「翼をください」
■川井郁子
「Libertango」
■川村かおり
「ZOO」
「翼をください」
「道」
「アイル・ビー・ゼア」
■かりゆし58
「ただひとつだけ伝えたいこと」
■氣志團
「さよなら世界」
「One Night Carnival」
「夢見る頃を過ぎても」
「湾岸夜想曲 ~ルシファーズハンマー'94~」
■来生たかお
「Goodby day」
「夢の途中」
「シルエットロマンス」
「スローモーション」
「セカンドラブ」
「Alone Again」
「マイラグジュアリーナイト」
■吉川晃司
「アクセル」
「KISSに撃たれて眠りたい」
「ジェラシーを微笑みにかえて」
「恋をとめないで」
「せつなさを殺せない」
「モニカ」
「LA VIE EN ROSE」
「YOU GOTTA CHANCE」
「せつなさを殺せない」
「RAIN-DANCEがきこえる」
「MODERNTIME」
「サヨナラは八月のララバイ」
「キャンドルの瞳」
「Virgin Moon」
「SPEED」
「Glow In The Dark」
「ベイビージェーン」
■吉川晃司Xうじきつよし
「YOU GOTTA CHANCE」
■木村カエラ
「リルラ リルハ」
「Butterfly」
■清春
「Layra」
「初恋」
「ロングバージョン」
「防人の詩」
「忘却の空」
■清春 and TM Revolution
「激しい雨が」
■筋肉少女帯
「サボテンとバントライン」
「アウェー イン ザ ライフ」
「踊るダメ人間」
「釈迦」
「これでいいのだ」
「再殺部隊」
「蜘蛛の糸」
「君よ!俺で変われ!」
「日本印度化計画 」
「元祖 高木ブー伝説」
■くず
「ムーンライト」
■工藤静香
「慟哭」
「MUGO・ん・・・色っぽい」
■久保田利伸
「夢 with You」
「LOVE RAIN ~恋の雨~」
「君のそばに」
「LA・LA・LA LOVE SONG」
「夜に抱かれて」
「Always Remain」
「雨音」
「Soul Mate ~君がいるから~」
「LOVE REBORN」
「北風と太陽」
「八番目の虹の色」
「Always Remain」
「ポリ リズム」
「Missing」
■クリエイション
「ロンリー・ハート」
■グループ魂
「竹内力」
■くるり
「ロックンロール」
■クレイジーケンバンド
「タイガー&ドラゴン」
■黒夢
「BEAMS」
「Like @ Angel」
「Maria」
「ピストル」
「ICE MY LIFE」
「少年」
■桑江知子
「私のハートはストップモーション」
■桑田佳祐
「I Need To Be In Love」
■桑田佳祐&桜井和寿
「希望の轍」
■ケツメイシ
「花鳥風月」
「さくら」
「出会いのかけら」
「夏の思い出」
■研ナオコ
「かもめはかもめ」
「夏をあきらめて」
「わかれうた」
「泣かせて」
「あばよ」
「愚図」
「追いかけてヨコハマ」
■小泉今日子
「ひとり街角」
「木枯らしに抱かれて」
「あなたに会えてよかった」
「まっ赤な女の子」
「やつらの足音のバラード」
■子供ばんど
「サマータイムブルース」
■小林麻美
「雨音はショパンの調べ」
■小柳ゆき
「Over The Rainbow」
「会いたい」
「誓い」
「ON THE RADIO」
「Woman Is the Nigger of the World」
「Lovin' you」
「最後に記憶を消して」
■小柳ルミ子
「星の砂」

◆◆◆L◆◆◆
■L'Arc~en~Ciel
「虹」
「flower」
「winter fall」
「DIVE TO BLUE」
「HONEY」
「花葬」
「浸食 ~lose control~」
「forbidden lover」
「snow drop」
「Driver's High」
「Pieces」
「LOVE FLIES」
「NEO UNIVERSE」
「STAY AWAY」
「READY STEADY GO」
「自由への招待」
「NEXUS 4」
「BLESS」
■Labuat
「Soy tu Agua en Directo」
■Lady Gaga
「Poker Face」
「Paparazzi」
「Bad Romance」
「Telephone ft. Beyoncé」
■LANDS
「BANDAGE」
■LAUGHIN' NOSE
「GET THE GLORY」
■Led Zeppelin
「Stairway To Heaven」
「Rock'n Roll」
「Black Dog」
「Heartbreaker」
■LEIF GARRETT
「I WAS MADE FOR DANCIN’」
■Lenny Kravitz
「Are You Gonna Go My Way」
「Believe」
「American Woman」
「Fly Away」
「Lady」
■Leningrad Cowboys
「My Way」
「Leningrad」
■Leonard Cohen
「Hallelujah」
「Democracy」
■Limahl
「Too Shy」
■Lily Allen
「The Fear」
■Linkin Park
「New Divide」
■LITTLE CREATURES
「THINGS TO HIDE」
■LL Cool J
「Mama Said Knock You Out」
■LOSALIOS
「SICK」
「jumping skin divers」
「Hit Man」
「Repo Man」
■Louis Armstrong
「What a Wonderful World」
■LOVE PSYCHEDELICO
「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」
「Your Song」
「Last smile」
「Free World」
「I will be with you」
「裸の王様」
「I am waiting for you」
「My last fight」
「fantastic world」
「Right now」
「Aha!(All We Want)」
■LUNA SEA
「ROSIER」
「END OF SORROW」
「IN SILENCE」
「STORM」
「SHINE」
「I for You」
「gravity」

◆◆◆M◆◆◆
■m-flo loves Lisa
「come again」
■Madness
「One Step Beyond」
「Swan Lake」
「My Girl」
「Nightboat to Cairo」
「Driving In My Car」
「Our House」
「In the City」
■Madonna
「Like A Prayer」
「Miles Away」
「Hung Up」
「Vogue」
「La Isla Bonita」
「Papa Don't Preach」
「Crazy For You」
「Like A Virgin」
■Malcolm Mclaren
「Buffalo gals」
■The mamas and the papas
「California dreamin」
■Mando Diao
「Sheepdog」
■Mariah Carey
「All I want for Christmas is you」
「Without You」
■Marilyn Manson
「The Beautiful People」
「Rock Is Dead」
「Antichrist Superstar」
「Sweet Dreams (Are Made Of This)」
■Marty Balin
「Hearts」
■Marvin Gaye
「What's Going On」
■Mary.J.Blige feat.U2
「ONE」
■Matisyahu
「King Without A Crown」
■Melody Gardot
「Goodnite」
「Gone」
「Some Lessons」
「Worrisome Heart」
「Baby I'm a Fool」
「Somewhere over the rainbow」
「All That I Need Is Love」
「Wade In The Water」
「Ain't No Sunshine」
■M.C.HOSO
「Changes」
■Men at work
「Land down under」
■ME&MY
「Dub-I-Dub」
■Michael Jackson
「Heal The World」
「SMOOTH CRIMINAL」
「Bad」
「Billie Jean」
「Remember The Time」
「Thriller」
「Who Is It ?」
「Human Nature」
「Earth Song」
「Man In The Mirror」
「Smile」
「On The Line」
「Dangerous」
「Black Or White」
「Heal The World」
「They Don't Care About Us」
■Michael Jackson and Janet Jackson
「Scream」
■Michael Monroe
「Dead,Jail or Rock n' Roll」
■Michael Nyman
「The heart asks pleasure first」
■MiCHeL PoLNareFF
「HoLiDayS」
■THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
「スモーキン・ビリー」
「リリィ」
「I was walkin' & sleepin'」
「ゲット・アップ・ルーシー」
「キャンディ・ハウス」
「DEADMANS GALAXY DAYS」
「バードメン」
「世界の終わり」
「GT400」
「ゲット・アップ・ルーシー」
「GWD」
「ジプシーサンデー」
「暴かれた世界」
「ドロップ」
「マシュマロモンスター」
「ダニー・ゴー」
「エレクトリックサーカス」
「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」
「Hi!China」
「アウト・ブルーズ」
「カルチャー」
「Revolver Junkies」
「ジャブ」
「フリー・デビル・ジャム」
「赤毛のケリー」
「チェルシー」
■Mike Oldfield
「Tubular bells」
■Miley Cyrus
「The Climb」
■Milli Vanilli
「Girl, I'm gonna Miss You」
■Minnie Riperton
「Loving you」
■Misia
「Everything」
■Miss Monday
「The Light」
■THE MODS
「激しい雨が」
「TWO PUNKS」
「バラッドをお前に」
■MONGOL800
「小さな恋のうた」
■The Monkees
「Daydream Believer」
■MONTA、BIG BEAR & 卍LINE
「ありがとう」
■Moody Blues
「Tuesday Afternoon」
■Moulin Rouge
「Boys Don't Cry」
■Mr. Big
「To Be With You」
■Mr. Children
「Youthful Days」
「名もなき詩」
「HANABI」
「しるし」
「くるみ」
「Any」
「優しい歌」
「終わりなき旅」
「ニシエヒガシエ」
「Tomorrow never knows」
「innocent world」
「抱きしめたい」
「タガタメ」
「Over」
「Sign」
「and I love you」
■Mr. Zivago
「Little Russian」
■the MTV All Stars
「What's Going On?」
■MUNEHIRO
「LUV」
「ヒノマルパワー~君の力~」
「最後の夜」
■Mute Beat
「Coffia」
■My Chemical Romance
「Cancer」
「I Don't Love You」
■My Little Lover
「Man & Woman」
「Destiny」
「Hello, Again ~昔からある場所~」
「ALICE」
「Now And Then~失われた時を求めて~」
■マキシマム ザ ホルモン
「絶望ビリー」
「恋のメガラバ」
「ぶっ生き返す!!」
■増田ジゴロウ
「東工大の歌」
「電通大の歌」
「カボチャーマンの歌」
「三島のうた」
「熱海のうた」
「狭山のうた」
「練馬のうた」
「開成のうた」
「偽ハマッ子ブルース」
「武田信玄公のうた」
■松田優作
「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」
■マルコシアス・バンプ
「オレンジ色の月」
「独房のマリー」
「FAKE」
「バラが好き」
■丸山圭子
「どうぞこのまま」
■まんが道
「ボヨヨンロック」
■卍LINE
「THE DAY」
「Burn di Jerass」
「Center Entertainer」
「IKIRO」
「Kouun No Megami」
■水谷豊
「カリフォルニア・コネクション」
「やさしさ紙芝居」
■水谷豊with松田優作
「心もよう」
■美空ひばり
「りんご追分」
「愛燦燦」
「川の流れのように」
「My Way」
「港町十三番地」
「Stardust」
「悲しい酒」
「真赤な太陽」
■南沙織
「17才」
「人恋しくて」
「春の予感」
「色づく街」
■ミニモニ。
「ミニモニ。テレフォン!リンリンリン」
「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」
■みのや雅彦
「手紙」
■美輪明弘
「ヨイトマケの唄」
■村下孝蔵
「初恋」
■明和電機
「地球のプレゼント」
「明和電機社歌」
■モーニング娘。
「LOVEマシーン」
■モダンチョキチョキズ
「素敵なランデヴー」
■森進一
「冬のリヴィエラ」
■森田童子
「ぼくたちの失敗」

◆◆◆N◆◆◆
■NANA starring MIKA NAKASHIMA
「Glamorous Sky」
「一色」
■Nat King Cole
「Too Young」
■THE NEWS
「Pops」
「もっと自由に!'89」
■Nilsson
「Without You」
■Nine Inch Nails
「Hurt」
■Nirvana
「Smells like teen spirit」
「Breed」
■N.M.L.
「Zero Landmine」
■Nokko
「人魚」
■Nolans
「I'm in The Mood For Dancing」
「Sexy Music」
■Norah Jones
「Come away with me」
「Dont Know Why」
「She」
■N.S.P
「夕暮れ時はさびしそう」
■Nuno
「Fine By Me」
■ナイス橋本
「キンミライ」
■中川あゆみ
「事実~12歳で私が決めたコト~」
■中島美嘉
「雪の華」
「STARS」
「ONE SURVIVE」
■中島みゆき
「悪女」
「ファイト」
「ひとり上手」
「時代」
「春なのに」
「うらみ・ます」
「わかれうた」
「宙船」
「かもめはかもめ」
「あばよ」
■中谷美紀
「砂の果実」
「クロニック・ラブ」
■中西保志
「Missing」
■長渕剛
「順子」
■中村中
「友達の詩」
「冗談なんかじゃないからネ」
「汚れた下着」
「私の中の「いい女」」
「愚痴」
「あたしを嘲笑ってよ」
「The End Of The World」
■中森明菜
「温り」
「セカンド・ラブ」
「北ウイング」
「少女A」
「スローモーション」
■渚ゆう子
「京都の恋」
■人間椅子
「針の山」
「陰獣」
■野本かりあ
「瞳の中にミラーボール」

◆◆◆O◆◆◆
■O-Zone
「Dragostea Din Tei」
■Oasis
「Whatever」
■OLIVIA
「できない」
「Dear Angel」
■Olivia Newton-John
「Have you never been mellow」
「Jolene」
「Take Me Home, Country Roads」
■ORANGE RANGE
「花」
「以心電信」
「Asterisk」
「ラヴ・パレード」
■Orchestral Manoeuvres In The Dark
「Enola Gay」
■Orianthi
「According To You」
■Otis Redding
「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」
■大黒摩季
「チョット」
■大澤誉志幸
「ガラス越しに消えた夏」
「そして僕は途方に暮れる」
「ラヴィアンローズ」
■大滝詠一
「幸せな結末」
「さらばシベリア鉄道」
「夏のリビエラ」
「恋するカレン」
「君は天然色」
「カナリア諸島にて」
「ペパーミント・ブルー」
■大塚愛
「金魚花火」
「CHU-LIP」
■大橋のぞみ
「崖の上のポニョ」
■岡村靖幸
「だいすき」
■小椋佳
「さらば青春」
「愛燦々」
「俺たちの旅」
「少しは私に愛を下さい」
「揺れるまなざし」
「シクラメンのかほり」
「ただお前がいい」
■小椋佳 & 美空ひばり
「愛燦燦」
■小倉優子
「オンナのコ・オトコのコ」
■尾崎亜美
「オリビアを聞きながら」
「マイ・ピュア・レディ」
「ボーイの季節」
「春の予感~I've been mellow~」
「あなたの空を翔びたい」
「伝説の少女」
「天使のウィンク」
■尾崎豊
「I LOVE YOU」
「尾崎豊 - 15の夜」
「尾崎豊 - 僕が僕であるために」
「卒業」
「尾崎豊- OH MY LITTLE GIRL」
「シェリー」
■鬼束ちひろ
「螺旋」
「月光」
「いい日旅立ち・西へ」
■オリジナル・ラヴ
「接吻」
「STARS」
「サンシャインロマンス」
「朝日のあたる道」

◆◆◆P◆◆◆
■Paramore
「When It Rains」
■Pat Benatar
「Invincible」
■Paul Davis
「I go Crazy」
■PENGIN
「世界に一人のシンデレラ feat. U」
■Perfume
「ポリリズム」
「チョコレイト・ディスコ」
「リニアモーターガール」
「VOICE」
■Peter Gabriel & Kate Bush
「Don't Give Up」
■Peter Hammill
「Vision」
■Peter, Paul & Mary
「500 Miles」
■PET SHOP BOYS
「GO WEST」
「West End Girls」
「Always On My Mind」
「Did You See Me Coming?」
「I Don't Know What You Want...」
■PE'Z
「大地讃頌」
■Phil Collins
「You Can't Hurry Love」
■Phoebe Cates
「Paradise」
■PIERROT
「Last letter」
■Pink Floyd
「Echoes」
■PIZZICATO FIVE
「スウィート・ソウル・レヴュー」
■PLASTICS
「Good」
「COPY」
「ROBOT」
■Poco
「Rose Of Cimarron」
■The Police
「So Lonely」
「Every breath you take」
「De Do Do Do de Da Da Da」
「Message in a Bottle」
「The Police - Roxanne」
「Dont Stand So Close To Me」
「Sinchronicity」
■PoPoyans
「おとしもの」
■The Power Station
「Get It On (Bang A Gong)」
■The Presidents of the USA
「Lump」
■The pretenders
「Don't Get Me Wrong」
■PRINCE
「Black Sweat」
「Purple Rain」
「When Doves Cry」
「Little Red Corvette」
「KISS」
「Let's Go Crazy」
■Procol Harum
「A Whiter Shade Of Pale」
■Public Image Ltd.
「Anarchy In The UK」
■パーソンズ
「DEAR FRIENDS」
■パール兄弟
「バカヤロウは愛の言葉」
■プッチモニ
「ちょこっとLOVE」

◆◆◆Q◆◆◆
■Queen
「Somebody to love」
「Bohemian Rhapsody」
「Don't Stop Me Now」
「Killer Queen」
「Radio Ga Ga」
「I Was Born To Love You」
「Under Pressure」

◆◆◆R◆◆◆
■Rage Against The Machine
「Kick Out The Jams」
「Sleep Now In The Fire」
「Know Your Enemy」
「Bulls On Parade」
「Bombtrack」
「People of The Sun」
■The Ramones
「Pet Sematary」
■Randy Vanwarmer
「Just When I Needed You Most」
■Ray Charles
「Ellie My Love」
■RCサクセション
「スローバラード」
「雨上がりの夜空に」
「トランジスタ・ラジオ」
「ぼくの好きな先生」
「わかってもらえるさ」
「上を向いて歩こう」
「君が僕を知っている」
「キモちE」
「サマーツアー」
「つ・き・あ・い・た・い」
「ベイビー!逃げるんだ。」
「不思議」
「すべてはALRIGHT(YA BABY)」
「ラブ・ミー・テンダー」
「サマータイム・ブルース」
■Red Hot Chili Peppers
「Dani California」
「Under the bridge」
「Cant Stop」
「Right on time」
「By the way」
「Castle made of sand」
■R.E.M.
「Losing My Religion」
■The Rembrandts
「I'll Be There For You」
■remote
「NEVER BE」
■Restless Heart
「When She Cries」
■Return to Forever
「The Romantic Warrior」
■Richard Sanderson
「Reality」
■Richie Sambora
「It's my life」
■Rick Springfield
「Jessies girl」
■Rip Slyme
「One」
「黄昏サラウンド」
「楽園ベイベー」
「FANKASTIC」
「One」
■Rita Coolidge
「Don't Cry Out Loud」
「We're All Alone」
■RIZE
「HEIWA」
「ピンク スパイダー」
「ZERO」
「Live Or Die」
「Why I'm Me」
「Stand Up」
■Roberta Flack
「Killing Me Softly with his song」
■Robert Palmer
「Doctor Doctor」
■Robert Plant & Alison Krauss
「Gone Gone Gone (Done Moved On)」
■ROCKETMAN
「雲は流れて」
「FLY AWAY」
■TH eROCKERS
「涙のモーターウェイ」
「可愛いアノ娘」
■Rod Stewart
「Da Ya Think I'm Sexy」
「Have You Ever Seen The Rain」
「Maggie May」
「Sailing」
■The Rolling Stones
「Start Me Up」
「Paint It Black」
「ANGIE」
「Miss You」
「Waiting on a Friend」
「Brown Sugar」
「Wild Horses」
「Harlem Shuffle」
「Like A Rolling Stone」
「It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)」
「Satisfaction」
■ROSSO
「シャロン」
「星のメロディー」
「1000のタンバリン」
「アウトサイダー」
「惑星にエスカレーター」
「モーター・プール」
■Roxy Music
「Jealous Guy」
「More than this」
「Avalon」
「Love Is The Drug」
■Roy Orbison
「Only The Lonely」
「Crying」
「Oh, Pretty Woman」
「Unchained Melody」
「You Got It」
■The Rubettes
「Sugar baby love」
■RUI
「月のしずく」
■Rush
「Closer to the heart」
■The Ruts
「Babylon's Burning」
■リップスライムとくるり
「ラヴぃ」
■レッドウォーリアーズ
「ルシアンヒルの上で」
「WINE&ROSES」
■レベッカ
「Moon」

◆◆◆S◆◆◆
■Sade
「Cherish The Day」
「Smooth Operator」
「Soldier of Love」
「Kiss of Life」
「The Sweetest Taboo」
■Sadistic Mica Band Revisited
「タイムマシンにおねがい」
■Sads
「忘却の空」
「TOKYO」
「SANDY」
■Sananda Maitreya
「Dance Little Sister」
「Wishing Well」
「Supermodel Sandwich」
■Sara Bareilles
「gravity」
■Sarah Vaughan
「A Lover's concerto」
■SEAMO
「MOTHER」
■Sean Lennon
「FREED CF SONG」
■Serge Gainsbourg
「Sea, Sex And Sun」
■Sex Machineguns
「S.H.R.」
■The Sex Pistols
「Anarchy in the UK」
「My Way」
「God Save the Queen」
■SHOGUN
「Bad City」
■Shonen Knife
「Daydream believer」
■Simon Bolivar Youth Orchestra
「Star Wars」
「Mambo」
■Simon & Garfunkel
「Bridge over troubled water」
「Sound Of Silence」
「Scarborough Fair」
「Mrs. Robinson」
「America」
「The Boxer」
■Simply Red
「Stars」
「If You Don't Know Me By Now」
■Sinead Quinn
「I Can't Break Down」
■SION
「あまった優しさ」
「12号室」
「ありがてぇ」
「がんばれがんばれ」
「たまには自分を褒めてやろう」
「道があるなら」
「悲しいのは」
「冬の街は」
「このままが」
「夜しか泳げない」
「SORRY BABY」
「春夏秋冬」
「元気か?」
■Siouxsie & The Banshees
「Helter Skelter」
「Israel」
■Skeeter Davis
「The End Of The World」
■The Skids
「Into The Valley」
■Sly And The Family Stone
「Stand」
■SMAP
「らいおんハート」
「夜空ノムコウ」
■SMiLE.dk
「Butterfly」
■The Smiths
「Ask」
「Panic」
「Oscillate Wildly」
「Big Mouth Strikes Again」
「The Boy With The Thorn In His Side」
「Handsome Devil」
「Back To The Old House」
「How Soon Is Now?」
「This Charming Man」
「Heaven Knows I'm Miserable Now」
「Meat is Murder」
「I Know It's Over」
「Girlfriend In A Coma」
「There is a light that never goes out」
■SOFT BALLET
「WHITE SHAMAN」
■Sonic Youth
「Superstar」
「Sunday」
■SOPHIA
「ビューティフル」
「黒いブーツ」
「街」
「Place」
■Soul'd Out
「To All Tha Dreamers」
「Flyte Tyme」
「ウェカピポ」
■SoulJa
「ここにいるよfeat.青山テルマ」
■Sowelu
「誰より好きなのに」
「Glisten」
■Spandau Ballet
「True」
■SPECIAL OTHERS
「Laurentech」
「Life」
■SPEED
「my graduation」
■Spice Girls
「Wannabe」
■Spontania feat.JUJU
「君のすべてに」
■Stephane Grappelli
「Blue Moon」
■Steppenwolf
「Born to be wild」
■Steve Harley & The Cockney Rebel
「Make Me Smile」
■Stevie Wonder
「I Just Called To Say I Love You」
■Sting
「Englishman in New York」
「Russians」
「Shape of my heart」
「Every Breath You Take」
■The Stranglers
「Golden Boy」
■Stray Cats
「Rock This Town」
■THE STREET BEATS
「I WANNA CHANGE」
「約束できない」
■The Street Sliders
「COME OUT ON THE RUN」
■The Style Council
「The Paris Match」
「My Ever Changing Moods」
「It's A Very Deep Sea」
「You're the best thing」
■The Stylistics
「I Can't Give You Anything But My Love」
■Sungha Jung
「With or Without You」
■Supercar
「STROBOLIGHTS」
「YUMEGIWA LAST BOY」
■Supertramp
「Breakfast in America」
■The Supremes
「Baby Love」
「Stop! In The Name Of Love」
「You can't hurry love」
「You Keep Me Hangin' On」
■Supremes Tribute Singers
「YOU CAN'T HURRY LOVE」
■Supersister
「Coffee」
■Susanna Hoffs
「Eternal Flame」
■SUZANNE VEGA
「Tom's Diner」
「Luka」
■Sylvian & Sakamoto
「Forbidden Colours」
■Sylvie Vartan
「La Plus Belle Pour Aller Danser」
「Irresistiblement」
「わんさか娘」
■斉藤和義
「歩いて帰ろう」
■堺正章
「さらば恋人」
「街の灯り」
■坂詰美紗子
「恋の誕生日」
「きっと大丈夫」
■坂本冬美 & ビリーバンバン
「また君に恋してる」
■坂本龍一
「Tibetan Dance」
「Energy Flow」
「Asience」
「戦場のメリークリスマス」
■さくらボーイズ
「初恋」
「東京クリスマス」
■叫ぶ詩人の会
「東京聖夜」
■サザンオールスターズ
「希望の轍」
「チャコの海岸物語」
「勝手にシンドバッド」
「いとしのエリー」
「栞のテーマ」
「Ya Ya (あの時代を忘れない)」
「ミス・ブランニュー・デイ」
「Bye Bye My Love (U are the one)」
「メロディ (Melody)」
「真夏の果実」
「涙のキッス」
「愛の言霊 ~Spiritual Message」
「LOVE AFFAIR ~秘密のデート~」
「HOTEL PACIFIC」
「LOVE POTION No.9」
■さだまさし
「飛梅」
■沢田研二
「時の過ぎゆくままに」
「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」
「危険なふたり」
「時の過ぎゆくままに」
「勝手にしやがれ」
「憎みきれないろくでなし」
「サムライ」
「ダーリング」
「カサブランカ・ダンディ」
「渚のラブレター」
「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」
「恋のバッド・チューニング」
「TOKIO」
「おまえにチェックイン」
「背中まで45分」
「AMAPOLA」
「LOVE (抱きしめたい)」
■サンボマスター
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
「世界をかえさせておくれよ」
■シーナ&ロケッツ
「ユー・メイ・ドリーム」
「レモンティー」
■椎名林檎
「真夜中は純潔」
「ありあまる富」
「歌舞伎町の女王」
「ここでキスして。」
「本能」
「幸福論」
「ギブス」
「罪と罰」
「りんごのうた」
■柴咲コウ
「最愛」
■嶋大輔
「男の勲章」
■清水健太郎
「失恋レストラン」
■修二と彰
「青春アミーゴ」
■湘南乃風
「純恋歌」
「睡蓮花」
「曖歌」
■白井ヴィンセント
「西東京のうた」
「小平と東村山のうた」
「熊谷のうた」
「福生のうた」
「青梅のうた」
「笛吹のうた」
「吉祥寺のうた」
「国分寺のうた ver.3」
「さいたま市のうた」
「二宮のうた(エレキ・ギター入り完全版)」
「川崎の女(ヴァージョンアップVer)」
■慎吾ママ
「慎吾ママのおはロック」
■スガシカオ
「夜空ノムコウ」
「愛について」
■すかんち
「恋するマリールー」
「恋のマジックポーション」
■スチャダラパー
「今夜はブギーバック」
■スチャダラパーfeat.小沢健二
「今夜はブギーバック」
■スナフキン
「おさびし山のうた」
■スピッツ
「スターゲイザー」
■反町隆史 with リッチー・サンボラ
「Forever」

◆◆◆T◆◆◆
■T-BOLAN
「離したくはない」
「Bye For Now」
「マリア」
「じれったい愛」
「LOVIN' YOU」
■T-Rex
「20th Century Boy」
■Take that
「Back for good」
■TALKING HEADS
「Psycho Killer」
「Once in a Lifetime」
「Road To Nowhere」
「Burning Down the House」
「Stay Hungry」
「Heaven」
「And She Was」
「Stop Making Sense」
「Thank You for Sending me an Angel」
■Tears For Fears
「Everybody Wants To Rule The World」
「Sowing the Seeds of Love」
「Shout」
■Ten Years After
「I'd love to change to world」
■Terence Trent D'arby
「Dance Little Sister」
「Wishing Well」
「Supermodel Sandwich」
■TERRY THE AKI-06
「正念場」
「裏庭独走最前線」
「速攻ROCK ON×あがれ」
■Thin Lizzy
「Whiskey in the jar」
■Thompson Twins
「Hold Me Now」
■Tight Fit
「The Lion Sleeps Tonight」
■THE TIMERS
「宗教ロック」
「あこがれの北朝鮮」
「トカレフ(精神異常者)」
「偽善者」
「FM Tokyo」
「タイマーズのテーマ」
「ロックン仁義」
「Love Me Tender」
■Timothy B.Schmit
「So much in Love」
■Todd Rundgren
「Real Man」
■TOKIO
「宙船」
■Tommy heavenly6
「Hey My Friend」
■Tom Waits
「Time」
「Downtown Train」
■Tori Amos
「A Sorta Fairytale」
■TOTO
「Rosanna」
「Africa」
■Tracy Chapman
「Talkin bout a revolution」
「Fast car」
■Twisted Sister
「Stay Hungry」
■平浩二
「バス・ストップ」
■竹内まりや
「不思議なピーチパイ」
「SEPTEMBER」
「元気を出して」
「家に帰ろう MY SWEET HOME」
■立花ハジメ
「H」
「Bambi」
「TaiyoSun」
「Theme From Hm」
「piano pillows going abstract」
「Chiken Consomme」
「Theme From Barricade」
「Mr. Techie & Miss Kipple」
「ROCK」
「There's No Disappointment In Jesus」
■田原俊彦
「抱きしめてTONIGHT」
■たま
「らんちう」
「さよなら人類」
■チューリップ
「青春の影」
「虹とスニーカーの頃」
■つじあやの
「風になる」
■土屋アンナfeat.MONKEY MAJIK
「GINGER」
■東京JAP
「摩天楼ブルース」
■東京スカパラダイスオーケストラ&甲本ヒロト
「星降る夜に」
■東京スカパラダイスオーケストラ&チバユウスケ
「ROSIE」
「カナリヤ鳴く空」
■東京パノラママンボボーイズ
「パチンコ」
■戸川純
「さよならをおしえて」
■徳永英明
「壊れかけのRadio」
「恋におちて-Fall in Love-」
「翼をください」
「かもめはかもめ」
「オリビアを聴きながら」
「時代」
「時の流れに身をまかせ」
「会いたい」
「卒業写真」
「まちぶせ」
「赤いスイートピー」
「セカンドラブ」
「輝きながら…」
■友川かずき
「一切合財世も末だ」
「生きてるって言ってみろ」
「死にぞこないの唄」
「無残の美」
「私の花」
■ともさかりえ
「都会のマナー」
■トラジ*ハイジ
「ファンタスティポ」
■トランザム
「ああ青春」

◆◆◆U◆◆◆
■U2
「The Fly」
「Beautiful Day」
「Van Diemen's Land」
「Heartland」
「With or without you」
「Dancing Queen」
「Bloody Sunday」
「Magnificent」
「Vertigo」
「One」
「Sweetest Thing」
「Unchained Melody」
「Pride (In The Name Of Love)」
「Get On Your Boots」
「Elevation」
「Still Haven't Found What I'm Looking For」
「New Years Day」
「Gloria」
「Kite」
「Where The Streets Have No Name」
「Mysterious Ways」
「Please」
「Vertigo」
「Christmas (Baby Please Come Home)」
「Helter Skelter」
「Sunday Bloody Sunday」
「The Ground Beneath Her Feet」
「Sometimes You Can't Make It On Your Own」
「In A Little While」
「The Ground Beneath Her Feet」
「Desire」
「Electrical Storm」
「In God's Country」
「Two Hearts Beat As One」
「I will follow」
「The Unforgettable Fire」
「Two Hearts Beat As One」
「Spanish Eyes」
「A Celebration」
「Another Day」
「Life on a distant planet」
「Out Of Control」
「Fire」
「Tomorrow」
「Seconds」
「Red Light」
「War」
「The Joshua Tree」
「Red Hill Mining Town」
「Van Diemen's Land」
■UA
「スローバラード」
「情熱」
「悲しみジョニー」
■Ultravox
「Dancing With Tears In My Eyes」
■United Future Organization
「Loud Minority」
■unkie
「Tecaba」
■上戸彩
「Pureness」
■植村花菜
「トイレの神様」
■うじきつよし
「たどりついたらいつも雨ふり」
■宇多田ヒカル
「First Love」
「誰かの願いが叶うころ」
「Prisoner Of Love」
「COLORS」
「光」
■有頂天
「アローン・アゲイン」

◆◆◆V◆◆◆
■V6
「way of live」
■Valensia
「Gaia」
■Valensia
「Gaia」
■VAMPS
「LOVE ADDICT」
「EVANESCENT」
「SWEET DREAMS」
「TROUBLE」
「ANGEL TRIP」
■Van Halen
「Jump」
■Vanilla Fudge
「You Keep Me Hanging On」
■The Velvet Underground & Nico
「I'll be your mirror」
■The Ventures
「Wipe Out」
■Vicky Leandros
「L'amour Est Bleu」
■Vienna Teng
「Gravity」
■Visage
「Damned Don't Cry」

◆◆◆W◆◆◆
■WEAVER
「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」
■Weezer
「Perfect situation」
■Wham!
「Careless Whisper」
■Whitesnake
「Burn」
■The Who
「My Generation」
■WINK
「愛が止まらない」
「涙をみせないで」
「夜にはぐれて」
「永遠のレディードール」
「淋しい熱帯魚」
「咲き誇れ愛しさよ」
「トゥインクル トゥインクル」
■w-inds.
「Everyday」
■WIRE
「15th ?」
■Wyclef Jean with Eric Clapton
「Wonderful Tonight」

◆◆◆X◆◆◆
■X-Japan
「紅」
「ENDLESS RAIN」
「WEEK END」
「Silent Jealousy」
「Say Anything」
「Tears」
「Rusty Nail」
「DAHLIA」
「Forever Love」
「CRUCIFY MY LOVE」
「SCARS」
「CELEBRATION」
■XTC
「Living Through Another Cuba」

◆◆◆Y◆◆◆
■The Yardbirds
「Shapes of things」
■YAZOO
「ONLY YOU」
「Don't Go」
■Yellow Generation
「北風と太陽」
■THE YELLOW MONKEY
「BURN」
「LOVE LOVE SHOW」
「SPARK」
「楽園」
「JAM」
「太陽が燃えている」
■Yentown Band
「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」
「My way」
■YMO
「以心電信」
「Rydeen」
「Ongaku」
■The Young Rascals
「Groovin'」
■矢沢永吉
「YES MY LOVE」
「黒く塗りつぶせ」
「チャイナタウン」
「時間よ止まれ」
「I say Good-bye, So Good-bye」
「涙のラブレター」
「ニューグランドホテル」
「ルイジアンナ」
「I LOVE YOU, OK」
「もうひとりの俺」
「鎖を引きちぎれ」
■矢野顕子
「ひとつだけ」
「DAVID」
「春咲小紅」
「ラーメン食べたい」
■山口百恵
「さよならの向う側」
「秋桜」
「いい日旅立ち」
「しなやかに歌って」
「ひと夏の経験」
「夢先案内人」
■山崎まさよし
「One more time, One more chance」
■山下達郎
「FOREVER MINE」
「CHRISTMAS EVE」
「RIDE ON TIME」
「LOVELAND, ISLAND」
「パレード」
「さよなら夏の日」
「ENDLESS GAME」
「GET BACK IN LOVE」
「高気圧ガール」
「あまく危険な香り」
■憂歌団
「胸が痛い」
■有機生命体
「飼主」
■由紀さおり
「手紙」
「夜明けのスキャット」
■ゆず
「夏色」
「栄光の架橋」
「翼をください」
■横山健
「Punk Rock Dream」
■吉田拓郎
「襟裳岬」
「旅の宿」
「夏休み」
「落陽」
「たどり着いたらいつも雨降り」

◆◆◆Z◆◆◆
■ZIGGY
「GLORIA」
■ZONE
「Secret Base」
■ZOO
「Choo Choo TRAIN」
■ZZ Top
「Burger Man」

◆◆◆数字◆◆◆
■10CC
「I'm Not In Love」
■19(ジューク)
「あの紙ヒコーキくもり空わって」
■2PAC
「Changes」
■3B LAB.☆
「星の砂」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。